« C6-7D(9.9)乱打戦 | トップページ | 出場選手登録(9.10)吉見昇格 »

2006.09.10

アホ野球

前日までの3連敗など
乗り切れないチームの現状打破のために

試合前に選手ミーティングが行われ
井上がゲキ

アホになりきったのはウイニングボールを取った井上だった?



カープ6-7ドラゴンズ

中日連敗ストップ 広-中評(共同通信・スポーツナビ)
中日が競り勝つ=プロ野球・広島-中日(時事通信・スポーツナビ)
中日:連敗を3で止める 広島、救援陣が手痛い一発浴びる(毎日新聞)
竜、1点差逃げ切り連敗止める(日刊)

落合監督「一日一日、最善を尽くして、余力を残さず戦ってくれればいい。それがきょうはこういう結果だったということ。」(大本営)

福留2発 アレ決着弾 よしっ勝った!よしっ再発進!(大本営トップ)
井上バンザイ その理由は…試合前にあった (大本営)
中日・福留が2発4打点…落合竜を救う「M21」(スポニチ)
ヨレヨレ竜…必死で連敗脱出(デイリー)

井上(試合前ミーティングで)
「あいつらアホちゃうか、って、思われたっていいんだ。それぐらいの元気を出さないと。
不安なのはみんな同じ。オレだってそうだよ。オレなりに不安はある。でも不安だからって下向いても仕方がない。こんなときこそ、上を向いていこう。
ありきたりの言葉だけどさ、一丸になろう、と・・・」(大本営)
「アホになって必死に野球をやろう」(スポニチ)

「みんなアホになれっ!声を出せ!持てる力を出し切っていこう!」(デイリー)

福留「(25号は)打ったのはスライダー。甘いところにきたから思い切っていきました。
(8日の0回の守備は)アンツーカーを踏んで、自分の目線がずれました。岩瀬さんに悪いことをしました。
よかったです。どんな形であれ勝つことが大事なんです。」(大本営)
「(広池投入で)左対左で勝負されているわけだから絶対に決めないといけなかった。
グラウンドに立ったら自分たちがやるしかない。どんな形でも勝つことが大事」(スポニチ)

アレックス「バッティングはうまくいってなかったけど、ああいう展開で打ててうれしかった。この勝ちは本当に大きい。初戦がいやな負け方だったから、勝ててうれしい」(大本営)

ウッズ、59打席ぶり33号…3年連続100打点決める(スポニチ)
ウッズが2安打2打点の活躍(日刊)

ウッズ「(本塁打は)思い切りのいいスイングができたと思う。流れを引き寄せて勝てたんじゃないかな」(大本営)
「ランナーを還すことだけを考えて強く振った」(スポニチ)

ウッズ(同点)、福留(追い上げ&勝ち越し)、アレックス(勝ち越し決勝)と
中軸の効果的なホームランで7得点。

ウッズは自己ベスト103打点まであと2
去年と違って3番に高出塁率の福留がいるんだから(井端が不調とはいえ)
当然といえば当然の結果か?

福留は2本塁打猛打賞

アレックスは3打席凡退のあと決勝ホームラン

荒木が攻守で勝利に貢献(日刊)

荒木「きょうはグッタリきたね。
いい感じですね。どんどん行きますよ」(大本営)
「ボク個人のことよりも、チームが勝てるように頑張るだけです。今日は勝ててよかったですよ」(日刊)

荒木は3安打2盗塁2得点

マサ 祝!!2000奪三振 次のターゲットは200勝(大本営)
山本昌、史上18人目2000奪三振達成…41歳最遅(スポニチ)
山本昌が通算2000奪三振達成(日刊)

中日の山本昌が通算2000奪三振=現役では工藤に次ぎ2人目-プロ野球(時事通信・スポーツナビ)

山本昌「うーん、きょうはそれどころじゃなかったからね。誰から取ったの? 全然意識していなかったよ。
自分は本格派なんです。基本は真っすぐですから。
最低限の役割はできた。これでチームも乗っていけるでしょう。」(大本営)

山本昌は勝利投手の権利を持ってマウンドを降りるものの
追いつかれて勝利ならず。
6回4失点と思えば妥当な報酬か?

プロ通算2000奪三振も達成

ちなみに谷繁はあと6三振で
王のプロ通算三振(歴代10位)に並びます
何が『ちなみに』なんだか

4年目小林がプロ初勝利(日刊)

小林「ヒットもダメな場面だったんで、気持ちだけは負けないように投げました。チームが勝ってよかったです」(大本営)
「周りから言われて、そうかと思いました。ウイニングボールはもらいました」(日刊)

落合監督「(小林は)左を抑えるのが仕事。前田を抑えて自信になる? プロ野球選手なんだから(仕事をして当然だ)。」(日刊)

小林は同点においつかれた
6回裏二死一三塁で前田を抑えてプロ初勝利。

オレ竜、何とか連敗止めた(日刊)
オレ竜、冷や冷や連敗脱出…守護神・岩瀬「気合が入った」(サンスポ)
M消さん!落合監督必死…中日連敗「3」で脱出(報知)
勝っても投手陣の不調深刻 リーグ制覇へ正念場の中日 (共同通信・スポーツナビ)

岩瀬「きのう打たれたら、いけないところで打たれたので、気合が入った。勝ててよかったです」(サンスポ)

谷繁「これでいいんだ。苦しんで目の前の試合を勝つ大変さを再認識すればいい」(共同通信)

岩瀬は8回2死からの登板で34セーブ目。
岡本が不調だからというより
岩瀬を出すことによる効果を考えたんだろうなぁと思います

なんとなくですけど彼はこれから先
『かつてのキレはなくなった』とか言われ続けるんだろうなぁ
(ここ3年くらいずっとそうだと思う)

それでもなお積み上げたきたものの大きさを思うと
「きのうダメだったから、きょうも・・・」なんて思う気にはならんのですよね。

そのうち(遠い先であることを願っていますが)
そうも言っていられないときもくるのでしょうが
スワローズの高津みたいな道(MLBって意味じゃないです)もあるしなぁ



<ファーム:ドラゴンズ0-2カープ

C:010 001 000 =2
D:000 000 000 =0

(投手リレー)
C:森(4)-ベイル(1)-○齊藤(2)-佐竹(1)-S小山田(1)
D:●小笠原(6)−石川(2)−斉藤(1)

広島16回戦 屈辱的(公式HP)
小笠原 6イニング2失点も反省しきり(大本営)

小笠原「せっかく西を取りながら、あとちょっとのところで抑えきれなかった。2点より1点と少ないほうがいいに決まってるけど、そうできなかったのが今日の反省点です。
そういう場面できっちり抑えられるようにすることが課題です」(大本営)

前田「投手をもう少し守り立てることができればよかったけど・・・。守備でしっかり守ることが第一。投手を守り立てながら、0点で抑えられるように貢献していきたいですね」(大本営)

カープの継投の前に無安打無得点
小笠原は6回を投げて6安打無四球2失点。
6安打中まともなあたりのヒットはタイムリー2本だけど言うのが何ともはや・・・
(鞘師の二塁打はまともなサードなら捕っていたと思う。)
石川斉藤はそれぞれ無安打無失点。

打線は文字通り手も足も出ず。
前田は左手首骨折後初スタメン




|

« C6-7D(9.9)乱打戦 | トップページ | 出場選手登録(9.10)吉見昇格 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アホ野球:

« C6-7D(9.9)乱打戦 | トップページ | 出場選手登録(9.10)吉見昇格 »