« T5-1D(10.12)消化試合 | トップページ | 遠藤らに戦力外通告 »

2006.10.13

北へ

電話と格闘中のドラゴンズファンの皆様(自分もそうだ、ネットのほうは何とかなったが)、
いかがお過ごしでしょうか?
日本シリーズの相手がファイタースに決定



タイガース5-1ドラゴンズ

阪神が快勝 神-中評(共同通信・スポーツナビ)
阪神が快勝=プロ野球・阪神-中日(時事通信・スポーツナビ)
阪神:中日に快勝 安藤は2年連続2ケタ勝利(毎日新聞)

落合竜王手!大量10点勢いに乗り「きょう決める」(スポニチ)
虎最終戦は主力休養(日刊)
竜虎の将が歴史的?握手(日刊)

落合監督「(主力選手を休ませ)みんな無理してやってきた。優勝したから休ませたんだ。それぞれ故障を抱えているし。」(毎日新聞)

高代コーチ「この日程なら(休ませても)実戦感覚が鈍ることはない。(14日の)ナゴヤドームからはベストメンバーで行くと思う。」(日刊)

ドラゴンズよりもファイターズのほうに『試合勘』の言い訳をする余地ができました
(まさかそんなことしないだろうけど・・・笑)。

福留は春から悩んでいる右肩痛の影響もあるようです。


立浪、PL同級生のために…志願の先発出場(大本営)
親友引退に立浪号泣(日刊)
立浪も泣いた「人生で一番の友達」(デイリー)

立浪「ただの友だちじゃなく、親友を通り越した仲。
寂しいけど、最高の場所で見届けてあげられたのがよかった」(大本営)
「人生で一番の友達。高校時代から苦しい時、お互いに話し合ったものです。プロでの付き合いも一緒でした。阪神での5年間、いろんな意味で苦労したと思う。
ボクも同じ年で置かれている環境も一緒でしょう。片岡のここまでの頑張りを励みにしたい。
これだけのファンの前でセレモニーができた。幸せなことだよ。」(デイリー)

立浪はPL学園の同窓生、片岡の引退セレモニーで号泣
試合出場は志願でした。


森野、第2子誕生に祝砲10号「打てて良かった」(スポニチ)
森野、長女にささげるアーチ(日刊)

森野「規定打席到達は、やっぱり自分がずっと目標にしていたのもだから。すごくうれしい。それだけ打席に立ってるってことはそれだけチームに貢献できたということにもなるから。
長女が生まれた日に記念のホームランが打ててうれしい」(大本営)

森野は自己最多の10号本塁打。
福留休養のあおりも受けて(?)ライトの守備にもつきました。
(シリーズではやらずにすむとは思いますが)


アレックス復帰、さぁ来いハム!(大本営)

アレックス「長い間出ていなかったので、最初は変な感じだった。結果は出なかったけど、思ったより状態は悪くなかった」(大本営)

風邪による発熱で試合から遠ざかっていたアレックスが4番で復帰。
4打数無安打


新井、初スタメンもホロ苦…4打数無安打3三振(スポニチ)

新井「残れるかどうか分からない。頑張りたい。
まだまだ。これからがアピール」(スポニチ)

新井はプロ初スタメンも3三振を含む4タコ


吉見「調子?見ての通りです。日本シリーズ?どんな形でもいいから投げてみたい」(大本営)

石井「思い切って投げられて、上手く抑えられてよかった。日本シリーズで投げたい」(大本営)

マルティネスのあとは
吉見と石井でしたが明暗分かれました。

先発が崩れたときの
ロングリリーフは使わないにこしたことはないですが
石井と鈴木の2枚が抜けているかな

佐藤充がもどってこられれば中田あたり回せそうですが・・・


落合監督、ハム倒に自信 (大本営)
落合竜、早くも“シリーズモード”福留&ウッズ温存(スポニチ)
オレ竜、相手はハム(日刊)
オレ竜“不敵な笑み”…残り3戦をハム対策シミュレーションに(サンスポ)
古巣と決戦オレ余裕!…日本ハムVに「これからゆっくり考えるよ」(報知)

落合監督「これで対戦相手が決まったということ。時間もある。ゆっくり(対策を)考えるよ」(大本営)

谷繁「一昨年と違って、まったく分からないということはない。どういうチームかはだいたいわかっている。(ドラゴンズと)似てるね。投手を中心としたチームだから。ロースコアの展開にお互いもっていきたいんじゃないの」(大本営)

福留「ま、データを頭に入れるのはこれから。すべてはこれからです」(大本営)

井上「日本ハムは勢いがあるチームだからね。交流戦と同じチームだとは思っていない」(大本営)

森野「日本ハムはうちと似たチームという印象が残っている。投手陣がしっかりしていて、1,2番に足もあるところも似ている。これから対策を頭に入れて生きたい」(大本営)

安田スコアラー「日本ハムの印象?ダルビッシュ、八木と先発投手が本当に安定していますね。打線も含めたチーム全体が調子がいい」(大本営)


日本シリーズの相手は予選1位通過のファイターズに決定。
今季の交流戦での対戦はドラゴンズから見て2勝4敗。

森野のいうように似たようなチームなんでしょうね。

川上を第1戦に使う
オーソドックスなローテーションが組みやすいんじゃないでしょうか。

ナゴヤドームの試合で
ドラグッズに身を固めた人が
新庄の打席で写真をとりまくるような
変な雰囲気の試合にはしたくないですね。

ドラゴンズはメディア的に『ワルモノ』担当なので、チョイ悪(失笑)で渋く勝ちましょう。

交流戦克服(日刊)

日刊連載
今季は
交流戦首位のマリーンズの後半戦の失速
交流戦5割なかったファイタースの優勝(しかも予選1位)と

「交流戦の戦いは必ずしもペナントを左右するわけではない」というのが証明されたわけですが
ドラゴンズの場合、
「去年とは違う」というのを見せる意味で大きかったのかもしれません。
(交流戦最初の札幌のゲームはひどいものでしたが)



<ファーム:イーグルス2-9ドラゴンズ

D:203 130 000 =9
E:000 000 002 =2

(投手リレー)
川井(9)

楽天イーグルスに完勝(公式HP)

川井「練習してきたリリースポイントを意識して投球しました。だいぶ修正できていて、結果も出てきた。このフォームで練習して、さらにいい結果を出して生きたいです」(大本営)

高橋コーチ「球を低めに集める投球ができていた。ボールのキレ、コントロールもよかったし、8回まで無失点に抑えられた。失点した9回を除けば今季一番の投球」(大本営)

教育リーグ
川井が8回まで無失点の完投
4試合で3人完投(佐藤充、佐藤亮、川井)とそういう方向の強化が中心?



ドラフトの話題

浅尾、竜と相思相愛 日福大の152キロ右腕(大本営)




|

« T5-1D(10.12)消化試合 | トップページ | 遠藤らに戦力外通告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北へ:

« T5-1D(10.12)消化試合 | トップページ | 遠藤らに戦力外通告 »