« セットアッパー争いは続く | トップページ | 通過儀礼はオレ流ノック »

2007.02.19

もはや仙後ではない

日本代表の星野仙一監督が北谷訪問。

この時期の視察にマスコミへの露出以外の意味があるのだろうかとか、
キャンプ視察しなかったカープとマリーンズで日本シリーズになったら
この人の『シリーズ運』って相当なものだな、とか
『日本代表監督落合博満』を一番見てみたいとかいろいろあるわけですが

大本営一面で
正面向きの『写真用』のポーズまである(デイリーに掲載)のに
わざわざ落合監督が星野監督に頭を下げている(あいさつですが)写真を
掲載する必要なんてあるんだろうかねぇ、なんて思ってしまいます。

まあ『大本営』という呼び方、それ自体がその姿勢を揶揄したものなのですが

かくいう自分も『仙時中』に本格的にドラゴンズファンになったわけですし
彼の功績を全否定する気なんてサラサラないですけど・・・

最近ちょっと疲れているのかもしれませんな>自分



北谷の話題
(メニュー投手・三沢は本格合流?、野手)

星野ジャパン 竜投総取り 「抜群だ」満面の笑み (大本営トップ)
マサ、代表入り大マジ!!「15勝しますから」“おねだり作戦” (大本営)
星野監督が北谷Cへ…川上・岩瀬を熱心に視察(スポニチ)
山本昌、ジャパン入りを直訴「今年15勝したら-」(スポニチ)
星野監督が視察、竜投手陣を絶賛(日刊)
山本昌、星野ジャパンに異例売り込み(日刊)
星野監督、竜・川上&岩瀬らを視察「ここのブルペンはモノが違う」(サンスポ)
星野代表監督 竜投軍団を絶賛(デイリー)
「モノが違う」と星野監督 (共同通信・スポーツナビ)
中日の落合監督が強力な後押し(時事通信)
星野監督:中日最後にキャンプ行脚終了「疲れたが楽しい」(毎日新聞)

日本代表・星野監督「(中日は)ちょっとものが違う。抜群だ。
代表監督として印象に残った選手? もちろんいるでしょうよ。中日とソフトバンク勢が多くなりそう? みんなが想像する通りじゃないかな、今のイメージでは。故障なくシーズンを過ごせば(アジア予選や北京五輪に)選ばれるんじゃないか。
(川上は)どっかが痛いだのかゆいだの言っていたようだけど、いいバランスで投げとるよ。(完調まで)あと一歩のところにいるんじゃないか。
マサがアピールしてきたねえ。ぜひ左の先発で1枚加えてくださいと言ってきた。15勝しますから、15勝したら選んでくださいと言ってきたよ。
冗談抜きで可能性のある選手だよ」(大本営)

星野監督がドラフトで引っ張ってきた選手は多いけど
星野監督が一人前にした投手って
せいぜい山本昌と岩瀬くらいしか思い出せないんですけどね
(野手まで手を広げても立浪と井上、ギリギリ井端が加わるくらい)

川上は山田監督になるまではルーキーイヤーだけの印象だった
まあ星野監督がいなけりゃ
川上獲得も難しかったのは事実だろうから
別に愛弟子でもいいですけど

北谷のキャンプ場も年々改良が加えられているし
いまさらOB面されてもねぇ・・・みたいな感情のほうが強いです

代表監督としての能力はまったくわからんです(笑)
「(在野には)彼しかいない」というのはわかるような気はしますが

日本代表・大野コーチ「イキがいいのがたくさんいるね。朝倉、中里、中田。代表候補?そうだよ。今すぐというわけじゃなくて今年の成長次第だけど、力は持っている」(大本営)

リップサービス

落合監督「(会談の)内容はいいじゃあない。メンバーが決まってるわけじゃないし。
(落合監督の分析力に感心してたようだが)分析が仕事だもん。韓国や台湾を見る機会?見る機会は一杯あるよ。投手と野手では見方が違う。投手から見た打者、打者から見た投手ね。それによって(打者や投手が)合う合わないがある。それぞれの国の野球があるから。
日本でスゴイのがいてもアメリカで通用しないケースもあれば、日本でたいしたことない選手でもアメリカで通用することがある。まあその辺は大野(投手コーチ)に経験があるから大丈夫だと思うけど。こっちは欲しいといわれれば何人でも出すだけ。
(星野監督は中日は戦力が豊富と言っていたが)そう思うよ。8月の(プレ五輪の)こともあるしね。
(プレ五輪は2軍の選手を派遣)
向こうがどいう選手を求めるかだけど、出すのは2軍じゃない。そんなんじゃ、試合にならない。候補は何人かだしたよ。彼らのために(報道陣に)名前はいえないけど。投手が欲しいのか野手が欲しいのか。
勘違いするなよ。オーナー会議で全面バックアップと決まったんだ。だから(代表入りが)5人でも6人でもかまわない。」(大本営)

最後はツンデレ締めの監督
プレ五輪に本番で使いもしない選手を連れて行くより
ベンチウォーマーでもいいから
代表に入りそうなのを連れて行くべきとは思いますよね

サッカーにたとえると
(MLB連中はハナから出ないとわかっているわけだから)
本番は海外組(野球だとNPBの1軍オールスター)を含むA代表が出るのに
コンフェデレーションカップに
星野監督はU-23(NPB2軍)代表
落合監督はA代表『国内組』(NPB1.5軍)をつれていけみたいな

山本昌「15勝? 自分を奮い立たせるため。発奮材料になるでしょ。古田(ヤクルト監督)とコンビっていいよねえ。86歳コンビ。(来年は)厄も明けるし、86歳コンビの日本代表選手ってギネスブックに載るでしょう」(大本営)

岩瀬「特に緊張しませんでした。星野監督にあいさつしたときは『大丈夫か』といわれました。日本代表?シーズンが終わってからの話ですね。しっかりとシーズンを送らないと。ケガをしたら元も子もないですから」(大本営)

現実的な(?)代表組の反応

中里「実は高校時代は大学にいって五輪に行くのが夢だったんです。きょうは力が入りました。名前を出してもらえたのは光栄。本当に選ばれるとは思わないけど、また名前が挙がるようにがんばります」(大本営)

朝倉「これまで考えたこともないけど、今年結果を出して代表のユニフォームが着られたらいうことないですね」(大本営)

中田「今年、いい成績を残してからです」(大本営)

リップサービス組の反応。
大本営一に高橋の写真もありましたけど
左の速球派は確かにいませんね。

でも『野村監督』なら絶対に鈴木(変則)を引っ張っていくと思う
同じ理由で山本昌も星野監督より『確定』に近いような(苦笑)

昌もそうですけど中里みたいに『代表入り』をモチベーションにできるなら
それはそれでありなのかな。

堂上直「(星野氏は)父からいろいろ聞いていますが偉大な人だと思います。
プレ五輪ですか?可能性ないです」(大本営)

大本営が勝手に話を振った人。
堂上直はここらへんは大人の対応。
この人、本当にマスコミ慣れしているというか
ここらへんの裁き方は高卒ルーキーなのにうまいなと思います。



ドラゴンズ5-0三星ライオンズ>

L|000|000|000|=0
D|020|003|00X|=5

練習試合ログ(『中日ドラゴンズ 北谷キャンプ2007』さん)

長峰()
イニング2、被安0、奪三1、与四2、失点0

長峰「いつでもストライクが取れるように、思った通りに投げられました。低めの細かいコントロールをテーマにしたけど、良かったと思います」(大本営)

先発ローテ入りを目指す長峰は初回2四球でピンチを作るものの
無安打無失点。『大型左腕』という意味ではこの人は筆頭なんですよね。
とにかく「これならやれる」という自信を確信に変えてくれれば先は開けると思うのですが
(キャンプ生中継で話題の人の名言より)

石井
イニング2、被安2、奪三3、与四0、失点0

石井「内容はまあまあだけど、球が少し高めにいきました。もっと低めに投げられるようにしたいです」(大本営)

石井はある意味で長峰と逆の内容。
この人も今は帯に短し襷に長しを地でいっているような印象なのですが・・・

クルス(大本営でミスターDの『窓際』レポートで「サイドスロー」とか書いていたけど(名前も知らんらしい)確かに上から腕は出ていないな)
イニング1、被安0、奪三1、与四0、失点0

育成選手クルス1回ピシャリ(日刊)

クルス「今日は寒いから本調子じゃなかった。スピードよりもコントロールを重視した。
オレはもっとよくなる。」(日刊)

クルスは1イニング無失点。
日刊は中村との『争い』を面白がって書くので情報量は多くなりそうです。

鈴木
イニング2、被安0、奪三2、与四1、失点0

鈴木「甘い球が多かったですが、それでも打ち取られたということは、今の時点では球が行ってると思います」(大本営)

鈴木は2回無失点。

久本
イニング2、被安1、奪三5、与四0、失点0

中日:6年目久本が存在感 韓国・三星との練習試合で(毎日新聞)

久本「順調に階段を上がっている」(毎日新聞)

なんざんしょ?久本のこの結果(笑)
これがシーズン続いてくれりゃあ
左の中継ぎに困るってことはないわけですが・・・


中村公(3-2、1HR)

中村公、ノリさんお先に特大1号 落合監督ほめた (大本営)
中村公、練習試合で“チーム1号”韓国サムスン戦(スポニチ)
中村公大暴れ、2ラン含む2安打3打点(日刊)

中村公「切れるかな、と思ったんだけど。ついていましたね。どんな形にしろ、結果が出てよかったです。ぼくは1打席1打席が勝負なので。
初めて監督にほめられました。“よくなったじゃないか。4年もかかったけどな”って。何かつかめた気がします。
今までは速い球に対して(体が)前に突っ込んでいたので、他の人のタイミングの取り方とかをDVDで参考にしたんです。一番近くに一番のお手本(福留)がいました。
ぼくには、そんなこと(中村紀のこと)考える余裕ないです。とにかく打たなきゃ(1軍に)いられないですから」(大本営)

同姓とはいえ
ポジション的にも
この人が中村紀と競争ってことはないかな。
中村紀サードで森野を本気でレフトに回すなら話は別ですけど

とにかく自分のこと、でいいと思います。

先制タイムリー二塁打()。
ポール直撃本塁打()


このほかでは堂上直の好走塁()が話題になるほど
基本的に打線のほうは寒いようですね


森野「いいノックができました」(大本営)



オレ流アライバ+森野ノックで北谷締め(アラ、イバ、プラスモリ)



読谷の話題
公式サイト情報、メニュー投手・前日内容を残せなかった高橋()、斉藤がこの日から読谷、野手・森岡、新井、藤井、堂上剛が通常メニュー)

新井、藤井、森岡が2軍全体練習に合流(日刊)

新井「(中村紀は)関係ないですよ。ボクが意識できるような選手じゃないですから。あちらは超一流。ボクは二流、三流です。自分が、今、できることをやるしかないです。
早く取り戻せるようにと思ってやってます。これからです、バシバシいきます!
いろんな人から、ケガをしているからこそ学べるものがある、と教わりました。してしまったケガを後悔するよりも、できることをやる。周りから野球を見ることもまた、勉強になることがある、と」(大本営)

藤井「野球をやれるのはいいですね。ケガをしないのが一番です。
気持ちばかり焦って空回りしてしまった」(大本営)

森岡「もう大丈夫です。不安はなくなりました。気持ちよかった」(大本営)

新井()、森岡()、藤井()、堂上剛()は通常メニュー復帰


中日テストのノリ「準備OK」きょうにも監督チェック(スポニチ)
ノリ体調万全「やるしかない」(日刊)
ノリ「体調バッチリ、準備OK」…19日落合監督の直接チェックへ(サンスポ)
ノリ“一発合格”へ万全の17発(デイリー)

前Bs中村紀「明日(19日)も同じように(両方のバットを使って)やります。もう、やるしかないです。」(サンスポ)
「(フルスイングを)ボチボチ始めます。
体調はばっちり。準備はオーケーです。」(スポニチ)
「引っ張ってばかりだとダメなんでセンター方向を意識した」(報知)


19日は練習試合がないために監督が視察予定(『己』Tシャツ、これは『2』)





井上「これからも、長く、長く、読谷村でキャンプができる様に努力します。是非、ご協力をよろしくお願い致します」(公式サイト)
「このパーティに参加するのは4,5年ぶりかなぁ」(大本営)

読谷村でのパーティに井上、上田、小田も参加。



そのほかのドラゴンズの話題

中継ぎ候補・ラミレス「自信」 北谷球場で入団会見(スポニチ)
新外国人ラミレスが沖縄入り(日刊)

Sラミレス「入れ、と言われれば、明日にでもブルペンに入れる。もちろん体調はいい。持ち味は真っ直ぐだが、スライダーやチェンジアップにも自信があるんだ」(スポニチ)
自分のスタイルは中継ぎ。監督に言われれば毎日でも投げる」(毎日新聞)
「(カリビアン)シリーズで投げていたから、いつでも準備OKだ」(日刊)


新外国人サンティアゴ・ラミレスが入団会見。

ウッズが合流 中日(共同通信・スポーツナビ)

ウッズ「ドラゴンズに戻ってこられてグレートな気分。自分の準備は万端整っているから、明日から頑張るだけだ。他のみんなと同じようにね」(大本営)

ウッズがようやく合流。
19日は打撃練習も行いました




|

« セットアッパー争いは続く | トップページ | 通過儀礼はオレ流ノック »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もはや仙後ではない:

» 初勝利 [On The Road]
・新井、藤井、森岡が2軍全体練習に合流(ニッカン名古屋・18日読谷) ・ウッズが合流(共同通信・18日北谷) ・「モノが違う」と星野監督(共同通信・18日北谷) ・星野監督が視察、竜投手陣を絶賛(ニッカン名古屋・18日北谷) 新井選手「もう大丈夫です。これからしっかり練習していきたい」 山本昌投手「15勝したら選んでくださいと言った。発奮材料になるしね」  さて第3クールも4日目。いよいよ別メニュー組が、まだ読谷ながら通常メニューに復帰しました。復帰したのは、野手では新井・森岡・藤井・堂上剛、投手で... [続きを読む]

受信: 2007.02.19 20:31

» 星野監督が沖縄中日キャンプを視察「よその球団とはモノが違う」と大絶賛! [DRAGONS VICTORY]
2007年2月18日のニュースとして、野球日本代表・星野監督が沖縄・中日北谷キャンプを視察した。中日の沖縄キャンプで離脱中だった新井良太内野手、森岡良介内野手、藤井淳志外野手、の3人が18日、読谷球場(2軍)での全体練習に合流した。タイロン・ウッズ外野..... [続きを読む]

受信: 2007.02.19 23:00

» 中村公治チーム第1号と星野ジャパン北谷来訪。 [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプは、第3クールの4日目。 韓国・サムスンとの練習試合で、 1軍候補の中村公治がチーム第1号。 5-0での勝利に貢献しました。 また日本代表の星野監督らが北谷を訪問。 落合監督の歓待を受けるとともに、 ブルペンで川上、岩瀬ら投手陣を視察。 「モノが違う」とレベルの高さを絶賛しました。... [続きを読む]

受信: 2007.02.20 16:03

« セットアッパー争いは続く | トップページ | 通過儀礼はオレ流ノック »