« D7-3S(3.30)白星発進 | トップページ | D6-0S(3.31)単独首位 »

2007.03.31

涙は見せない

ヒーローインタビューで立浪が宣言
「日本一になるまで泣きません。なったときに一緒に泣きましょう」

07年の開幕戦は
1点ビハインドの8回裏
中村紀洋、立浪和義のタイムリーなど集中打で再逆転勝利。



ドラゴンズ7-3スワローズ

落合采配が見事的中「しっかり仕事してくれた」(スポニチ)

落合監督「2-0で逃げてくれるもよし、ひっくり返してくれるもよし。いったメンバーがキチッと仕事をしてくれたのはふだんそういう練習をしてきたからだろう。いい投手からはそう点は取れない。お互い。。
この3年間と違って、いろいろなパターンの野球をできる強みがある。スタートでいくやつ、途中からいくやつ。自分の仕事、役割を理解して展開を読んでくれる。後ろで準備してくれるから。あとは監督のお呼びがかかるか、かからないか。このケースだとオレと思う時とき(成功する)確率はいいだろうし、ここは(違う)ってときはよくないだろうし。
いいゲームをやって勝てるのが一番。選手にとってもお客さんにとってもな。今までにないパターンの野球を見せられた。
(打順は)悩んでない。ただ、これがベストか判断はつかない。何ゲームかやってみてこれがベストだって・・・。その時によって変わるかもしれん。手探りの状態。まだどういうもんなのかという部分はある。

筋書きがあれば144勝つ。ないから面白い。みんないい仕事をしてくれた。
(『代打立浪』について)今年はどういうところでも動けるようにしとかないといけない。そういうメンバーが(1軍野手の)16人いる。こういう野球じゃなきゃいかないっていうのはないんだ。」(大本営)


ノリ、逆転呼んだ衝撃同点打 竜、連覇発進(大本営トップ)
中日ノリ「同点打」チームがノッた逆転星呼んだ!(スポニチ)
ノリだ立浪だ!オレ竜劇的開幕星(日刊)
竜・ノリいきなり大暴れ!初安打&初打点&勝ち越しホームイン(サンスポ)
ノリ同点二塁打 強竜全開8回一挙5点逆転(報知)
ノリが新天地でいきなりお立ち台!(デイリー)

中村紀「憲伸が点を取られて、負けさせるわけにはいかない。何とかしたいと思いました。(二塁上では)一瞬、意識がもうろうとしたというか。
ドラゴンズファンの熱い声援をもらってありがたいと思います。泣きそうになりました。泣くなよとファンの声が聞こえてきて我慢できました。
ずっと緊張してたんで、(ホテルに)戻ったらグタッとくると思います。忘れられない1日になりました。」(大本営)

(打席テーマに『暴れん坊将軍』)「一体感を持って、盛り上がってくれればいいと思った。」(スポニチ)

中村紀が右中間へ8回同点タイムリー。
打席テーマは『暴れん坊将軍』
(たぶんオープニングのヤツのパチスロか何かのアレンジバージョン)
このひとバファローズのころは
『天空の城ラピュタ』だったり『ミッション・インポッシブル』だったり
インパクトの強いところを使ってきます


代打・立浪 炎のひと振り(大本営)

立浪「あれだけの緊張感の中で毎年投げている憲伸に、勝ちがついてよかったです。
たくさん歓声をいただいて、異常に力んでしまう。ただ、投手が代わって間があったので、ほどよい緊張になりました。本当は(カウント)0-3から外野の頭を越したかったけど…。捕手が古田さん。変化球を待ったらストレートみたいに、うまいなと感じるところが随所にありました。
ノリもそうだけど(開幕前に)自分もいらんケガをしてしまった。だから試合に出たら、絶対に結果を出したかったんです。」(大本営)
「最高の場面で使ってもらって…。本当に打ててよかった」(日刊)

代打立浪が再逆転となる勝ち越しタイムリー。
今年のファーストスイングで仕留めました。
オープン戦の最後のほう右太もも裏を痛めていたんですね


開幕まで待ち切れない!!締めの一発&盗塁 (大本営)
川上、2年ぶり“開幕星”も笑顔なし!反省しきり(スポニチ)
エース川上、開幕星は「味方に感謝」(日刊)

川上「自分に勝ちがついたことより、チームが勝ったことがよかったです。あのまま負けていたら・・・。しかもホームゲームだったから。
(リグスのホームランは)ボール気味のシュートを要求されたけど、力が入って指にかかりすぎた。
試合を壊しかけてしまって、開幕戦という特別な試合でリードを許して降板したのは残念です。ただ、その後、味方が盛り返してくれたので感謝してます。
(投球内容が)柔らかくいくのか、硬くいくのか中途半端だった」(大本営)
「ある程度、自分の思っていた球種を打てたことは良かった」(スポニチ)

5回目の開幕投手となった川上は
終盤つかまって8回3失点。1点ビハインドの状況で降板


3安打井端“立浪魂”でチームけん引(日刊)

井端「立浪さんの姿を自主トレの時から見てきたので、その勢いで打ちました。
(打順は)聞かされてはいなかったけど、どうってことないですよ。
(通算1000安打は)早く達成したいですね。明日?いえいえ今年中でいいです」(大本営)
「全打席で打つつもりでやっていますから」(日刊)

井端は猛打賞スタート。
通算1000安打まであと2.


新外国人・李が逆転呼ぶ二塁打(日刊)

イ・ビョンギュ「いいところで打てて気分がいいよ」(大本営)

イビョンギュは左中間へツーベースヒット。
そのほかの打席は散々だったようですが・・・

福留が連続首位打者へ好発進(日刊)

福留「どんな形であれ、天が入って、チームも勝って、それが一番よかったんじゃないかな。最初だから力みもあったけど、状態は別に悪くない。
守りにしても、うまく対応できた。でも、まあ、これからでしょ。
今日は打った人が一番ホッとしているんじゃないかな?」(大本営)
「どんな形であれH(ヒット)がついて、点が入ったからよかったです」(日刊)

福留はガイエルの変な守備もありましたが先制タイムリーツーベースなど2安打
守備でもいいプレーがありました


3年目沢井、プロ初打点に興奮(日刊)

沢井「無我夢中で打ちました。いいところで打ててよかった。初打点?別に意識はしていなかったけどうれしいですね」(大本営)
「(打った)ボールはわからないけれど、夢中で打った。結果が出てうれしい」(日刊)

代打で登場の沢井はプロ初打点。


普久原、代走でプロ初出場(日刊)

普久原「ボクの場合は、出場する場合には守備固めか代走だと思っているので、立浪さんのヒットが出た時点で準備はできていました。これからも頑張っていきたい」(日刊)

そして普久原は立浪の代走でプロ初出場


Sラミレス「チームの雰囲気がすごくいいね。このチームに来て本当にうれしいよ。」(大本営)

セーブシチュエーションではなくなったので
9回はSラミレスが登板


始球式に池田久美子 勝利の女神 ナゴヤドームを魅了(大本営)
走り幅跳びの池田久美子が始球式(日刊)

池田久美子「こんなにドキドキしたのは小5で初めて陸上の試合に出た時以来。誰も手拍子してくれなかったらどうしよう、と思っていたけど、皆さんやってくれてうれしかった。
もうちょっと右へ投げたかったけど…。マウンドで投げるのは初めてで、傾斜にびっくり。
でも、やっぱりストライクを投げたかったですね。世界選手権(8月開幕、大阪)でメダルを取ったら、もう1回、投げさせてくれないかな。 (川上を見て)体の使い方とか、なるほど、と思いました。」(大本営)



<ファーム:ドラゴンズ3-5カープ

3.30(ナゴヤ)
C:|000|002|100|2 =5
D:|000|100|200|0 =3
(延長10回)

投手
C:斉藤(5)-広池(1・2)-田中(1・1)-○マルテ(1)-S森(1)
D:浅尾(5)-鈴木(2)-中里(1)-●バレンタイン(2)

本塁打
C:甲斐(7回)
D:柳田(4回)

ファーム情報(公式サイト)
浅尾スタミナOK 自己最長5イニング無失点(大本営)

浅尾(先発5回無失点)「0点に抑えたが、上体に力が入り突っ込みが激しかったです。あまり、良く無かったです」(公式サイト)
「まだまだ余力がありました。スタミナがないと言われるのが悔しいので…。変化球を使って、どれだけストレートを速く見せるかを考えて投げました。最後まで腕も振れていたし、スタミナは確実についていると思います。
大学時代は先発で、完投もよくやっていたんです。体力はついてきた感じがします。」(大本営)

中里(3番手1回無失点)「まずまずの出来です。抜ける球が少なくなっているので良かったです」(公式サイト)

柳田(4回先制ソロHR)「打った球は変化球です。チェンジアップかスライダー分かりません。手ごたえはありました。次のショートゴロが惜しんですよ」(公式サイト)

堂上直(代打から出場2安打)「地元初戦だったので結果が出てよかったです。くらいついていけたので。」(大本営)

ウエスタン地元開幕戦は
ルーキー浅尾が5回無失点も
2番手鈴木、4番手バレンタインが打ち込まれて延長で敗戦
鈴木はちょっと心配かなぁ。
浅尾は先発で長いイニングを投げるたびに『スタミナ云々』の記事になりそう(苦笑)
こういうコメントみたいな負けん気は好き

堂上直も絶対的にスタメンで使うってワケでもないんですね
それでも代打からでマルチやるとはすごいけど




|

« D7-3S(3.30)白星発進 | トップページ | D6-0S(3.31)単独首位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙は見せない:

» 世界陸上 世界新記録への道 [世界陸上 世界新記録への道]
ここは「真の陸上世界一」を目指す世界のトップアスリートたちへの応援ブログ日本人選手(室伏広治、為末大、末續慎吾、池田久美子、澤野大地、福士加代子、室伏由佳 etc)頑張って [続きを読む]

受信: 2007.04.16 16:33

« D7-3S(3.30)白星発進 | トップページ | D6-0S(3.31)単独首位 »