« 山本昌広ノーヒットノーラン関連記事 | トップページ | D0-2T(9.17)8度目の完封負け »

2006.09.17

ノーヒッター山本昌

Masa09164 山本昌広投手ノーヒットノーラン達成から一夜明け

きのうが15:00開始だったせいもあって
余韻に浸る時間が長かったですね

8時ごろ
コンビニに大本営を買いにいったら1件目は『売り切れ』でした(苦笑)
(2件目で買いました)



ドラゴンズ3-0タイガース

山本昌が無安打無得点 中-神評(共同通信・スポーツナビ)
中日が5連勝、M15=プロ野球・中日-阪神(時事通信・スポーツナビ)
中日:山本昌抜群 M15に 阪神は2試合連続無得点(毎日新聞)
竜が連勝で虎に6差(日刊)


感動しました ノーヒットノーラン マサ、史上最年長41歳1カ月(大本営トップ)
中日・山本昌、自身初“無安打無得点試合”達成!!(スポニチ)
41歳山本昌、史上最年長ノーヒッター(日刊)
山本昌、40歳超えても進化続ける秘密(日刊)
山本昌、41歳史上最年長ノーヒットノーラン達成!竜M15(サンスポ)
山本昌41歳1か月ノーヒットノーラン…佐藤義抜いた史上最年長(報知)
山本昌が準完全試合!竜M「15」(デイリー)

山本昌「あまり実感がないんですけど、勝ったことがホントにうれしいです。
ビックリしてますけど、それよりもきょうの大事なゲームに勝ったことがうれしいですね。
昨日(15日)のケンシン(川上)と一緒で、5回、6回まで(頭の中が)真っ白で放っていた。
手が振れているなとは思ったけど、真ん中にいくボールが多く、制球が実は苦しかった。
谷繁がうまくリードしてくれたし、阪神の序盤の早打ちにも助けられた。
7回ぐらいでヒットが出ていないなと気付いたけど、そのうち出るだろうなと思っていた。9回はその気で投げたけど…。
先頭を打ち取ってからは、チャンスも、もうないだろうから、やりにいきました。
何より天王山で気合が入っていたし、昨日の川上のピッチングにも感激して、いつも以上の力が出たと思う。
長くやっているといろんな記録も出てくるけど、それより、マジック減らしに貢献できればいい。」(大本営)
「九回はその気で投げた。七回二死までのパーフェクトはあったはずだけど、記録に縁がない人なんで。ランナー2人出したら、(抑えの)岩瀬に代わってもらおうと思ってね」(サンスポ)
「(最後は俊足の)赤星だったけど、ここでセーフティー(バント)はないよなと」(報知)

落合監督「何も言うことはありません。こんな試合でノーヒット・ノーランをやって。(山本)昌へのご褒美だと思うよ。すべてにおいて良かったんじゃないか。」(毎日新聞)


配球の妙で好アシスト女房役(大本営)
女房役・谷繁、思い通りの好リードで「楽しかった」(スポニチ)
女房役の谷繁「楽しかった」(日刊)

谷繁「(試合終了直後の『リフトアップ』は)憲伸のときは持ち上げられたんだけど、あの人、100キロ以上あるでしょ。こっちの腰を痛めそうだから、途中であきらめました。
憲伸のときは力でねじ伏せたけど、山本さんの場合は相手との読み合いになるからね。相手が苦しんで、こっちの思うようにいったのが楽しかった。年に何回かのうちの1回ですよ。
それ(タイガースのはや打ちは)は2人目には気づきました。それならそれで、タイミングを外して打たせればいいやと…。」(大本営)


森野はショック…完全試合逃す唯一のエラー犯す(スポニチ)
森野が痛恨失策「9回は必死でした」(日刊)

森野「完全試合をボクが阻止したって言いたいんでしょう?。
9回は必死でした。何も考えられませんでした…。」(日刊)
「試合中は“やってしまったものは仕方ない”って思ったけど、終わってみたらあれだけで…。
赤星さんの足とか考えて。でも“守備位置が”という思いはある。」(スポニチ)
「ヒットを止めようとして三遊間寄りに守ったのが結果的に…」(サンスポ)

今回の試合で全国的知名度を得た森野(笑)
『スポーツ魂』で
森野のエラーは失点にならない』というドラ投手陣の格言(?)が
紹介されたのですが
実は、つい最近、昌本人が森野(実質ウッズ?)のエラーの直後に失点食らっています(苦笑)

同じインタビューで昌もいっていた
森野の守備が向上しているというのも事実でしょうし
全体に感じる森野への配慮もあるかな

ちなみに守備位置は『サンドラ』によると井端の指示らしい


荒木「なぜか憲伸さんの時ほど緊張感がなく最後の打球も捕れたらいいなってくらいでした」(大本営)

井端「気楽に守れました。
ヒットを打たれなければいいと思ってました。自分のところに転がってきたら、とにかく一塁へ強く投げればいいと思ってました。」(大本営)

福留「きょうはマサさんだよ。守備についているときは頑張ってくれという気持ちと、中途半端な打球は飛んでくるなという気持ちだったね」(日刊)

ウッズ「素晴らしいよ。相手のタイミングを外す彼らしい投球を見せてくれたね」(大本営)

渡辺「ボクにとっては高校の先輩でもありますからすごくうれしいです。でもいつも以上に緊張しましたね。内野安打も防がなきゃと思っていましたから」(大本営)

井上「守っててリズムの良さを感じました。こんな天王山で、快挙を達成するなんてすごいの一言です」(大本営)

立浪「年は(山本昌が)上だけど、出だしが一緒だったので苦労もともにしてきた。大事な試合で、あの投球はすごいことだと思う」(日刊)


T・赤星「積極的に打っていったんだけど。きょうは何をいっても言い訳になる」(大本営)

T・関本「序盤は狙い球を絞った?絞りきれなかったから、最初のように積極的にはいけない。何回も対戦している投手なんだけど」(大本営)

T・シーツ「山本はベリーグットだった。ベストピッチだった」(大本営)

T・金本「山本昌は調子よかった?どうやろうなあ。知らん。分からんよ」(大本営)

T・浜中「山本昌はよかったんとちゃう」(大本営)

T・鳥谷「分からないです。どんな策をとった?分からないです」(大本営)

T・矢野「きょうの山本昌は全然どうにもならない感じはなかったが、こっちが力んでしまった」(大本営)

T・藤本「甘い球はきていたんだけど。とらえきれなかった」(大本営)

T・スペンサー「いつも通りに打席に入った。自分のスイングをした結果だよ」(大本営)

T・中村豊「最後はつないで?そう思っていない人間はいないよ。山本昌?僕に聞いても仕方がないでしょ」(大本営)


渡田球審「今日は阪神が早うちでしたね。阪神打線が早く打った結果だと思います。僕は審判になって初めての経験です」(大本営)


E・山崎「よかったじゃん。おっさん連中の励みになりました。僕もうれしいね」(大本営)

E・関川「すごいね。さすがです。この勢いで早く200勝してほしいですね。」(大本営)

E・鹿島コーチ「ウチの投手陣に欲しいね、って書いておいてよ」(大本営)


ワールドウイング(オフの自主トレ先)・小山代表「テレビでずっと見てました。マサくんが投げる試合はどんなことがあっても必ず見るようにしてるんです。
猛烈に感動してます。言葉にならない。もう10年以上の付き合いになるけど、いつかこう言う日が来ることを信じてましたから。あとは200勝ですがこれも彼なら必ず成し遂げてくれます。
プロゴルファーの青木(功)さんもうちのジムに来てくれるのだけれど、彼も私と同じ意見。筋肉と言うのはトレーニングによって作られるものなんです。その意味でマサくんの肉体に関してもジムに来るようになった頃と今ではまるで違うんです質も付き方も。
例えば肩の関節の可動域なんて、信じられないくらい広がった。それだけ関節も筋肉も柔らかくなったということ。初動負荷と言う私が提唱している理論は神経系の動きを改善するもの。その最先端をマサくん、岩瀬くんイチローくんは走ってる。イチローくんが今度のマサくんの快挙にどんな感想を持つのか、それが今から楽しみ、マサくんはドンドン進化してます。これからも誰もできないような記録を作ってくれるような気がするし、そうなってほしいです」(日刊)

ドラゴンズナイン、
タイガースナインと
球審の渡田氏、
オフの自主トレ先の代表、
そしてなぜか(笑)イーグルス関係者のコメント


井端&ウッズ“援護弾”2発快勝でマジック「15」に(スポニチ)
井端、ウッズが快挙アシスト2発(日刊)

井端「ホームランは狙ったわけじゃないですが、右方向へしっかりと打てました。練習でも打てないような当たりにびっくりです。しかも大事な一戦で打てて、ちょっと嬉しいですね。
マジックの数が問題ではなく、あとの残り試合を全力で戦えば優勝が待っているということ。」(スポニチ)

ウッズ「カーブとかストレートとかじゃなく、ストライクなら全部振っていくつもりだった。あと24試合で40本までいけば、いいシーズンだったと言えるけどね。
それ(打点の多さ)はたくさんのチャンスをつくってくれているチームメートのおかげでもあるよ。」(スポニチ)

井端とウッズがそれぞれライトにホームラン。
基本的には福原にねじ伏せられたんですけどね。


佐藤充「ビデオで見てもフォームのどこを直さなきゃいけないというところはないんです。
10日間で戻れるように頑張ります。」(大本営ドラ番記者)


佐藤充は2軍調整中
最短の登録は21日。



<ファーム:ドラゴンズ2-0名古屋ウエルネススポーツカレッジ

W:000 000 000 =0
D:101 000 00- =2

(投手リレー)
D:チェン(4)−川岸(1)-高江洲(1)-金本(1)-樋口(1)-加藤(0・2)-斉藤(0・1)

結果記録(ウエルネススポーツカレッジ公式HP)
堂上 4番の役割果たす(大本営)

堂上「4番目の打者という気持ちじゃなくて、4番打者なんだという自信を持って打席に入りました。タイミングの取り方を変えたけど、感じよく打てたと思います。
これまでとは違う自分になりたい。すべてにおいて、これまで以上に一生懸命取り組んで、何かをつかんできたいです。」(大本営)

樋口「抑えなきゃいけなかったのに、無駄な四球を出してしまったのがよくなかった。今は結果を積み重ねていくことしか考えていないので…。」(大本営)

ウェルネススポーツカレッジと練習試合
4回ノーヒットのチェンより
4番の堂上がメインの記事というのは
相手のレベルのせいもあるでしょうが、

『政治的配慮』もあるものと思われます(苦笑)



そのほかの話題

ファンクラブの会員更新・新規手続きについて
ファンクラブのサイトで募集要項などが発表されましたね。
(それにしてもほとんど何もないサイトだ)


マサおめでと~ ノーヒットノーランにファン歓喜(大本営)

東海ラジオ村上アナ「9回表はドキドキしてしまいました。初実況(94年)以来の緊張でした」(大本営)

CBCラジオ宮部アナ「ノーヒットノーランは見るのも話すのも初めて。幸せです」(大本営)

なぜかこんなところに前ドラ版キャップの記事が・・・


高田総統、竜必勝ビターン(大本営)

M軍高田総統「ちょっとやりすぎたかな。
どうだ見たか。きょうの洗脳は歴史的ビターンだ。私のすごさを中日の諸君はよく分かったかな。これで明日にも優勝が決まるのではないか? 日本一を決めるというシリーズとやらも楽しみだな。私が洗脳したのだから、負けるわけがない。モンスター軍のような強さでぶっちぎりだよ」(大本営)

ドアラがモンター軍入り?
というかこんな日に高田総統が大本営本部に来ていたのかよ

Mji

(写真:試合終了直後、M字ビターンでドラゴンズファンを洗脳する落合監督と山本昌)




|

« 山本昌広ノーヒットノーラン関連記事 | トップページ | D0-2T(9.17)8度目の完封負け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーヒッター山本昌:

» 【ドラゴンズ】気持ちのコントロール [outlandos d'amour]
 原因があって結果がある。まさにこの言葉がぴったりのドラゴンズ先発・朝倉の失点であった。七回表一死から、シーツに与えた死球。シーツは朝倉を睨みつけたが、朝倉もシーツを睨みつけた。続く金本に…。イライラしたのが高くついた。気持ちのコントロールに失敗した。...... [続きを読む]

受信: 2006.09.17 19:30

« 山本昌広ノーヒットノーラン関連記事 | トップページ | D0-2T(9.17)8度目の完封負け »