« ご利用は計画的に | トップページ | 総括なしのキャンプ終了 »

2007.02.27

ホットコーナーが熱く燃える

中村紀がフリー打撃でアピールすれば
森野は特守をこなす。

去年、立浪からサードを奪った森野ですが
思わぬところから
サードをめぐる争いが再び勃発か



北谷の話題(メニュー投手、野手)

森野、落合ノック132分 最後はドクターストップ(大本営)
森野にドクターストップ…「オレ流ノック」は終了に(スポニチ)
尻に火森野、オレ流ノックにぐったり(日刊)

森野「疲れました。最後まで耐えた? そこまで覚えていないんです。真っ白? そうですね。」(大本営)

尻に火というより頭から水をぶっ掛けられた感じかな。

キャンプも最後に来て森野対ボスのタイマンノック(ノッカーボス)
森野は上手くなったし、去年は報われてサードのレギュラーをとれた。
とはいえ、「今年中村紀がサードのポジションを取ったらかわいそう」、となると
そういうわけでもないのがこの世界。

中村紀の加入で少なくとも選択肢の幅は広がっているんでしょね。

ぶっちゃけ「去年のまま」だと
森野がサードを死守する条件は
中村のコンディション次第というところだと思う。
それでも今のレフト争いの連中より
レフト森野も使えるとは思ってますけど
(そういう意味では『レギュラー』はありなんだろうな、と)

サード森野(といっても打撃ですけど)で去年以上のものを見せられるか?
監督が打撃指導したのは(結局森野が改造を断念)
去年以上の打撃を見せてほしいという期待の裏返しでもあると思うが


井端、余裕の特守クリア(日刊)

井端「例年に比べて、今年は仕上がりが早い。体も軽い感じです。あとは実戦感覚を磨いていくことだけですね」(日刊)

井端は高代コーチのノックで特守(
話題にならなかっただけで監督ノックもやっていないわけじゃありません
『アレ』が日常と化すというのもものすごいものがあると思うが・・・


ウッズがフリー打撃サク越え12発…右狙い挑戦中(スポニチ)

ウッズ「右方向への打球が打てるかで自分の調子の良さが分かる。きょうはそれを確かめた。
バットに悩む必要がないから練習に集中できている。だから打てなくてもバットの責任にはできないんだよ」(スポニチ)

ウッズは週末のナゴヤドームの試合には出場予定(韓国時代からの既知、イ・ビョンギュとバット談義?)

イ・ビョンギュはウッズの『話し相手』も勤められるのか?
27日の大本営によるとボストンマイナー契約のアレックス・オチョアは
松坂と積極的にコミュニケーションをとっているようですね


エース川上、仕上がり急上昇(日刊)

川上「真っすぐはいい感じになってきていますね。あとは変化球がどれだけ思うように投げられるかです。それはゲームの中で試していきたい」(日刊)


平井がブルペン投げ納め(日刊)

平井「キャンプでは1500球くらい投げました。ここまでは順調にきています。あとはゲームで感覚をつかんでいくことですね」(日刊)


山本昌きょうシート打撃登板…3・4ロッテ戦目指す(スポニチ)

山本昌「あしたシート打撃で投げて、次は実戦で投げます」(スポニチ)

川上らベテラン勢は最後の投げ込み。
平井のオープン戦は希望の先発に手が届くかどうかの正念場。
中田や朝倉のかわりに入ってもそれはそれで嫌ですけど。

ドラゴンズに来てからの平井は
小さな故障こそありますけど
コンスタントにいろんなシチュエーションで投げてくれる
タフな投手というのが印象です


久本「中継ぎだから連投を想定して投げないといけないですから。シーズンに入ったら、疲れている中でベストの投球をしないといけません。
(併殺は25日の登板で)失敗したので、自分から願い出ました」(大本営)

久本はノースローの予定を変更して52球の投げ込み。
前日投げた投手の中で唯一四死球を出したというところも反省したのかな?



読谷の話題公式サイト情報、メニュー投手、野手中村公は別メニュー)

ノリ、右へ左へ2発 技術で飛ばす(大本営トップ)
中日・ノリ2発「入団御礼弾」得意の右打ちも披露(スポニチ)
貧困脱出へノリ猛アピール2発(日刊)
『70人目』巡って猛アピール!中日・ノリ、シート打撃で2本塁打(サンスポ)
ノリ2発!シート打撃で猛打賞(報知)
ノリが落合監督の前で驚弾アピール(デイリー)
中村紀が2発 中日(共同通信・スポーツナビ)

中村紀「(右方向を)狙ったわけじゃないですよ。風が強くて意外と飛びましたね。自分のスイングはできつつあるかなと…。
バットのヘッドが引っかかったら、あっちの打球は飛ばないんです。(バットに)乗せて、押し込む。その感覚なんですよ。
(落合監督に)初めてお会いできたんで『よろしくお願いします』とボクから言いました。
打席の中で立つ位置を考えながらやっています。どれが一番見やすいか、効率がいいのか…。詳しくは極秘ですけどね。」(大本営)

「調子がいいとか判断できる段階じゃないけど、自分のスイングはできつつある。
後は場数を踏むだけ。地道にやっていきたい」(スポニチ)

落合監督「自分たちで判断して。」(大本営)
「サク越え何本とかは関係ない。こっちは打球の質を見ている。
実績ではなく技量で(支配下、育成合わせて)75番目の選手ではない。」(スポニチ)

辻2軍監督「人数も足りないし出てもらうことになる。アピールしたいだろう。」(報知)

読谷組のシート打撃
中村紀は4打数3安打2HR
グラセスキと斉藤からホームラン
バレンタインからヒット

上のほうの森野がレフトとかいう話は
あくまで中村紀のコンディション(メンタル、フィジカル両面)次第なのは変わらないところ。
その見極めは難しいですけど
それが首脳陣の手腕というものでしょう。

クルス好投で全選手に支配下争い波及も(日刊)

クルス「(中村紀は)外に意識があると思ったから、内角で勝負した。中村さんが前の打席でフォークをホームランしていたのも見ていたしね。
70人枠に入れるかどうかは上の人が決めること。今は自分の投球をするだけ。
今の給料では(母国への仕送りが)十分ではないことは皆さんも分かるでしょう」(大本営)
「今は自分のためにやっている。少なくてもメンバー(支配下選手)に入りたい。」(日刊)

中村紀「速かった。148キロでしょ。体感としては150キロ以上。頑張らんといけません。」(サンスポ)

井手編成担当「そういうこと(支配下選手との入れ替え)もあるかもしれない。」(日刊)

クルスのシートは
打者7人1安打(西川)1三振。
走者を出した後にボーク出しているようです。
(大本営解説の今中はベースカバーの鈍重さ(基本はできているそうだ)を指摘)
この投手としての経験のなさゆえに育成何だよなと思う反面、
この投手が他の4人の外国人投手を完全に食っているという現状はどんなものだろう?というのも正直な感想。

オープン戦で支配化の3人はふるいにかけられるのでしょうか?

バレンタイン「(鎌田の)バントヒットはビックリした。失点したけど単打はいいと思う」(大本営)

バレンタインは
打者9人3安打(中村紀、鎌田、堂上剛)2失点
鎌田はバントヒットまでやったんですね(苦笑)

Sラミレス「3週間バッターに投げていなかったけど投げた感じは悪くなかった。」(大本営)

Sラミレスは
打者11人5安打(柳田本塁打&単打、森岡、春田、平田)3失点
この人の場合、来日が遅れていたという事情はあるのですが
調整の場としてオープン戦の登板は提供されるんだろうなぁ

Eラミレス「100%じゃないけど、コーナーに投げることができた。感じは悪くなかった。」(大本営)

打者9人2安打(春田、普久原)1四球1失点。
あまり話題にならないですねこの人。

クルスとEラミレスの背番号付ユニフォームは初お目見え??

グラセスキ(中村紀に被弾)「向こう(球場の外)の建物まで行ったかと思った。打ったバッターに賞金をやってほしい。」(大本営)

グラセスキは
打者11人3安打(中村紀本塁打、竹下、堂上直)2四球、1失点。
この人の『事情』は故障による別メニュー調整が間にはいっていること

しばらくの間、1軍帯同させて見極めるのは
バレンタインだけでいいじゃんというのが自分の感想。

開幕にあわせるつもりならそれはそれでいいんですけど・・・うーむ

沢井「(自主トレで福留に)打撃のことはかなり聞きました。普段ではなかなか先輩に話を聞けないので、いい機会になりましたね。
(『打率1位』は)まったく知らなかったけど、うれしいですね。でも、まだまだこんなもんじゃありません。もっと打てるようにします」(大本営)

沢井は現在打撃好調。
沖縄での練習試合、紅白戦、オープン戦2試合での
チーム内首位打者(なんという縛りだ)

堂上直「だいぶ落ち着いて打席に入れるようになりました。
今は顔を黒くしたいんですよね。名古屋帰ったときに、キャンプ行って来ましたっていう感じが出るじゃないですか。」(大本営)

堂上直はシートではグラセスキから二塁打
ルーキー連中は母校の卒業式やら5日の新人研修やらで
試合とあわせるとちょっとハードな移動になるのかな

このほか別メニューの時期もあった田中、堂上剛、森岡、新井あたりの名前もシート打撃で見えますね。
佐藤充と高橋聡が投げるときは監督は審判の後ろから離れるそうだ(苦笑)

浅尾「スピードを抑えてストライクが入るように心がけました。全力ではないけど、八分くらいでは投げられました」(大本営)

浅尾が第一クール最終日以来の打撃投手。


金本「『気持ちを新たに転向させていただきます』と言いました。新たなポジションで頑張りたいと思います」(大本営)

落合監督から秋季キャンプ、さらにはこのキャンプの第3クールにも野手転向を勧められた金本が野手転向。
基本的に二遊間の選手のはず




|

« ご利用は計画的に | トップページ | 総括なしのキャンプ終了 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットコーナーが熱く燃える:

» 中日金本 野手転向 [コウサする日々]
酒田南高校から入団した金本選手。元々野手としての才能を高く評価されていたが、本人が投手としてやりたいと言うことで、ここまでやってきたが、昨年秋の時点であと1年、この春にはその期限が短くなり、このキャンプが終わるまでに判断しろ、と言われていたようですが、つ....... [続きを読む]

受信: 2007.02.28 02:47

» 中村ノリ入団御礼弾と森野に落合ノック132分。 [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプは、最終クールの5日目。 キャンプもいよいよ大詰めとなりました。 前日に育成選手契約を交わした中村紀洋は、 落合監督が見つめる中、 読谷のシート打撃で2本塁打の猛アピール。 一方、サードのレギュラー・森野は、 北谷で2時間12分の地獄ノックに挑みました。... [続きを読む]

受信: 2007.02.28 09:29

« ご利用は計画的に | トップページ | 総括なしのキャンプ終了 »