« OP戦:F6-2D(3.18) | トップページ | 3月20日の記事 »

2007.03.19

凍てつく打線

暑さ寒さも彼岸まで
彼岸前の北海道は当然寒い?

ドラゴンズ打線が凍りついています



ファイターズ6-2ドラゴンズ

打線は連日の音なし!8回2死までパーフェクト(スポニチ)
オレ竜「開幕メンバー」で3安打…(日刊)
貧打中日、8回2死まで走者なし(報知)

高代コーチ「悪いことは悪い。いいピッチャーに当たっていることもあるけど寂しいね」(スポニチ)

福留「打撃?いろいろ考えながらやっているからね。別に気にしてないよ。時間が解決?そう。そのために試合があるんだから」(大本営)
「全然気にしていない。自分でやりたいことを試しながらやっているから」(日刊)

ウッズ「打線のリズムは悪いけど、みんなが不調だとは思わない。大丈夫だよ」(大本営)

中村紀「タイミングは取れている。あとは微調整だけだね」(日刊)

8回二死から田中幸雄がエラーするまでパーフェクトに抑えられた打線。
別に今はいいけど
シーズン入って微調整とか言い出さないでくださいな(実際微調整していても)


07年オレ流オーダー9回に理想の攻撃(大本営)
新外国人・李が初の二塁打(日刊)

イ・ビョンギュ「自分のタイミングで打つことができたよ。監督のアドバイスが効いたね。
教わった内容は教えられない」(大本営)

荒木「9番? 何も言われていないけど、自分の中では可能性はあると思っています。準備はしていますよ」(大本営)

昨日も書いたけどこの打順はイ・ビョンギュ次第。
個人的には
イビョンギュがいい状態で
8番に指名打者(なりファーストの渡辺)が入る交流戦なら
「あり」なのかなぁってところ
(「いま」はその状況を満たしているとは思わない、まあ「いま」はテスト期間ですけどね)


代打沢井、無安打無得点止めた(日刊)

沢井「(チームの無安打は)意識してなかった。僕は自分の打撃をするだけ。まだまだアピールしていかなくちゃいけないですからね」(大本営)

荒木が9番にはいってくれると
このひとあたりは『チャンス拡大』ではある。


朝倉、札幌の悪夢再び・・・登板はあと1回 (大本営)
中日・朝倉無残「お前もか」先発遠のく4回5失点(スポニチ)
朝倉背信の4回5失点(日刊)

朝倉「追い込むことはできても、球が真ん中に入れば打たれます。シュートが甘かったです」(大本営)

朝倉は立ち上がり炎上。


グラセスキまた自責ゼロ(日刊)


グラセスキ「前回ほどよくなかったけど、毎回そんなハッピーなわけはない。しっかり結果を出していけばいい。」(大本営)
「結果が出たのでよかった」(日刊)

グラセスキは清水のパスボールで失点
その前のイ・ビョンギュの守備(セギノールの『中越三塁打』)もいろいろあったようですが・・・(見ていない)


つなぐ中里、締める岩瀬 07年版勝利の方程式 (大本営)
守護神・岩瀬「手応え0封」落合監督笑顔見せる(スポニチ)
久々登板も岩瀬きっちり(日刊)
中日・岩瀬「現状通りの結果」…4日以来の登板で被安打2(サンスポ)
岩瀬が2週間ぶり登板(報知)

岩瀬「もう1回原点に戻って、というところです。投げられるかどうかという。
いい意味でプレッシャーを感じて投げられたので、良かった。
(OP戦あと2試合の登板予定)そこでシーズンのメドが立つようにやっていきたい」(大本営)
「投げてみて現状通りの結果が出た。きょうが初戦みたいなもの。2週間で(調子が)上がるメドはある」(スポニチ)

落合監督「きょうの収穫は岩瀬が投げられたことだけ、以上。」(大本営)

岩瀬がOP戦2回目の登板
体調面で不安があったようです(詳細不明)。

中里「だいぶ真っすぐも指にかかってきた。
つなぐとかは考えてないですよ。とりあえずは自分のピッチングを上げていかないといけないので。」(大本営)

中継ぎ中里、グラセスキとともに『結果を出している』ということになりますね



ドラゴンズ4-0三菱自動車岡崎

田中「(ホームランは)まぐれです。風が強かったんで入ったと思います。
ファームに来て1打席目に打てたのはよかったですね。いい感触でした。いつもだったらゴロになっていたと思う。軸足で踏ん張ってうまく回転できたと思います。
(リードは)粘って粘って0点に抑えることが大事ですから。また1軍に呼んでもらえるように、今は自分のやるべきことをしっかりやりたいと思います」(大本営)

この日から再びファームとなった田中がホームラン

石川「感じはよかったです。しっかりと腕を振ることができました。」(大本営)

高橋コーチ「ここのところよくなってきた。ボールもしっかりと指にかかっていた。」(大本営)

6投手で完封リレー。

そのほかの話題

星野構想 球児&岩瀬“Wクローザー”(デイリー)

岩瀬「まだ先のことですけど、そうなれるように、構想から漏れないようにがんばります。」(大本営)

まあそんなんだろう。
常識の範囲内


中日・立浪和義と破局していた梅宮アンナ(ゲンダイネット)

まあそんなんだろう。
常識の範囲内




|

« OP戦:F6-2D(3.18) | トップページ | 3月20日の記事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凍てつく打線:

» 強さグラグラ? [+リポメモ+]
むむむ、名古屋では遂に1面メインがグランパスに。 これまで滅多なことではなかっただけに、 こりゃ、グラが凄いのかドラが情けないのか。 だから、ドアラは瑞穂で遊んでる場合じゃねぇ~ぞ。 去年、グラがさいたまで浦和とやってるときに一家はドームに行ってましたが…。 ..... [続きを読む]

受信: 2007.03.20 22:03

» 梅宮アンナ☆中日・立浪和義と不倫交際終了 [アイドル・女性芸能人ニュース情報局]
ドラマ「特命係長 只野仁」(16日放送)にゲスト出演し、高橋克典と大胆なベッドシーンまで披露した [続きを読む]

受信: 2007.03.23 00:38

» 二戦連続本塁打で2000本安打まで残り8本に [田中幸雄名球会への道]
★28日楽天ゴールデンイーグルス戦、ツーアウト満塁の 絶好の機会に代打で登場し、楽 [続きを読む]

受信: 2007.05.04 09:32

« OP戦:F6-2D(3.18) | トップページ | 3月20日の記事 »