« キャンプも第3コーナー通過 | トップページ | 今日のメニュー(投手) »

2006.11.19

打撃に守備に投球に『発表会』前日の記事

紅白戦の前日の話題
速射マシン組の新井に業を煮やして
落合監督が打法を伝授?

 

秋季キャンプの話題

「キレ」佐藤亮VS「意思」吉見 きょう“罰走”かけ紅白戦(大本営)
新井守備指導に3コーチ(日刊)

佐藤亮「来年につなげられるようにアピールしたいです。ストレートのキレが変わったなと思ってもらえるピッチングができればいいです。
球速はなくても、見た感じが速いようなキレが大事です」(大本営)

吉見「久々のバッターとの対戦を楽しみたい。自分の投球ができるように、しっかり意思のある球を投げたい」(大本営)

紅白戦に向け小林が40球(日刊)

小林「最初の予定では投げる日ではなかったけど、ボールの感触をつかみたかった。軽めに投げたけれど、紅白戦に向けていい準備ができました」(大本営)

上田「いえ守ります」(大本営)

19日は紅白戦
試合内容は別エントリィで
故障者続出でちょっとばかり野手は人員不足気味ですね。
上田は罰走りなしでリャンメンで守るかリスクを背負って打席に立つかの選択で
迷わず守るほうを選択(結局エラーして罰走に参加したようですが)


お手本打撃を監督が披露(大本営)
中日・落合監督 マル秘打法解禁!新井に直接指導(スポニチ)
新井にオレ流打撃の極意伝授(日刊)
中日・新井じゃんけん打法習得へ…オレ直接指導(報知)

新井「重さを利用して、ちゃんと振るためだと思います。監督の言おうとしていることは分かります」(大本営)
「バットの軌道が悪かったら早くバットを握ってしまうんで、それを直したいです。監督の言おうとしてることは分かりました」(スポニチ)
「しなりを意識するようにと言われた。監督の言わんとしていることはわかりました」(日刊)
「監督が見せてくれたことを意識して練習していきます」(報知)

石嶺コーチ「長くて重いバットを振り続けるにはバランスが必要だし、打つ瞬間に握ることで手首を返さず、しっかり前で打つ練習になる」(スポニチ)

宇野コーチ「無駄な力を入れずにバットを真っすぐに出すため」(報知)

小田を磨け!!落合監督「速射打撃」で指名(大本営)

小田「こんなに打つのは初めてです。自分のもっているモノを、一度全部捨てているつもりです。監督が言うように下半身を使って振れたときは、ボールも飛ぶ。いかに確率よくバットのシンに当てるかを考えています。
まだ完走はしてませんけど、この練習を完走したときに見えてくるものがきっとあると思う。しんどい中にも楽しさがあるんですよ。」(大本営)

落合監督「オレが何で幸平(小田)を、あの6人の中に入れているかわかるか?
谷繁は来年で何歳になると思ってるんだ? そのままいけるとは限らない。だろ?
アイツが2割5分打ってくれたらなあ…」(大本営)

速射マシンは
中村公、新井、平田(以前は藤井)、中川、清水、小田

清水は第3の捕手を目指してマシン打撃・・・
というより単純に小田と競争だと思うんですけどね。
小田に対する「2割5分打ってくれたら・・・」は谷繁にも通じるかも

新井は本当にすべての面でのレベルアップを望まれていますね。


普久原「なんだか難しくて・・・。本当に内野やってたんだっけ、って。
内野のグラブですか?急いでメーカーさんに持ってきてもらいましたよ。
荒木さんが、内外野の両方やっていたことを聞きました。
今の僕は、本職が外野だから荒木さんの逆ですね。でも足の運びとかグラブさばき方とか、きっと役立つ事があると思ってやってます」(大本営)

内外野兼任の普久原。
別に外野にゴロ捕がないわけではないですからね
英智がナゴヤドームで仁志の右中間二塁打を防いだのは
極端な例ですが
役に立てていただきましょう。



契約更改の話題

左腕・小林が初のアップに笑み…1200万円で更改(スポニチ)
小林が1200万円で契約更改(日刊)

小林「思ったよりも上がった。(優勝争いの)9月後半の印象が良かったと言われた。
今年は僕がどういう球を投げるか、相手の打者がわからない部分があったと思う。来年はコントロールと変化球の精度を上げていかないといけない」(日刊)

小林、中村公と育成選手の2人が契約更改。

残りの契約未更改の日本人選手は
武者修行中の
中田、中里、高橋、長峰、中村一、堂上剛の6人と

第1次オーバーホール組の
川上、岡本、岩瀬、朝倉、山本昌、平井、デニー、
谷繁、荒木、立浪、井端、福留、井上の13人

さらに森野と英智で計21人

契約更改(18日 単位万円=大本営推定)

小林 1200(△450=60%)
中村公 950(▼150=14%)
加藤 400(□)
竹下 300(□)



ストーブリーグの話題

竜、李炳圭と交渉へ(日刊)

西川球団社長「担当者には(李を)調査するように言ってある。外野手は補強ポイント。とるならその選手(李)になるんじゃないか。
(要求が)あまり高ければ考えないといけないだろう」(日刊)

とにかくこの選手の獲得の話題を積極的に出しているのが日刊だけ
(日刊は撤退記事も出していない)
こういうのをどう見るかってところですね。
何を持って『リーズナブル』というのかも難しいですし。



そのほかのドラゴンズの話題


中田「予定がころころ変わるのも、ドミニカらしいですね。これもいい機会。今回は(試合数日前に)投げずに登板してみようと思います」(大本営)

中里「ランニングもしているし、練習はできている。準備はできているから早く投げたい気持ちはある」(大本営)

ドミニカでは中田の先発予定が変わっているようですね
中里はドラゴンズ側が移籍をちらつかせると出場選手登録されたようです(笑)




|

« キャンプも第3コーナー通過 | トップページ | 今日のメニュー(投手) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打撃に守備に投球に『発表会』前日の記事:

» 秋季練習いよいよ佳境、落合監督実技指導。 [ドラゴンズスタジアム]
秋季練習もいよいよ佳境。 第3クールの6日目。 この日の午前中、屋内練習場で 初日から続くカーブマシンの「速射打撃」。 おなじみの光景のなかで動きがありました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.20 09:25

» 秋季練習いよいよ佳境、落合監督実技指導。 [ドラゴンズスタジアム]
秋季練習もいよいよ佳境。 第3クールの6日目。 この日の午前中、屋内練習場で 初日から続くカーブマシンの「速射打撃」。 おなじみの光景のなかで動きがありました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.20 09:29

» “中日が外国人外野手獲得へ乗り出す。韓国LG李炳圭(イ・ビョンギュ)”’06年11月19日ニュース [DRAGONS-VICTORY]
2006年11月19日のニュースとして、秋季キャンプで初めての紅白戦が行われ沢井道久内野手が3安打を放ちアピールした。韓国プロ野球LGからFA宣言している李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手の獲得に中日が乗り出すことが分かったなどです。 ※画像=紅白戦で3安..... [続きを読む]

受信: 2006.11.20 11:53

« キャンプも第3コーナー通過 | トップページ | 今日のメニュー(投手) »