« 2006年大学社会人ドラフト | トップページ | FA(小笠原)とシャッフル(小田)とテスト(三沢) »

2006.11.22

ドラフトとソーサとイ・ビョンギュ

今年のドラフトも強行指名とかありました。
個人的には
「裏金の監査、厳罰を実行してのドラフト廃止」が理想だけど
絶対できないから「完全ウエーバー」って感じで
両極端に揺れてドラフトを見ているので
希望枠(ドラフト指名されて拒否した選手には10年くらい指名不可とかいうのにしてもいい位に思っている)とか
2回もウエーバーで上位チームが不利をこうむる分離ドラフトとか
現行制度の中途半端さにあきれ返るわけです。
まだヴァレンタインの言うことが一番理解できる。

正解はないだけにいつも以上に乱文になっちゃいますね

現行制度、自分の記憶が確かなら暫定2年で始まったはずだが
何事もなかったかのように定着するのか?

『もう入団しちゃった』選手会はこの問題、FAに比べて本気じゃないし・・・

あとソーサとかいろんな記事がありました

 

ドラフトの話題

落合監督、大きな手ごたえ(日刊)

落合監督「予想通りというか、それ以上のものがあった。スカウトがこの選手という選手は指名できた。
(球団に)無理を言って手を広げてもらった。
入るか入らないはこれから。縁があれば来るしなければ来ないよ」(日刊)

中田スカウト部長「思い描いていた通りにできた」(日刊)


希望枠・田中早くも仮契約完了(スポニチ)
希望枠の田中が「スピード仮契約」(日刊)
中日の希望枠・田中はさっそく仮契約「とても感謝しています」(サンスポ)

田中「ホッとしています。
谷繁さんからも(後任を)任せられる捕手になりたい。存在をおびやかすことができる選手になりたい。
(落合監督は)静かなイメージだけど、勝負への情熱がすごい。中日は猛練習? 野球で食べていくので当たり前だと思う。
肩を1番見てほしい」(日刊)
「最高の評価をしていただいてうれしい。谷繁選手を目標に頑張りたい」(スポニチ)
「まだまだ未熟の自分に、最高の評価をしてもらって、とても感謝しています」(サンスポ)
「(祖父が考えてくれたサインは)広告の裏を使って一緒に練習した。(他界した)祖父も喜んでいるとおもう」

田中は背番号28になりそう。
都裕次郎の故障以来、
ドラゴンズの投手の忌み番(アンダーソンとかいましたが)的な番号だったですが、
捕手の田中が流れを変えられるか?

まずは直接のライバルは前田。
前田は初めての年下の同僚捕手に刺激を受けて欲しいという気持ちも


浅尾、中日入りに“うれし涙”(大本営)
中日3巡目・浅尾意中球団の指名に「嬉しい」笑顔(スポニチ)
3巡目浅尾、祈った実った!(日刊)

浅尾「うれしいです。ずっと寝られてなくて、中日に入ることだけを願ってました。
速球は155キロぐらい出したい。全部ひっくるめてプロで一番速いのは(阪神の)藤川さんだと思う。テレビで見てもキレがすごい。
(清水の指名に)本当ですか?知っている人がいて心強いです」(大本営)
「中日入団の確率は5%くらいだと思っていた。
気持ちも楽になった。しっかり練習したい。」(スポニチ)

中田スカウト部長「タイプとしては鈴木孝政さん。すぐにではないが、ドラゴンズを代表する投手になれる。
ものすごいプレッシャーはありました。実は迷ったそぶりを見せないよう、あらかじめ2枚に(浅尾と森福の)名前を書いておいたんです」(大本営)

相思相愛の浅尾を3巡目で指名。
ライオンズに指名されればライオンズに行ってもらえばよかったのですが
ドラゴンズの投手陣の中で切磋琢磨してもらいましょう
直接のライバルは多数(苦笑)

個人的にあの眉は嫌いだ
(別に森野やドアラの眉が好きなわけでもないが)


4巡目・菊地「学びたい」山本昌に弟子入りを志願(スポニチ)
4巡目菊地、山本昌に「学びたい」(日刊)

菊地「目標は山本昌さんですね。いろいろ聞いてみたい。口を聞いてもらえればですけどね。
あれ(山本昌のスクリュー)はすごい。打者が振ってしまうのも無理ないですよ。僕も落ちる球を確実に覚えないと通用しない。」(大本営)
「大きなケガをせず、41歳になられても先発で活躍されている。いろいろ学ばせてもらいたい。
僕にはスピードがないから、山本昌さんのように精度のある球で勝負できる投手になりたい」(スポニチ)
「長く野球をやりたい。なぜ、けがをしないで1年間ローテを守れるのか学びたい。
低めに変化球を投げて打ち取っていきたい。変化球の精度を上げることが課題。
(富士宮東高から初のプロ野球選手)自分の名前が刻まれ、いい記念になります。
高校時代の仲間にも連絡します。(静岡に)帰ったら、監督やお世話になった人にもあいさつします。
これからがスタート。1軍でやれるように体力、技術を磨いていきたい。」(日刊)

東邦ガス法元監督「遅い球を速く見せるのが持ち味。山本昌さんのようになって欲しいね」(大本営)

左腕菊地もしっかり指名。
「菊地」か「菊池」かしばらく迷いそう。
ライバルは先発なら同学年の長峰やひとつ上の佐藤亮あたりか

名前のせいで(苦笑)
Bsの菊地原見たいな活躍してくれればなーとか思うこともありますが


5巡目岩崎「井端さんが目標」(日刊)

岩崎「セ・リーグ優勝チームに選んでもらいうれしい。セールスポイントは足と守備です。
今は選手権に専念し、意思表明は終わってから。
気持ちは上(プロ)。1年目からレギュラーを目指したい。落合監督は怖そうですね。
(憧れは井端)守備、打撃ともにしぶとい。相手に嫌がられる選手を目指したい。
上原さんと対戦したい」(大本営)
「やるからには1年目からレギュラーを狙いたい。守備と足は自信がありますが、打力を向上させたい。井端さんが目標です」(日刊)

新日本石油ENEOS大久保監督「気持ちが全面に出る選手。守りと足はすぐに戦力になる」(大本営)

右打ちの内野手岩崎を指名
直接のライバルは柳田や左打者ですが鎌田あたりか
ライバルの名前に
荒木を挙げられるようになればものすごいことになりますが。


名城大・清水、びっくり笑顔(大本営)
6巡目・清水「1年目から1軍で」将来の夢メジャー(スポニチ)
6巡目清水、浅尾に負けん(日刊)

清水昭「小さいころから夢にまで見た地元のチームに入れて光栄です。
指名なんかないものと思っていた。
(浅尾や西川など)なじみのある人が多いと心強い
(浅尾とは)お互いにいいところを聞いたりして切磋琢磨していけばいいんじゃないですか。
(下位指名に)悔しい思いは正直言ってあります。まあ、普通に入るより苦しい思いをして入る方が…。現時点の評価を素直に受け止めて頑張りたい。
回り道したことに悔いはありません。最高の舞台でそれを晴らしたい」(大本営)
「いろんな方がメジャーで活躍されているのを見ると、うらやましく思います。
まずは中日で、みんなに認めてもらえるような選手になりたい。川上投手のように気迫ある投球で、1年目から1軍で投げたい。」(スポニチ)
「長かったです。4巡目以降の休憩が長く感じて(心臓が)バクバクでした。地元で昔から見てきた球団。これまで支えてくれた監督、仲間、いろんな方に感謝している。
その(入れ替え戦)ときは(浅尾に)お疲れさまと声をかけただけでした。まさかいっしょにやることになるとは…」(日刊)

名城大の清水昭もここまで残っていました。
この人もライバルは大多数の投手。
ただ下部リーグと上位リーグに分けれていた清水と浅尾が
マスコミがいうようなお互いを特別視するライバルなんて
思っていないだろうなーとか想像はしちゃいます(少なくともマスコミが煽りだす前は)
こういう話がついているうちに片鱗を見せて欲しいですね。

清水将海は2シーズンぶりに『清水将』に


7巡目西川、指名にホッ(日刊)

西川「なかなか決まらなかったので、ちょっと不安だった。ホッとしています。
捕手以外なら経験があります。監督が使いやすい選手になりたい。」(日刊)

早川スカウト「ユーティリティなところが1番いい。本職は内野だけど外野も対応できる。」(日刊)

最下位指名は西川
直接のライバルは内野練習を始めた
大学の2年先輩の普久原あたり?


育成ドラフトは指名なし(日刊)

中田スカウト部長「やられたわ…。でも1巡目に選択終了と書くのは長年の夢だった。普通は絶対ないものね」(日刊)

育成ドラフトは指名なし。
ジャイアンツが7人指名したのがちょっとした話題ですね。
奇数チームのファームで
もうひとつチームを作って試合数を確保したいという言い分(建前ともいうが)は
わかる。わかるが
こうやって既成事実を作ってしまってから
それに向かって動こうとするのは・・・



ストーブリーグの話題


中日、大物外野手2人をリストアップ(大本営)
西川球団社長が李炳圭獲り明言(日刊)
中日が韓国の李獲得を検討(報知)

落合監督「(ドラフト後に外野手は)何とかなるでしょ」(報知)

西川球団社長「(イ・ビョンギュが)候補に入っているのは事実です。いつでも動けるように準備したということ」(大本営)
「ドミニカからの報告もある。年内にはめどをつけたい」(報知)

大本営のサミー・ソーサは笑うしかないところ
01年1月頃のマグワイアのときのように(結局来たのはティモンズとアンロー)
1面にもってこなかっただけでも大本営も成長したのでしょう・・・

それよりイ・ビョンギュをソーサと同列に扱うというやり口が・・・



秋季キャンプの話題

前田「よくこの練習(マウンド前からホームに向かってのノック)はします。紅白戦でパスボールをしてしまったので、反応をしっかりしないといけません。」(大本営)

平田「何も考えずに(速射マシンに対して)振っていました。ただ打つことだけを考えていたので。しんどかったです。」(大本営)

もちろん秋季キャンプは続行中。
かつてのドラフト1いたちもそれぞれの立場で練習しています。



そのほかのドラゴンズの話題

高橋「(停電の復旧に)1時間くらいかかると聞いていたのでゆっくりしていました。
急に電灯がついたので焦りました。
速球が多かった。もう少し変化球を多くしていれば。」(大本営)

マルティネス「今年は初めてでしたけど、無失点に抑えられてよかったです。」(大本営)

ドミニカリーグ
高橋は雨天代替試合のための谷間の先発。
2回途中に停電があって再開後の3,4回に失点(3回1/32失点)して初黒星
マルティネスは今季ウインターリーグ初登板で2回1安打無失点。

訳の問題とはいえマルティネスの『です・ます調』はいまさら違和感がある(苦笑)




|

« 2006年大学社会人ドラフト | トップページ | FA(小笠原)とシャッフル(小田)とテスト(三沢) »

コメント

ドラフトに関しては、言い出したらキリがないですね。

FAと「別討議」してる時点でダメだと思いますけどね。

ドラゴンズはいよいよ外国人補強ですが、ネタですよね?(笑)

(外国人)投手の補強がなさそうなのが気になりますけどね。

投稿: はやぱん | 2006.11.22 17:12

>>はやさん

投手も補強はするようですね。
ここでも森コーチの仕事が多かったり
よくわからんチームですけどね

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.11.23 09:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラフトとソーサとイ・ビョンギュ:

» 【LC4タイプ シェーズロング】レザーフォーム社製 (ル コルビジェ) [人気家造り]
【LC4タイプ シェーズロング】レザーフォーム社製 (ル コルビジェ)などの紹介をしております。 [続きを読む]

受信: 2006.11.22 16:40

« 2006年大学社会人ドラフト | トップページ | FA(小笠原)とシャッフル(小田)とテスト(三沢) »