« C7-5D(10.16)公式戦終了 | トップページ | 秘密兵器 »

2006.10.17

アライバ-最終的進化二遊間

セントラルリーグは今季の公式戦全日程を終了。
川上、岩瀬、福留、ウッズはそれぞれタイトル獲得

最終戦に出場した
荒木は自身初の(規定打席)3割到達で打撃ベスト10入り
井端は自身初のフルイニング出場

この2人、不満がないわけじゃないんですが
それを凌駕するだけのものを見せるようになって来たなぁ

(タイトルの元ネタマイナーすぎるか・・・)



カープ7-5ドラゴンズ

広島5回に逆転 広-中評(共同通信・スポーツナビ)
広島が5回の猛攻で逆転勝ち=プロ野球・広島-中日(時事通信・スポーツナビ) 広島:逆転、小刻みな継投で中日振り切る(毎日新聞)

落合監督「40人絞り込めた」竜シリーズ要員決定(報知)
日本一構想できた!落合監督、シリーズへのテスト終えニヤリ(サンスポ)

落合監督「大変だな。40人の選手を絞り込むのは。でも、大変といっても、大体は絞り込んでいるけどな。
期間が短くていい? それはあるだろうな。ゆっくり休んで、それからだよ」(大本営)


井端、フルイニング出場 竜の新鉄人(大本営)

井端「(フルイニング出場は)去年は惜しかった。その前もできなかった。ボク自身、初めてですから素直にうれしいです。
スタンドを見渡して、ボクは探すんですよ。背番号6のTシャツを着てくれた子どもたちの姿を。そこに1人でもいてくれている限り、何があってもボクは試合には出るんです」(大本営)

井端は初めての全試合フルイニング出場
今季はT鳥谷、金本、S青木、YB石井琢との5名が達成。


荒木、プロ11年初の大台に 記録上は3割も悔し5打数3安打(大本営)
荒木5の3で“暫定3割”(日刊)
荒木、5打数3安打で3割に…「目標にしていた数字」(スポニチ)

荒木「四捨五入なんて、いいんですよ。ベンチではみんなが計算してくれていて…。まあ、試合に負けてしまったんで、そこは残念です。
(3割は)目標にしていたんで、よかったです。
これを踏み台にシリーズも頑張る。」(大本営)

荒木は四捨五入なら表記上は.300となる3安打。
7月になっても2割3分もない時期がありましたから
驚異的な追い込みといえます

(数年後振り返って「あれは実際は3割ない」なんて
言われることはほとんどありませんからね。立派な数字です)


佐藤充、シリーズへアピール失敗(日刊)

佐藤充「今の力はこの程度ということじゃないですか? もっと勝てるように来年に向けてがんばります」(日刊)

佐藤充は結局9勝どまり
交流戦を支えてくれたのは間違いなくこの人。
来季は正念場ですが
上手くこのシーズンオフをすごしてほしいですね


ルーキー2人が最終戦デビュー(日刊)

佐藤亮「たまたまです。来年からもっとがんばりたい。」(日刊)

斉藤「(1軍で)1試合でも投げさせてもらってうれしい。ゼロに抑えられてよかった」(日刊)

佐藤亮、斉藤の両ルーキーがデビュー
ともに走者は許しましたが1イニングを無失点に


常勝竜へ続く競争(大本営)

中川「どんな形でもいいから出場したかった。40人枠? もちろん入りたい。」(大本営)
「今は本当にすっきりした気持ち。3年前は悩んだりしたけど、今度こそ本当に引退します。プロ生活で1番いい思い出をこれからの日本シリーズでつくりたい」(日刊)

高代コーチ「40人全員がチームに同行するわけじゃないんだ。必要な戦力なら優勝決まる前に呼んでるよ。」(大本営)

中川もプロ初出場(遊ゴロ)。


川相最後の勇姿…8回左前打で両軍ファン拍手(スポニチ)

川相「こんなに多くの方から拍手を頂いて幸せです。個人的にも打席に立てて準備ができた」(スポニチ)

川相はこの試合もヒット
日本シリーズは普通に戦力か?


中日・立浪“シリーズテスト”DH起用へ先発フル出場(スポニチ)

立浪「1打席でも多く打席に立って球を見たかったので出場させてもらいました。
代打で打っていかないと見えてこないですから」(スポニチ)

高代コーチ「指名打者候補?。そうだよ」(スポニチ)

DHは井上にしておきたいんだよなぁ(9番英智で)。


落合監督が遺恨を解消(日刊)

試合前落合、ブラウン両監督が握手。
もっとも大本営には

「(ブラウン監督が)視線を投げかけても、落合監督は視線をそらすように素っ気なく振舞い、いまだその遺恨の深さを物語っていた」

などと来季もこのネタを引っ張る気、満々の書き方でしたが・・・
(ちなみに書いたのは「落合野球は面白くない」と先日終面で書いていた広島番宮脇)


主力居残り調整…福留「ええ感じでイケてるわ」(スポニチ)

福留「ええ感じでイケてるわ」(スポニチ)

最終戦に登録を外された福留たちはナゴヤ球場で調整


シリーズを占う/山田久志のオレ竜分析(日刊)



<ファーム:ドラゴンズ4-1イーグルス

E:000 000 001 =4
D:200 000 02- =1

(投手リレー)
樋口(6)-石川(3)

(本塁打)
高橋光

樋口 手術以来最長の6イニング (大本営)
樋口好投 楽天イーグル戦(公式HP)

樋口「きょうは要所で打者のインコースや低めに投げられたし、打たせて取ることができた。次につながる投球ができたと思います。」(大本営)
「前回に比べ、内角のストレートがシュート回転しなくて思い切って投げられました。あと、チェンジアップ、スライダーも有効でした」(公式HP)

高橋コーチ「教育リーグではあるけど、今季初勝利。変化球もよかったし、無四球だったのがよかった。これを自信にしてほしい」(大本営)

フェニックスリーグ
樋口が6回無四球無失点。
高橋光信が4打数2安打
先制タイムリーと2回には2ランホームラン。


ハワイ島沖地震の影響でウインターリーグ3試合が中止(サンスポ)



そのほかの話題

福留が4年ぶり首位打者=川上は2冠獲得-プロ野球セ・リーグ(時事通信・スポーツナビ)
中日勢が打撃3部門独占 セ・リーグ全日程終了 (共同通信・スポーツナビ)
セ・リーグ:全日程を終了 ウッズが本塁打王・打点王(毎日新聞)
オレ竜7冠、日本一へ弾み(日刊)
中日・福留、ウッズで打撃3部門独占…投手部門でも川上2冠 (サンスポ)

川上「自分の役割が果たせた。悪い時も最低限のピッチングができた結果だと思う。」(毎日新聞)
「今年は自分のことよりもとにかく優勝したかった。最多勝は結果ですけど、優勝に貢献できて嬉しい」(日刊)

岩瀬「1年間フルにやれて、優勝に貢献できたことがうれしい。数字は後からついてくるものなんで気にしてなかった。でも、タイトルを取れて納得のシーズンでした」(大本営)

福留「いい数字で取れた。
(新フォームは)たまたま1年で結果が出たけど、間違いではなかった。
もう少しいいものに近づいていく感じもする」(毎日新聞)
「嬉しいです。打点は前の2人(荒木、井端)が出てくれたことが大きい。後ろにタイロン(ウッズ)もいたし、やりやすかった」(日刊)

ウッズ「とてもうれしい。荒木、井端、福留が出塁してチャンスを作ってくれた。
個人のタイトルもうれしいが、リーグ優勝はチーム全員で勝ち取ったもの。意義がある。」(毎日新聞)

セ・リーグは全日程終了。
川上が2度目の最多勝と初の最多奪三振
岩瀬が2年連続の最多セーブ

福留が4年ぶりの首位打者と3回目の最高出塁率
ウッズは移籍後初の本塁打王(3回目)と最多打点。


セ・リーグ:中日の落合監督に最優秀監督賞(毎日新聞)
最優秀監督に中日・落合監督(報知)

プロ選手シンポの日程決まる=高野連(時事通信・スポーツナビ)
選手会が「ベストゲーム」、「ベストエピソード」大募集(サンスポ)
シンポジウム「夢の向こうに」にロッテ・渡辺俊らが参加(サンスポ)

中日と日本ハムのリーグ優勝記念貨幣セットを通信販売(サンスポ)




|

« C7-5D(10.16)公式戦終了 | トップページ | 秘密兵器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アライバ-最終的進化二遊間:

« C7-5D(10.16)公式戦終了 | トップページ | 秘密兵器 »