« 煌く片鱗 | トップページ | もはや仙後ではない »

2007.02.18

セットアッパー争いは続く

韓国サムソンライオンズとの練習試合。
中里、高橋、三沢、斉藤ら今季中継ぎとして期待される面々が登板

そしてタイロン・ウッズとサンティアゴ・ラミレスが来日



北谷の話題
(メニュー投手、野手)

ドラゴンズ2-4三星ライオンズ>

L|010|003|000|=4
D|201|000|000|=2

練習試合ログ(『中日ドラゴンズ 北谷キャンプ2007』さん)

佐藤亮()
イニング2、被安3、奪三1、与四1、失点1

佐藤亮「コースで勝負しようとしたのですが、自分で自分の首を絞めていました。スライダーで三振もとれたけど、課題のほうが多いですね。
(シンカーは)ストライクからボールにしないといけない」(大本営)

先発ローテ入りを目指す佐藤亮は1失点
吉見もそうなんだけどちょっと「頭でっかち系」のコメントが多いかな

斉藤
イニング2、被安1、奪三1、与四0、失点0

コメントも何もなしながなら何げに抑えている斉藤。
オープン戦でも上で投げさせてもらえるか

高橋()
イニング2、被安5、奪三1、与四2、失点3

高橋「2イニング目は打たれたけど、いいカーブも投げられたし、投球の感じはよかった」(大本営)

高橋は2イニング目に3失点も前向き(無反省とか書けば印象も変わるが)。
大本営解説・河村保彦は「力みがなく、腕がよく振れている」と評価。

三沢()
イニング1、被安1、奪三0、与四0、失点0

三沢「ブルペンとは違って課題が見えてくる。もっと細かいコントロールが必要ですね。
(この日マックス134キロだった球速も)もっと上げていきたい」(大本営)

三沢はドラゴンズデビューを1安打無失点に。

中里()
イニング2、被安1、奪三3、与四1、失点0

中日・中里“猛烈デモ3K”中継ぎエースへ期待大(スポニチ)
中里、セットアッパーの座へまた前進(日刊)

中里「(カットボールは)空振りも取れたし、ファウルもあった。使えそう」(大本営)
「真っ直ぐで狙い通りに空振りを取れたし、ファウルにさせることもできました。上に1年間いるつもりですから、これで満足はできません」(スポニチ)
「ボールが指にかかっているし、自信を持って投げられた。三振も狙っていた」(日刊)

サムスン・ソン・ドンヨル監督「バランスよく投げているのでボールが伸びますね。いいボールを持っている。これから順調に行けば、1軍で活躍すると思います」(大本営)

T古里スコアラー「やはりあのストレートは魅力がある。あとは細かいコントロールがついてくれば怖い。今後も引き続いて見て行きたい」(日刊)

中里はまあ細かいコントロールよりも真っ直ぐごり押しで
疲れていないうちは大丈夫なわけですが・・・

『空振りも取れたしファウルもあった球種』は
大本営が新球のカット
日刊、スポニチが得意の速球という解釈
大本営解説・河村保彦は「バランスのばらつきが気になった」と評価。

しかしソンさん
丸さに磨きがかかって(笑)グラサンかけると・・・
監督というより・・・『将軍様』?()


堂上直(4-1)

堂上弟 直球待ってました 4番で二塁打 (大本営)
堂上直、プロ初の長打…守備でも積極プレー光る(スポニチ)
堂上直がプロ初長打(日刊)

堂上直「最後まで粘って結果が出ました。打ったのは真っすぐです。1打席目は真っすぐ狙いでしたから。
打つまでに、相手投手の特徴をつかんでおこうとしていました。
(守備は)いいふうにさばけたのもありますが、納得できないのもありました。実戦守備は初めてで、積極的に、エラーしてもいいくらいの気持ちで守りました。
1戦1戦集中して、その気持ちを持続させながらやりたいです。大きな拍手にこたえられるように頑張りたい」(大本営)
「ヒットですか?あれは真っ直ぐ狙いのところに甘い球がきたんです。打つばかりでなく、守りでも積極プレーを心がけています」(スポニチ)

堂上直はこの日はスタメン
初回元タイガースのブラウンから
左中間へツーベース()
サードの守備にもついて6回の守備機会をこなしました。

西川(2-1)

西川「昨日(16日)の練習試合が4タコだったので1本出てホッとしました。
(9回の)あの打席はいただけなかった」(大本営)

西川は途中出場で『プロ初安打』()。
9回は無死一二塁で左邪飛()


川上、1週間ぶりにブルペンで40球投げ込む(スポニチ)
川上が7日ぶりブルペン入り(日刊)
川上が1週間ぶりの投球 中日 (共同通信・スポーツナビ)

川上「(審判のコールを拒否したのは)審判の方がいるとそこに投げなきゃいけないと思って力が入ってしまうんで、今日は勘弁してください、と。
別に普通ですよ。ピッチングは毎日やってもいいぐらいですけどね。ちょっと休んでいたんで、今日は投げてみたいなと思って投げました。
(力は)5割くらいでしょう。
(腰は)ちょっと重たい感じはあります」(大本営)
「ちょっと投げてみたくなったので…。もちろん、感触は悪くなかったですよ。」(スポニチ)

川上はブルペン入り。
18日も続けてブルペンに入っているようです。


石井「危ないから(プロテクタを)つけておかないと。僕は体が細いでしょ」(大本営)

石井は久本、鈴木とモリシゲノック。
ふつうはかレガースのみ着用(太った人の例ではありません)ですが
石井は胴体のプロテクタも着用


谷繁が星野ジャパンをアシスト(日刊)

谷繁「僕が知っていることを話した。」(日刊)

福留「僕が話せることであれば何でも協力します。」(日刊)

日本代表三宅スコアラー「やはり捕手の意見は貴重。国際大会では失点が命取りだから。詳しくは言えないけど大変参考になりました。」(日刊)

記事には直接関係ないですが
福田功も代表に引っこ抜かれたんですね。
古葉竹識もアマ球界へ行ったし
東海ラジオの今季の解説者は
シブイ系がちょっと弱いかな(苦笑)


福留に連日のオレ流打撃始動(日刊)

福留「何もありません」(日刊)

読谷から北谷室内に移動してのオレ流打撃指導(荒木も打ち込み)


読谷の話題
公式サイト情報、メニュー投手・前日内容を残せなかった石川、金剛、樋口がこの日から読谷、野手・堂上剛はリハビリメニュー(太もも痛))

伊藤球団代表が異例の“テスト生”ノリを視察する(スポニチ)
ノリ打撃に伊藤球団代表が感心(日刊)
中村ノリにゾッコン!中日・伊藤球団代表「頼もしい」(サンスポ)
伊藤球団代表 ノリ“合格内定”示唆(デイリー)
ノリ実技テスト合格?(名タイ)

前Bs中村紀「土台を作る上でいい練習ができています。沖縄は暑いのですぐ体ができます。」(サンスポ)
「自分の思うようなトレーニングができている。(合否決定の)23日までには何度かフルスイングしたい。これからが勝負。」(スポニチ)
「引っ張ってばかりだとダメなんでセンター方向を意識した」(報知)

落合監督「中村? 何で(中村が)気になるんだ。何をそんなに知りたがるんだ?」(日刊)

伊藤球団代表「まだ会っていなかったので、自己紹介に来ました。バッティングだけ見ましたが、うまいなあ。頼もしい。」(サンスポ)
「あれだけの選手だからボクがどうのこうのも変でしょう。監督にも報告行っているだろうし」(スポニチ)

中村紀の記事もまあよくここまであるな。



イ・ビョンギュ「タイミングが合うときはライナーが多い。(マシンではなく)投手の球を打っているので、調子は自然とよくなっている」(大本営)

シートで佐藤充からの2安打を含む6打数4安打。


山本昌「いいんだか、悪いんだか・・・。昨日の内容があまりよくなかったから、何とかしようとしてたら球数がいった。
まあ、まだ早いからいいか。打者が立てば(実戦になれば)変わってくるかもね」(大本営)

ブルペンで100球。


佐藤充「前回より悪い感じがしました」(公式サイト)

シート打撃登板。



そのほかのドラゴンズの話題

ウッズ OKデス お待たせ来日(大本営トップ)
ウッズ、ようやく来日(日刊)

ウッズ「やせた? 体重は量っていないし、少し増えてるぐらいだと思うけど、オフの間のウエートトレーニングしたおかげかな。かなりハードにやったよ。今年は『セクシーになろう』と思ってね、ハハハ。
(病気の母親に)少しでも一緒にいたかったから、球団に遅らせてもらったんだ。医者はだいぶ良くなったと言ってくれた。
いつものように自分の成績を考えず、チームの日本一に貢献するよ。
特打もしたい。
(来日が)遅れた分、去年より早めにオープン戦に出ようと思っている」(大本営)

Sラミレスセールスポイントは速球。93マイルから94マイル。いいときは95マイル出るよ。
(飛行機が雪で欠航し足止め)すごく疲れた。ついてないよ」(大本営)


ウッズと新外国人サンティアゴ・ラミレスが予定より遅れて来日。
ともに18日に沖縄入り。


語る立浪 魅せる朝倉 月刊ドラゴンズ 3月22日発売 (大本営)

月刊ドラゴンズの宣伝を大本営のサイト上でドラゴンズの記事を削ってまでするようになりましたね。

ちなみに『3月号が2月22日に発売する』のであって『次回発売日が3月22日』なワケではない
まあ月ドラなんて名古屋で生活するようになって
ここ10年以上購入していないのですけど(苦笑)
リニューアルの企画のうち(表紙ではなく)内容の目玉だったはずの
落合監督インタビューにおける『インタビュー後記』(2月号掲載)の卑怯さ加減に
個人的にはウンザリしているので
立ち読みするのもなんだかなあって感じです。
(インタビューの内容は『こんなものかな』って程度)




|

« 煌く片鱗 | トップページ | もはや仙後ではない »

コメント

今日は朝に昌らが北谷入りするところを見かけましたが、
今日はノースローということで読谷に行って、主力の守備練習を見てきました。
午後は北谷で宣さん率いるサムソンライオンズとの2戦目を見ました。
クルス、使いたいですな・・・もっと実戦を見たいですが。
サブグラウンドで行われた荒木・井端・森野への雨中の体力系落合ノックを見てきました。
3人まとめてでもすごかった・・・途中からゲーム形式で27アウト取るまでやりましたが、
まあ落合監督の打球のいやらしいこといやらしいこと・・・面白かったです。

練習試合のスコア・ログ他いろいろ上げてありますのでリンクから。
写真はこれからやりますね。

投稿: 北谷キャンプ現地レポ | 2007.02.18 18:59

>>北谷キャンプ現地レポさん

秋のキャンプではじめて
落合ノックを最初から最後まで見ましたが
アレ、半分といわないまでも
3割くらいは監督の息抜きが入っていますね(笑)

監督楽しそうだし。

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.02.19 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セットアッパー争いは続く:

» タイロン・ウッズようやく来日と練習試合第2戦。 [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプは、第3クールの3日目。 昨季の二冠王・ウッズがようやく来日。 元気に来日した主砲は、遅れを取り戻すべく、 早期オープン戦出場に意欲を見せました。 また練習試合は、韓国・サムスン戦。 昨季の韓国王者との対戦は、2-4で敗戦も。 4番・三塁でスタメン出場の堂上直倫が プロ初の長打を放ち、実戦守備もこなしました。... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 20:26

» 川上憲伸が1週間ぶりに投球練習、腰にまだ違和感がある! [DRAGONS VICTORY]
2007年2月17日のニュースとして、体調不良で登板を回避していた川上憲伸投手が1週間ぶりに本格的なピッチング練習を行った。中日の伊藤一正球団代表が、入団テストを受けている前オリックス中村紀洋内野手の練習を視察したなどです。 ※画像=キャッチボールをす..... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 20:33

» I'm S・ラミレス、Youハ ナニ ラミレス? [+リポメモ+]
うーむ、またやってしまった。 そして同じ日、中部国際空港にはT・ウッズの姿が。 そういえば今のドラゴンズは背中ネームを「K・NAKAMURA」とかやりませんね。 ○ウッズ OKデス お待たせ来日 ○ウッズ、ようやく来日 ウッズ 「やせた? 体重は量っていないし、少し増えて..... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 23:36

« 煌く片鱗 | トップページ | もはや仙後ではない »