« D9-7T(4.19)代打逆転 | トップページ | 出場選手登録(4.20)川上抹消 »

2007.04.20

ベースボールスタイル

もうダメだ、というところから
脅威の粘りを発揮して、
全員の力で試合をものにする。

それがドラゴンズのベースボールスタイルです。



ドラゴンズ9-7タイガース

逆襲竜、6点差劇的 虎倒!2勝1敗(大本営トップ)
立浪さんとの写真をパネルに 立浪&英智、爆笑掛け合い(大本営)

中日「執念」6点差逆転!首位譲らない譲れない!(スポニチ)
オレ竜6点差大逆転で首位死守!(日刊)
大逆転にオレ流節「向こうは1敗以上」(日刊)
中日、首位守る!1-7から大逆転劇、立浪が執念の一打!(サンスポ)
竜、堅首 1―7から大逆転…川上降板も「拾いもんの1勝」(報知)

落合監督「(立浪は)あそこしかないでしょう。1点差になったのがこのゲームのあや。」(大本営)
「みんなが最後まであきらめずにいい仕事をした。いい仕事をしないと勝てない。
勝たせてもらったようなものかな。
(阪神ベンチの)温情かなあ…。(ボーグルソンを)あと2つ前(中村紀の打席)で代えられていたらあの4、5点目はなかったかもしれない。まあ、オレでもそうするかもしれないけどな。
毎年、(阪神とは)こういうゲームがあるな。そこから立場が逆転するということがよくあるんだ。大量リードされても引っくり返して勝ちを拾うことができた。向こう(阪神)にしてみれば、1つ落とした以上のものがあるかもしれないな」(日刊)


立浪「ここで打てば十分勝てるチャンスがあると思って食らいついていきました。
(カウント)2-3になったから、どんなボールがきても対応できるように、それと何が何でもボールを振らない、そう思っていた。肩口からのカーブに詰まったけど、押し込んで打てたのがよかったと思う。
間の取り方をいろいろ試しているんだ。
工夫して結果が出るとうれしいね。
きょう負けていたら向こうの(ナゴヤドームに対する)苦手意識がなくなるところだった。勝てたのはすごく大きい。(同じ控えの)英智が打ったのもうれしい。きょうはいい1日でした。」(大本営)
「年間に何度もないゲーム。2勝1敗と1勝2敗ではえらい違う」(日刊)

英智「オープン戦でホームランを打っていたので、気持ちにクッションがありました。阪神の中でもいい投手と言われている投手から打ったということで、ゆとりがありました。まあ、ゆとりを感じている場合じゃないんですけどね…。
監督からは思い切っていけと言われていたのでスクイズはないなと…。スクイズだけは勘弁ですという感じでした。
(立浪)本人を隣にして言えなかったけど、本当にうれしかったです。後からパネルにしてもらいたい。僕が小学校のころ、ナゴヤ球場で1000円しかお金ないのに、1000円のテレホンカードを買ったのが立浪さんなんです。そういう方とお立ち台に立てて、野球やめた時にいい思い出になっていると思います。
打撃のことは本当にわからないですよ。わかっていたら1億円超えています。1億円もらっても苦しんでいる人はいるわけですし、僕は3600万円の選手。これぐらいでいいんじゃないですか? 10打席連続ホームラン打ったら打撃の話をしますよ」(大本営)
「最後まであきらめないのが自分のベースボールスタイルなので食らいついていった。」(日刊)


代打陣の頑張りで逆転勝ち。
英智のところは渡辺かなと思ったり
英智だったらスクイズかなと思ったり
2-0になってもうダメだと思ったり、
スマン英智。

荒木が口火の2点タイムリー(日刊)

荒木「(三盗は)初回に二塁に行った時に、足上げたときにもしかしていけるんじゃないかと思っていた。」(大本営)
「(タイムリーは)チャンスだったので、とにかくランナーをかえしたかった。チームが勝ってくれたのが一番ですね」

荒木は数字以上に攻撃面での貢献は大きい印象。
守備は時々やらかしてますが・・・


復調李がバットで存在感(日刊)

イ・ビョンギュ「(犠飛は)最低限のことです」(日刊)

イビョンギュの勝ち越しのホームインは
彼の(今のところ)今季最大の全力プレー


ノリも大興奮…1点差、7回の先頭打者で左前打(スポニチ)

中村紀「自然にバットが出るようになってきた。監督に教えてもらっている効果が徐々に出てきた。
(エラーは)アウトにするタイミングはあれしかない。失敗ではなく、いいプレーだった」(スポニチ)


7回で追いつくなら中村の出会いがしらかなと思ったんですけど
ヒットで口火


福留「イケイケだったんで、流れに乗ることが出来ました。こそっとですけどね。」(大本営)

福留は4点目のタイムリー


井端「英智が打ったんで勢いで続きました」(大本営)

井端は9点目のタイムリー


清水将「きょうの勝ちはムチャクチャうれしいっす。2年間の分、やりますよ」(大本営)

途中出場の清水は今季は充実していますね


森岡「驚いた?バタバタしたんでよくわからないですね」(大本営)

新井「とにかくベンチで声出して、打席に立ったら気合です」(大本営)

森岡と新井、金剛が1軍登録

川上「力不足…」ボーグルソンに先制タイムリー献上(スポニチ)
エース川上、無念の負傷降板(日刊)
憲伸またまた背信…五回途中5失点(デイリー)

川上「(打たれたのは)ボクの力不足…」(スポニチ)
「ケガのことに関しては、球団の方から話すことを固く禁じられているので話せません。」(大本営)

川上は結果は5回5失点
(2点は小林が返されたものですが)

結局、翌日に登録抹消


グラセスキ「うれしいね。相手はライバル?わかっているけど関係ない。チャンスをもらっているので自分の役割をこなすだけだよ」(大本営)

グラセスキは2併殺で3勝目


岡本「後半もつれるかなと思っていたし、いつでも準備はしている。走者を出しても、落ち着いて投げられてよかったです」(大本営)

岡本も負けじと併殺


守護神岩瀬が大逆転劇締め(日刊)

岩瀬「難しいゲームだったけどね。勝ててよかった。調子は風邪を引く前も後も変わらないですよ」(大本営)

岩瀬はしっかりとクリンナップを抑えてセーブ


朝倉「右打者の外角が少し引っ掛かってしまうので、注意したいです」(大本営)

朝倉が20日の先発



<ファーム:ドラゴンズ5-3サーパス

4.19(ナゴヤドーム)
SU|000|000|300|=3
D:|000|230|00X|=5

投手
SU:●鴨志田(5)-歌藤(1)-吉川(1)-町(1)
D:○久本(5)-中里(1)-バレンタイン(1)-クルス(1)-S石井(1)

本塁打
なし

堂上弟、6試合連続ヒット(大本営)
久本、無失点で2勝目(大本営)
ナゴヤドーム勝利(サーパス3回戦)(公式サイト)

久本(先発5回無失点)「長いイニングを投げるために、球数を少なく、リズムよく投げることをテーマにして、うまく投げることができたと思います。この調子を継続していきたいです。」(大本営)

中里(2番手1回無失点)「自分の思っているような真っすぐは全然投げられていない。投げるのが楽しくなるくらいまで調子を上げていかないと。」(大本営)

クルス(4番手1回無失点)「いつものマウンドとはかなり違って、投げやすかった」(大本営)

堂上直「楽しかったです。
(安打は)詰まっていたけど、思い切って振ることができました。
ホームラン? そういう気持ちはありました。でも、うまくいかないですね。
(一軍で)ここでやるためにも、その日、その日、ベストを尽くしていきたい」(大本営)

井上「出る出ないは僕が決めることではないので何とも言えない。
家族はどう思っているんだろうね?オレも嫁も家では野球の話をしないからわからないけど・・・。
知り合いやファンの人が『頑張れ』と声援を送ってくれるからね。
練習はしっかりやっているし、何かきっかけを掴めば・・・・焦りはないけどシーズンはすぐに終わってしまうもの。何とか4月中にいい形を作りたい」(大本営)

ウエスタンはナゴヤドームでの試合
この日2安打の森岡と2-1の新井はその後一軍昇格
投手陣はバレンタイン以外は安定

久本は本気で一軍の谷間とかやらせるつもりなのか?




|

« D9-7T(4.19)代打逆転 | トップページ | 出場選手登録(4.20)川上抹消 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースボールスタイル:

« D9-7T(4.19)代打逆転 | トップページ | 出場選手登録(4.20)川上抹消 »