« 佐藤充が約3倍増で契約更改 | トップページ | 背番号0 闘志無限大 »

2006.11.11

2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧

NEPPIE(@Party?Party!@neppie.com)さんのところにあった
ドラゴンズ回顧のTB企画ををやりつつ今年をチラリと振り返りましょう。
『2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧』ということで。

ちなみに去年の回答はこちら



1.今年活躍したと思うドラゴンズの投手(3名まで)

川上憲伸
一年ローテを守っての最多勝。
期待通りの活躍
終盤の失速も9月15日のタイガース戦の好投で何とか踏ん張る。

朝倉健太
シュートで覚醒。
期待以上の活躍
川上よりガッツポーズは好き

佐藤充
中田を欠いた交流戦の救世主。
期待外の活躍
飄々と投げるところ(これ好もきなんで押し通して欲しいが)が上記2人との違いかな

岩瀬は今年の限らず活躍ということで割愛


2.今年活躍したと思うドラゴンズの野手(3名まで)

福留孝介
オールスター明けの大活躍がチームを押し上げた
振り返るとあのナゴヤードームTG6連勝(都合7連勝)が
今年のチームのピークだったかもしれない。

『ズル休み』云々も実力の裏返しか

タイロンウッズ
数字が圧倒的。
不満がないわけではないが
不満を9月の自分の打棒で吹き飛ばした。

森野将彦
物足りない。
物足りないが
自己最高のシーズンと
あの立浪からレギュラーを奪取したことを評して

まあ終盤のクリンナップトリオです


3.今年印象に残ったドラゴンズの試合(3試合まで)

10月10日ジャイアンツ戦(優勝決定試合)
いろんな意味で今年を象徴する試合

9月15日タイガース戦
追い上げるタイガース。
先発は連敗中の川上。
試合前の緊張感は一番あったかも。

圧倒した試合そのものよりも
試合前の緊張感と
試合後の川上のヒーローインタビューが印象的

9月16日タイガース戦(昌ノーヒットノーラン)
前日の流れを最高の形でものにした試合

これ以外では
小笠原の完投勝利
大阪ドームでの中田での連敗ストップ
佐藤充の初完封
あたりはターニングポイントとして重要だったかと


4.今年もう少し頑張って欲しかったドラゴンズの選手(3名まで)

山井大介
二年連続のエントリィ
怪我すんな

高橋聡文
キャッチャーに変化球のサイン出してもらえるようにがんばれ

中田賢一
厳しくいえば
今年の先発投手で一番の期待はずれかも
故障とか同情する面もあるのですが


5.来年の活躍を期待しているドラゴンズの選手(3名まで)

鈴木義広
これまでもがんばっていますが
『勝ちパターン投手』になってほしいなと
香川出身なので(斉藤ともども)応援

堂上剛裕
本人的にもターニングポイントでしょう。
自分が長男(デキのいい弟はいないが)なので応援

井端弘和
守備はまだしも
今年の打撃は不本意でしょうからね。
自分が75年生まれなので(川上、平井ともども)応援


6.ドラゴンズ関連の新語・流行語大賞ノミネート用語(3つまで)

高校野球
いわゆるバント多用攻撃
激増はしたがそればかりではないのがミソ。
日本シリーズではそれしかしなかった
(勝ち側から見れば『徹底の勝利』なわけだが)
ファイターズに負けたのはいやだっただろうな

「ずみ゙ま゙せん・・・涙もろいもんで」
落合監督の優勝インタビュー。
後付だと「あれで緊張が緩んだ」ということになるのだが
泣くなとはいうまい

「ホームランは『まぐれ』というのが妥当だと思います」
神宮での英智のヒーローインタビュー。
まぐれだろうがやらなきゃいけないときはあるということだ

後ろふたつは流行語というよりは名言集かも
・立浪「ホンマに感謝の気持ちでいっぱいなんです。涙が出そうになります」
・川上「正直言うとね、試合前はドキドキして“打たれたらどうしよう”って思うくらい精神的には参ってたんです」あたりが名言の次点
フレーズだと『森野のエラーは失点にならない』
その他だと
コレ(1試合で終わったが)

7.ドラゴンズが日本一になるためには、何が必要だと思いますか?

動くときと動かないときのメリハリ


8.落合監督は名監督だと思いますか?

おもいます。
もちろん完璧ではないですが
見渡して彼以上の監督は今のプロ野球にいないかと


9.ドラゴンズのファンサービスについてどう思いますか?

あくまで一般論ですが
『サービス業』の『サービス』と
『ファンサービス』の『サービス』って似て異なるものだろう。

別に恩恵にあずかったという印象はないんだよなぁ
ファンクラブは行ったのに仕事の都合でファーム観戦は減ったし


10.ズバリ!2006年のドラゴンズのMVPは?

岩瀬仁紀
設問1.2.で取り上げられなかったので
普通にすごい投手
負け惜しみで(相手チーム応援系の)解説者がよく言うフレーズ
「全盛期のキレはないんですけどねぇ」は
岩瀬の調整力(アジャストする能力とでも言いましょうか)を舐めていると思う。


11.ドラゴンズ系ブログの中で印象に残ってるエントリーとその理由(エントリーまで浮かばない場合はブロガー・ブログタイトル名だけでもかまいません)

『Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログ 』

・・・反則?

1つに絞るのは難しいですね。
みなさん愛情を持ってドラゴンズに接しているというのがわかるブログばかりでした(去年と同じ回答)

その代表として石黒ブログを上げます


12.ドラゴンズ以外で、今年表彰したい選手・チーム(1人・1チーム)

個人:鉄平@イーグルス

チャンスをものにしたという点で

チーム:北海道日本ハムファイターズ

日本一だから


13.来年に向けて、中日ドラゴンズに一言。

日本一になってください(去年と同じ回答)

以上、お疲れ様でした

|

« 佐藤充が約3倍増で契約更改 | トップページ | 背番号0 闘志無限大 »

コメント

こんばんは。ねぴです。
昨年に引き続き、回答していただきありがとうございます。

>今年活躍したと思うドラゴンズの投手
私としては佐藤充がここまで頑張ったのがびっくりでした。
昨年終盤の甲子園での初勝利が印象に残っていたので、昨年から期待していたので嬉しかったです。優勝間近の頃はフェニックスリーグにいたんですよね。せめて胴上げの日だけでもドームに連れてきて欲しかったなぁ。来年は1年かけてガンバって欲しいです。
鉄平は楽天に移籍して花開きましたね。

これからもよろしくお願いします。

投稿: NEPPIE | 2006.11.12 21:37

>>NEPPIEさん
企画ありがとうございました。

佐藤は天国と地獄を見た1年でしたね
見た地獄も天国を見ればこその地獄ですから
何とか来年は1年通して活躍して欲しいですね。

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.11.12 22:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧:

» 【TB企画】2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧 [Party?Party!@neppie.com]
今年は優勝して振り返る事が出来るのが嬉しいです♪ Illustrated.ずたた... [続きを読む]

受信: 2006.11.12 01:29

» 2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧 [キングあおぽんのCD論]
またまたドラゴンズの今期を振り返りたいと思います。 お友達のNEPPIEさんが主 [続きを読む]

受信: 2006.11.13 14:12

« 佐藤充が約3倍増で契約更改 | トップページ | 背番号0 闘志無限大 »