« C8-7D(9.8)朝倉劇場~広島死闘編~ | トップページ | ファーム生観戦D0-2C(9.9)無安打無得点試合 »

2006.09.09

3連敗でマジック22のまま

カープに逆転負けで
スワローズ戦からの連敗は3

采配の入り込む隙のないくらいの
投球を先発投手がやってくれるのが
一番楽な勝ち方ではあるのですが・・・



カープ8-7ドラゴンズ

広島がサヨナラ勝ち 広-中評(共同通信・スポーツナビ)
広島がサヨナラ勝ち=プロ野球・広島-中日ト(時事通信・スポーツナビ)
広島:今季3度目のサヨナラ勝ち 中日投手陣踏ん張れず(毎日新聞)
竜、5点差守れず延長サヨナラ負け(日刊)

落合監督「選手も悔しいんじゃねえか。これで引き締まる。変わるんじゃねえか。いい方向に出るよ。
球場の狭さ? それはお互いさまだ。きょうはただ、こういう1日だったということ。1つ勝つというのは、そんな簡単なことじゃない。大変なんだ。」(大本営)

竜が変!!想定外 延長10回サヨナラ負け 8回2死まで5点リードも・・・3連敗トラと5差(大本営トップ)
中日、痛恨3連敗…5点差守れず“まさかの投壊”(スポニチ)
オレ竜、5点差守れずサヨナラ負けく(日刊)
中日大逆転負け…朝倉が突然崩れ救援陣もリード守れず(サンスポ)
竜まさか5点差逆転負け…10回サヨナラ●(報知)
屈辱のサヨナラ負け…オレ竜3連敗(デイリー)
終盤にまさかの落とし穴 中日、5点リード守れず(共同通信・スポーツナビ)

朝倉、痛恨1球(大本営)
朝倉8回2死から“突然の乱調”5失点で白星逃す(スポニチ)
朝倉、自己最多タイ11勝目ならず(日刊)

朝倉「11勝? 関係ないです。ボクはチームが勝てばそれでいい。そう思って投げています。同点にされたけど、その後もチームが勝てば、と…。
(8回は)一番やっちゃいけないことをしてしまいました。甘いところにいってしまった。」(大本営)

平井「打たれたんだから甘かったということです。これだけ点差があったのに、逆転されてしまって」(大本営)

守護神岩瀬が逃げ切り失敗(日刊)

岩瀬「(岡上のカウントが)2-3だったので、真っすぐの力勝負でした。打たれたんだから、甘いボールだったんでしょう。切り替えるしかありません」(大本営)
「調子は悪くなかった。仕方がない。切り替えるしかない」(報知)

岡本痛恨サヨナラ打(日刊)

岡本「調子はいつも通り。準備もしてた。力がなかったということです」(大本営)
「(打たれたのは)スライダーです。空振りを取ろうとした球です」(日刊)

森コーチ「前が良すぎただけ。これが現実。阪神は負けられない。ウチは負けても大丈夫という心の甘さなんだよ」(スポニチ)

ちょっとずつ

朝倉・・・きのうも書いたけど前田のあと森笠抑えていれば3点差で直に岩瀬、
何の問題もなかった。
(前田に打たれなければベターなのは言うまでもない)
あそこでのスイッチそのものは理解できるが、
もし川上だったら続投だっただろうという思いもある。
(今までの朝倉なら8回に代打だったとも思う)
過去の実績に差はあるとはいえ
8回にマウンドに立ったなら投げ切らせてもらえるくらいになれ。

平井・・・『打たれた本人が一番悪い』という前提で以下、

8回表に朝倉が打席に入った時点で1回『切ってる』のでは?
本当は鈴木を出したい場面だったが
結果的に前日の9回は本当に無駄使いだった。(8回もどうかと思うが)
ただ、「一発病があるから平井はない」というのなら一軍にいるべきじゃないし
あの状況になってしまえば
平井という人選はそのものは妥当だっただろう。

岩瀬・・・4月4日以来のセーブシチュエーションでの失敗
(同点時も含めれば5月9日以来の救援失敗)。

「こんなこともある」の範疇ではあるが
それがチームの状況に直結するのがクローザー。
厳しいけど、こういうところはきちんと抑えたい。
(市民球場は今季初登板だったんだねぇ)

岡本・・・2-0から投げる球ではない・・・が。
そもそも敗戦投手(久本)のコメントが大本営にないというのが
この継投の微妙さを物語る。
(追いついての延長じゃなく、勝ちパターン投手で追いつかれての延長とはいえ)
久本、聡文、小林・・・頭数だけはいるのに・・・

森コーチ・・・たぶんアンタが一番甘い


福留、井上、森野 竜1ヵ月ぶり3発(大本営)

福留「うまく打てました。先制できたのはよかったんだけど」(大本営)


井上「タイミングばっちり。感触十分でした」(毎日新聞)

森野「いい感じで打てました。最近、いい時と悪いときがはっきりしているんです。だから、打った感触を上手く次につなぎたい」(毎日新聞)

打線は結局5回だけという感もありますね。

3連敗中の川上がフォーム矯正(日刊)




落合監督「(94年のジャイアンツの)あの時は何だったんだろうね。わからない。でも、あの時と今は全然状況が違う」(大本営)

川相「全然状況が違う。あの時は本当に何をしても勝てなかった。今は少しでも勝っているでしょ。阪神もお付き合いしてくれているわけだしね」(大本営)

ジャイアンツが失速した94.10.8で
ジャイアンツに在籍していた落合監督を川相が
あの当時を振り返ってのコメント。

シーズンの流れはともかく
試合そのものについては
当時の自分は、試合直前まではドラゴンズの勝算は
今中をもってしても低いって思っていた。
槙原が先発と聞いて「やっと五分」と思い直したケド
(桑田だとまず打てないと思っていた)

一番の「たられば」は平日だけど移動日をはさまずに
10月7日に試合をやっていれば・・・だったかな

個人的に「点差以上の差の敗戦」(10.8そのものは3点差)の最たる例です。



<ファーム:ドラゴンズ6-1カープ

C:000 000 010 =1
D:202 100 01- =6

(投手リレー)
中里(3)-石川(1)-佐藤亮(2)-落合(2)-金剛(1)

広島15回戦(公式HP)
中里 先発でもいける(大本営)
中里が2軍戦でテスト先発(日刊)

中里「中継ぎと違って、ちょっと緊張感のある登板でした。1、2球抜けたけど、0に抑えられてほっとしています。スタミナが足りないのが一番だけど、使ってもらえるのならどこでもいいので1軍で投げたい。9月、10月と投げられればいいと思います。」(大本営)

桜井「1試合いい緊張感の中で、すごく集中できました。残り試合は少ないですけど、全試合で結果を残せるように、これからも積極的に行きたいと思います」(大本営)
「5ヶ月ぶりの試合で疲れました。3安打は・・・・・まぐれです。それより、足が張って、塁に出て走りすぎたかな?走り込みが足りないのかな?でも、手首はOK大丈夫です」(公式HP)

中里は先発して3回2安打無失点。
3番手の佐藤亮が2回無失点で勝利投手。
全体でもカープ打線を3安打に抑えました

打線では右手首の負傷で試合から遠ざかっていた
櫻井が復帰戦で4打数3安打。

万が一にもないだろうけど(そもそも「日本シリーズをにらんでいる」って日刊勝手に言ってるだけじゃあ・・・)
中里を日本シリーズで先発なんかさせるなよ>他の先発投手陣




|

« C8-7D(9.8)朝倉劇場~広島死闘編~ | トップページ | ファーム生観戦D0-2C(9.9)無安打無得点試合 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3連敗でマジック22のまま:

« C8-7D(9.8)朝倉劇場~広島死闘編~ | トップページ | ファーム生観戦D0-2C(9.9)無安打無得点試合 »