« 驚弾炸裂 中村紀洋 | トップページ | セットアッパー争いは続く »

2007.02.17

煌く片鱗

若手中心に実戦開始
今季初戦のSKワイバーンズ戦は
敗戦したものの
途中出場のルーキー堂上直倫が2安打
2年目平田も好返球
読谷のシート打撃ではイ・ビョンギュが猛打して
テストの中村紀も広角打法を披露。

それぞれその実力の片鱗を見せました。



北谷の話題
(メニュー投手、野手)

ドラゴンズ2-5SKワイバーンズ

SK|000|040|001|=5
CD|001|001|000|=2

練習試合ログ(『中日ドラゴンズ 北谷キャンプ2007』さん)

吉見()
イニング2、被安3、奪三2、与四0、失点0

吉見「満足はしていませんよ。これから細かいコントロールをつけないといけない。きょうは四球を出さないこと、ストライクゾーンで勝負することを心がけましたが、それはできたと思います。
とにかく試合で結果を残していきたい」(大本営)

森コーチ「評価?ないよ」(大本営)

先発ローテ入りを目指す吉見は
とにもかくにも結果を出したというところか

樋口
イニング2、被安1、奪三2、与四1、失点0

復活を期す樋口は2回無失点

金剛()
イニング1、被安3、奪三1、与四1、失点4

金剛は失策も絡み自責は0ながらも
1イニングに3安打され4失点

金剛と樋口は試合後ブルペンでシャドウピッチ(樋口、金剛)

小林()
イニング2、被安1、奪三2、与四0、失点0

今年も普通にプレシーズンの試合は投げつづけるのか?

石川()
イニング2、被安2、奪三1、与四1、失点1

石川、樋口、金剛は読谷組へ


堂上直(2-21本目、2本目)

堂上弟 2安打デビュー 落合監督「何か持ってる」 (大本営)
中日・堂上「自信になりました」途中出場で2安打(スポニチ)
堂上直と福田の両ルーキーが明暗(日刊)
高卒新人が4番 中日(共同通信・スポーツナビ)

堂上直「シート打撃とは違って試合なので、気を入れていきました。実戦でヒットが出たのはうれしい。
(シート打撃も含め)まだいい状態のピッチャーから打っているわけではない。自信とかはまだないです。
打った次の日は打てないんですよ」(大本営)

落合監督「いまどうこういう選手じゃない。だた何かを持っているんだろうな。1面ができただろう。
1試合で三塁のレギュラーにしないでくれ。もう1度言うが、この7試合(練習試合5試合と沖縄でのOP戦2試合)で篩にかける。向こう(主力組)の選手との間には、とてつもない開きがあるんだ。この中で最終的に一人か二人が残るかもしれない。どこに何が必要かを考えてふるいにかけるんだ。
そういえば(3月5日)新人研修会がオープン戦(ロッテ戦)と重なるのはもったいないな。」(大本営)

三宅代表スコアラー「いいものを見た。いい星のもとに生まれているね」(大本営)

堂上直は途中出場で2安打。
「何かを持っている」、
怖い言葉でもありますが何ももっていないよりいいのでしょう。

福田(2-0

福田「堂上直?すごいですよね。相手が投手になると打つんですよね。ぼくと逆ですね。最悪のパターンですね」(大本営)
「やっぱりまだまだです。でもまた試合はありますから」(日刊)

福田は4番指名打者でスタメンも2打席凡退

平田(4-1バックホーム)

平田 刺した!刺した!!韓国SK戦で右肩の復活証明(大本営トップ)

平田「いける時はいつでも刺すつもりで守っています。去年は投げられなかったわけだから、やっぱり自信になりますね。
(打撃は)低めの変化球に手を出してしまった…。まだまだですね」(大本営)

落合監督「まだ、やるべきことはたくさんある」(大本営)

平田は一軍のオープン戦で見たいなぁ

西川(4-0)

西川「ついてないですね。きょうはそういう日。打撃?非力なもので。内容はよかったですけど力が・・・。大学時代はやせたことがないのに、3キロやせたんです。76キロから73キロに。だから小顔でしょ」(大本営)

西川はサードの守備で9回2度後ろにそらす(失策はひとつ)。


体調不安にも泰然自若 川上にエースの自覚と自信 (共同通信・スポーツナビ)
川上16日もマウンド回避(報知)

川上「今日はもともと投げる予定はありませんでした。
近いうちには投げられると思います」(大本営)
「投げようと思えば投げられる。でもまだキャンプだし、無理をしても。
一つ気になるものがとれない。腰から背中のあたりがね。
誇りなのは、12球団でこの3年、ローテーションを守ったのは僕だけじゃないのか、ということ。」(共同通信)

川上は登板回避。
先週、土曜の232球の投げ込み以来本格投球はなし。(昨日と同じ文章)
17日はブルペンで40球投げたそうです

中田「(谷繁から)ゲームでも、きょうでも、いい球は放っているんだから、力まず投げろといわれました。ボール球が多かったからだと思います。
(右打者の)インコースへの球はだいぶよくなって来ましたけど、外の球がぜんぜんうまくいかないんです。
力を入れるとふらついてバランスが悪いので、自然な形で投げるようにしました。
徐々によくなってるとは思います。焦り?うーん、ちょっとあります。投げたあと、ビデオを見られるんで、すぐにチェックしています」(大本営)

中田は試行錯誤中。

中里、杉下氏のイチ押し君!!岩瀬につなぐ中継ぎだ(大本営)

杉下茂氏「(中里は)いいね。今年一番期待してるよ。去年は慎重に投げてたけど、今年は自信を持って投げてるね。ストレートもスライダーもいい。威力あるボールを放っている。
中継ぎというんじゃなくて、岩瀬につなぐところにいくんじゃないか。そこに入って層が厚くなるし、中継ぎ陣は万全になる。
(朝倉も)いい球を投げてるよ。自信を持ってほってるなあ。
中日の投手陣がいいのは毎年変わりない。」(大本営)



読谷の話題
公式サイト情報、メニュー投手、野手)

中村「中日・ノリ」へ一歩前進…攻守で猛アピール(スポニチ)
ノリ、クギ刺された「規律しっかり」(日刊)
練習メニューはノリの意向尊重(日刊)
大阪プロレスのデルフィン社長がノリ激励(日刊)
ノリ連日の本領発揮!セMVP男・福留に勝ったサク越え8発(サンスポ)
ノリ攻守に猛アピール(報知)
ノリの守備GOOD!バットも快調!(デイリー)
ノリ、立浪と微妙な初対面 竜テスト2日目(名タイ)

前Bs中村紀「すごい緊張感の中でやっていたので、(声をかけられて)ホッとしました。」(大本営)
「センター返し中心を意識していた。
やっと、(帽子を)もらえた。(TVなどで見て)丸刈りが目立っていたので良かった。」(スポニチ)
「引っ張ってばかりだとダメなんでセンター方向を意識した」(報知)

高代コーチ「(野球を)やめなきゃいけなくなる。それだけの不安感があると思いますよ。
アイツにしてみればキャンプ2日目。シート打撃はまだ早い。
守備もバッティングもさすが」(大本営)
「トップクラスの実力を見せてもらった。ブランクはないし、絞ってきている。守備にしろ打撃にしろ、さすがだな」(スポニチ)
「テスト生で球団外部の人だから、めちゃくちゃな量は要求できない。ケガをさせないことが大事。本人には『お前の体のことはわからんからメニューは任せる』と伝えてある。
本人が上がりたいと思えば上がっていい。」(日刊)

井上「何でオマエほどの人間が緊張するんや、と言ったけどね『井上さんともちょこちょこ会話したことがあったけど、中に入ってやるのは別のもです』と言ってきた。オレもはっきり言った。『パの風習とセの風習は違うところがある。セには特にウチには若い選手に(上下関係を)厳しくしているところもあるから』と。」(大本営)

福留「そんなに硬くなるような人じゃないですよ。」(大本営)

流してホームランが打てることも(タイトル獲ったころは『ラビットボール』だったとはいえ)
体つきのわりにサードの守備が軽快なことも知ってる

要は「何でそれをいつもしなかったのか」って話なんだわな(故障だけならある意味問題なし)、
この人の場合。


立浪、森野がノリと三塁守備練習(日刊)

立浪「一昨日(14日)の夜に部屋にあいさつに来てくれた。
今までけがとかがあったけど、いい選手と言うのはわかってること。もうチームメイトなんでどうこう言うことはない。彼は彼で頑張ればいいし、僕は僕のやるべきことをやるだけ」(大本営)

森野「僕は何もいうことはないですよ」(日刊)

立浪は大人の対応
森野はまあわかるけど
もう少しいいようがあるかな。
変なこと言うとマスコミにいろいろ針小棒大に書かれるからなあ


李炳圭、片リンみせた…シート打撃で4打数3安打(スポニチ)
李炳圭、シート打撃で4安打(日刊)

イ・ビョンギュ「たまたま結果が出ただけで、意識はしていません。
(状態は)80%くらい。
確実に少しずつよくなってきています。オープン戦に出ながら開幕にあわせたい」(大本営)

福留シート打撃で「初本塁打」(日刊)

福留「別に何がいいワケじゃないです。上手いこと反応できたということ。
昨日よりはよかったですよ。いい感じでバットは振れました」(大本営)

「詰まった!!結果はどうでも良いです」(公式サイト)
「まあ風もあったし、ホームランと言ってもあまり関係ない」(日刊)

井上「どうということはないよ。バッティング練習のようなもの」(大本営)
「ホームラン・・・・。いいじゃないの」(公式サイト)

井端ものすごく調子が良いです。ボールが長く見えるし、右方向の打球も切れないし、気持ち悪いほど。監督にも無駄がなくなったな!と褒められました」(公式サイト)

菊地(シート打席打者17人安打性7)「(実戦投球に)慣れてこられたんだと思う。低い、いい球を多く打たれました。まだまだですね」(大本営)


読谷ではシート打撃で主力クラスが調整中




|

« 驚弾炸裂 中村紀洋 | トップページ | セットアッパー争いは続く »

コメント

いつも拝見させていただいています。
17日の記事、7行目。
テストの中村紀も”降格”打法を披露。
意図的ではないですよね・・・?

投稿: king | 2007.02.18 17:46

>>kingさん

普通の誤変換で

意図的ではないです(もうすぐ治します)
ご指摘ありがとうございました。


・・・でも、このままでいいかも?と思うようにもなりますね(苦笑)

中村紀はどう期待していいのか
イマイチわからないんですよね。

ドラゴンズには入ったけど応援しない
(今でもヨソで時々、見られるような
落合監督やウッズに対して行われているスタンス)
でもよいのですけど・・・

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.02.18 23:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煌く片鱗:

» 星の王子様 [+リポメモ+]
このご時世、「刺した!刺した!!」なんて、 えらくぶっそうだと思うが、そこは健全な野球のお話。 ○平田 刺した!刺した!! 韓国SK戦で右肩の復活証明 ○堂上弟 2安打デビュー 落合監督「何か持ってる」 ○堂上直と福田の両ルーキーが明暗 平田 「いける時はいつで..... [続きを読む]

受信: 2007.02.17 22:08

» 平田2捕殺、直倫2安打、ふるいかけ実戦始まる。 [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプは、第3クールの2日目。 北谷では、この日から練習試合が開始。 韓国・SKとの初戦は、2-5で敗れたものの、 平田が2捕殺で肩の回復ぶりをアピール。 また途中出場のルーキー・堂上直倫も 2安打デビューを飾りました。 一方、読谷ではテスト生・中村紀洋が 立浪、福留ら主力組と練習。 緊張感に包まれながらも、 フリー打撃では広角打法を披露しました。... [続きを読む]

受信: 2007.02.17 22:23

« 驚弾炸裂 中村紀洋 | トップページ | セットアッパー争いは続く »