« OP戦:D1-1G(3.13) | トップページ | OP戦D-T(3.14) »

2007.03.14

ルーキバッテリーデビュー

田中大輔、浅尾拓也のルーキーバッテリーが
オープン戦初登場。

田中はフル出場して1失点のリードと1安打(走塁ミスのおまけ付)
浅尾は無失点デビューでした



ドラゴンズ1-1ジャイアンツ

田中、初マスク強気リード ベース踏み忘れる初ミスも(大本営)
中日・田中1軍デビュー、打って走ってちょんぼも(スポニチ)
希望枠田中、初安打も…(日刊)
佐藤亮 先発ローテ見えた 5イニング3安打無失点(デイリー)

田中「大チョンボしてしまいました! これじゃ初ヒットが台無しです…。
リードは落ち着いてできました。
強気に引っ張ることが僕のやるべきことだと思った。
明日からも、こっち(1軍)でやらせてもらえるみたいです。」(大本営)

「チャンスなんで頑張りたい」(スポニチ)
「踏んだのに踏まずに帰った。台無しです。ヒットが台無しです」(日刊)

長峰(田中について)「インコースを強気に攻めてきたし、良かった」(スポニチ)

田村コーチ(田中について)「1失点は評価できる。盗塁の場面もタイミングはアウトだった」(スポニチ)
「初めて出場して結果的に1失点。予想以上の出来といえるかな」(日刊)



捕手の3番手で使ってみようという気にはさせたのかな?
捕手を3人使う場合
2番手が小田と清水将の二択で
3番手を若手のために使うって感じだと思いますね
(よほど谷繁のコンディションが悪ければ別でしょうが)

浅尾、度胸満点デビュー(大本営)
ルーキー浅尾、度胸満点デビュー(日刊)

浅尾(試合前)「僕に出番なんてあるんですかね。菊地は山本(昌)さんみたいになるかも。自分はダメですよ」(日刊)
「緊張しました。
(サインに首を振ったのは)フォークを投げたかったので。真っすぐだったら打たれると思ったんです。
自分の投球はできなかった。変化球が抜けていた。
真っすぐがいかないときにどう投げるか、それはいい練習になったので良かったです。」(大本営)
「緊張した。真っすぐが走ってなかったので、フォークで抑えた」(サンスポ)

浅尾は真っ直ぐ主体に1回1/3を無失点。
真っ直ぐ出の空振りはひとつ。
もう少しコンディションがいいときに見たいですねぇ。

先発長峰が6回途中1失点でアピール(日刊)
中日・長峰が「負けてられない」先発デモ!新球シュート冴えた(サンスポ)

長峰「満足はしていないけど、いい方かと。ただ、もうちょっとコントロールをつけないと。それに6回は走者が出てからクイックで(盗塁を)防げた。課題が残りました。
あのとき(3回一死二三塁)は落ち着いて投げようと。それがいい方にいきました。
小笠原さんとか怖かったけど、逃げずに投げました。前日の佐藤亮?負けていられないんで、自分もしっかり抑えようと思っていました」(大本営)
「長いイニングを投げられて良かった。キャンプで覚えたシュートが良かった」(サンスポ)

長峰は6回途中まで1失点。
佐藤亮も長峰も(ついでに小笠原も)中継ぎで
どうこうってタイプでもないだけに難しいところですねぇ。
久本や高橋よりマシって判断をするかもしれませんが

クルス、ホロ苦オープン戦初登板(日刊)

クルス「きょうは最悪。寒さの影響?言い訳はしたくない。原因?これから考えるよ」(大本営)
「必死だったが、ストライクが入らなかった」(日刊)

クルスは無失点でしたが制球がままなりませんでした。

小林「牽制はうまくいきました。
この前は突然だったので落ち着かなかったけど、きょうは最初から投げる予定だった。落ち着いてうまく投げられた」(大本営)

小林は落ち着いたマウンド。


中村公、1軍生き残りへ3安打アピール(日刊)

中村公「必死にやっています。甘いボールをしっかり振ってます。とにかく必死にやらなきゃいけないですからね。
振り続けている成果が出ていると思います。必死にやるだけです。」(大本営)

中村公が3安打。
実は争う相手は井上あたりか?

ノリ、途中交代も情報収集…開幕へ向け余念なし(スポニチ)
ノリ、巨人戦デビューも2打数無安打(日刊)

中村紀「結構ボールを見ることができたんでよかったですね」(大本営)
「まだ腕がちょっと腫(は)れているんでね。」(スポニチ)

中村紀はこのひも2打席で引っ込みました。
この日は谷繁、井端、イ・ビョンギュが欠場。

立浪が元同僚と初対決!巨人・野口から安打(大本営)

立浪「やっぱり打ちたいからね。結果が出てきたら調子もよくなってくるし。
(相手が敬遠するなど『勝負』にこだわった)こういうときは勝ちたかった」(大本営)

立浪は野口からヒット
9回は一死二塁で敬遠

西川「1本出てよかった。とにかく食らいついてやっていくしかないですね。
とにかくあとの試合、頑張ってやるしかないです」(大本営)

西川はこの日もヒット



カープ4-1ドラゴンズ

3.13(由宇)
D:|000|000|010 =1
C:|100|111|00X =4

投手
D:佐藤充(5)-久本(1)-鈴木(1)-高橋聡(1)

C:前田(3)-斎藤(2)-大島(4)

ファーム情報(カープ公式サイト)

鈴木「腕もしっかり振れてきたし、テンポよく投げられたと思います。
毎年、春先は不調なんです。けど、開幕すると調子が上がっていくんですよ。だから今年もあまり心配してないんです。
好調を持続して、1軍昇格をアピールしていきたいですね。」(大本営)

教育リーグは由宇でカープ戦
1軍経験もある連中が登板
佐藤は牽制悪送球の失点などもあり5回3失点。
久本は3連打のあとの犠飛で失点
鈴木と高橋聡は無安打投球。



そのほかの話題

伊藤球団代表「今回の事件を受けて、特に、少しでも(不正の)可能性がある隙間を防ぐべきだと思います。このままではファンに『球界は自浄能力があるのか』と見られる。できるだけ早く(撤廃)というメッセージを発信することが大切です。
(海外へ)出て行く人がいるのは仕方がない。日本でやりたいという選手の中からスターを育てるのが球団の仕事」(大本営)

「海外流出は仕方がない」というのは福留へのあてつけ、ではないと思う(苦笑)

まあ、希望枠なくしたって「囲い込み」はなくならないかなとは思ってますけどね。
「プロ志望届け」を出した高校生が指名を受けて拒否したら
以後7年とか入団不可とかしないと無理なんじゃないのかなあ。

(関連)
ドラフト希望枠は撤廃へ 西武裏金で代表者会議(共同通信・スポーツナビ)
ドラフトは白紙、再検討 NPB側が選手会に説明(共同通信・スポーツナビ)
独自のドラフト改革案を公表 巨人(共同通信・スポーツナビ)
「3団体でスクラムを」 希望枠廃止でアマ側結束へ(共同通信・スポーツナビ)
日韓野球の延期など確認 NPBと選手会(共同通信・スポーツナビ)




|

« OP戦:D1-1G(3.13) | トップページ | OP戦D-T(3.14) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーキバッテリーデビュー:

» 浅尾、田中1軍デビュー、寒風浜松・巨人とドロー。 [ドラゴンズスタジアム]
寒風吹き抜ける浜松での巨人戦。 6回途中から2番手で、浅尾拓也が1軍初登板。 快速球を披露し、1回1/3を無失点。 堂々のデビューを飾りました。 その投球を受けたのは、 同じく1軍初出場の希望枠・田中大輔。 リード面は高評価を得たものの、 走塁ではまさかの珍プレーもしでかしたようです。... [続きを読む]

受信: 2007.03.14 16:55

» 走れ走れ 84年組 [+リポメモ+]
ルーキーバッテリーが満点デビュー。 浅尾に田中、そして西川。 長峰も森岡も吉見も。 こういった世代が1軍に割って入ってくるとおもしろい。 将来が楽しみ、楽しみです。 ○田中、初マスク強気リード ベース踏み忘れる初ミスも ○田中1軍デビュー、打って走ってちょんぼも ..... [続きを読む]

受信: 2007.03.14 22:47

« OP戦:D1-1G(3.13) | トップページ | OP戦D-T(3.14) »