« S7-5D(9.23)暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | S4‐1D(9.24)朝倉劇場〜痛乱編 »

2006.09.24

きのうのブルペンを見ていて

2回頃から
鈴木久本
つづいて
かるく平井、その横で小林(あいかわらずコントロール悪かったな)
すこし間が空いて
かるく岡本、中里(ここの岡本の順番があいまい)
鈴木久本小林が2回目以降を作るわきで
デニーが長い距離を投げ始める→普通にブルペン
その後鈴木がマウンドへ行くころ岡本2回目
問題の7回まででこんなものだと思います

(ビハインドになってから岩瀬が軽めの投球)

なんとなくですが
「平井が投げられない(登録抹消するほどではない)理由でもあるのか」

とか考えてしまう東京の朝です。
この2週間で1回しか登板がないし・・・

考えすぎであればよいのですが



スワローズ7-5ドラゴンズ

中日、逆転負け ヤ-中評(共同通信・スポーツナビ)
ヤクルトが逆転勝ち=プロ野球・ヤクルト-中日(時事通信・スポーツナビ)
ヤクルト:逆転で勝利 敗れた中日、マジック12のまま(毎日新聞)
逆転負けでマジック停滞(日刊)

落合監督「(ウッズの失策は)完ぺきってものはない。それを言っちゃおしまいだ。手を抜いてやっているわけじゃないし。ちょっと打つ手を間違えると、こうなる。結果で言えばだけど、1点を取りにいって、5点を取られたってことだ。
(7回は)1点を守りにいった? いや守るのは9回だ。そこまではどうやって行くか(だけを考える)。まあ打つ方がこれだけ粘ってくれればな…」(大本営)



竜、魔の7回スクイズ失敗…流れガラリ(大本営トップ)
中日ミスから中継ぎ崩壊…逆転負け「M12」で停滞(スポニチ)
オレ竜ミスで自滅…虎と4差に(日刊)
ミス響きまさかの逆転負け…竜M12足踏み、虎に再び4差(サンスポ)
オレ竜足踏み…7回5失点で逆転負け(報知)
落合竜ミス敗戦…M12で停滞(デイリー)

ウッズ失策、流れ手放す 勝ち試合落とした中日(共同通信・スポーツナビ)

ウッズ「集中力を切らせてしまった。本塁打? 優勝することしか考えていない」(サンスポ)

ウッズは荒木が捕れそうなフライを自分で捕ったり、
この日に関しては
「ケンタッキーダービー」みたいなことはなく
やる気はあったと思うんですよ。
単純にヘタクソなだけで

エラーなしでも内野安打とか
悪送球して一三塁とか
あれより酷いこともやりそうだし(苦笑)

久本「ウッズのエラー? それをカバーするのが、チームですから。」(報知)
「せっかく信頼してもらったのに、それにこたえられませんでした…」(日刊)

森コーチ「(7回久本起用の理由は)2つある。1つは結果を出していたということ。
(理由の)もう1つは答えられない。先を見据えて? それはない。」(大本営)

そもそも度会にヒット打たれたのがいけないわけです(断言)。
「岩村まで」って切り方をしようとすると
リグスが何とも邪魔ではあるんですよね。
(それにしたってリグスに打たれすぎですが)

本当にヤマと思っていれば
平井、岡本、岩瀬以外なら1番青木以降『1人1殺』もありですが・・・
あとは『鈴木対左打者』は今年はもう遅いとはいえ
来年以降はこちらからは避けたくないなぁ


マサ、消えた190勝(大本営)
山本昌「しょうがない」…6回2失点も10勝目お預け(スポニチ)
山本昌粘投も2ケタ勝利お預け(日刊)

山本昌「調子は悪かった。何とか試合を作れたかな。」(サンスポ)
「仕方がないよ」(報知)

山本昌はどうなることかという立ち上がりでしたが、
勝ちの権利をもって降板。
好投しても勝てないことも
悪くても勝ったことも
救援にすくわれたことも、逆に白星奪われたことも
一度や二度ではないですからね。
それこそ「仕方がない」部分でしょう。

現時点から『残り時間』と『大目標』を見渡すとともったいないと思うこともありますが
5年くらい前はここ(189勝)まで来るのも苦しいのかなって感じていたしなぁ


シーズン最多11号 井上(大本営)
井上が自己最多タイ11号(日刊)

井上「(狭い)神宮ならではの1発だね。風に負けずよく入ってくれた。
「(自己記録のシーズン11号)恥ずかしいから触れないで。終わってみれば、もっと打っているようにするから」(大本営)

井上は自己最多のシーズン11本塁打。


3安打1打点福留「粘る姿勢見せた」(日刊)

福留「最後まで粘っていく姿勢を見せられたと思う。これをつなげていかないといけない」(日刊)

福留は安定していますね3安打1打点。



<ファーム:カープ3-2ドラゴンズ

D:010 010 000 =2
C:002 000 01- =3

(投手リレー)
佐藤亮(5)-斉藤(1)-落合(1)-石井(1)

(本塁打)
森岡(2回1点)

ファーム情報(カープ公式)
佐藤亮 5イニング2失点(大本営)

佐藤亮「(調子は悪くなかったけど、自分自身で苦しめてしまった。もっと味方の攻撃にリズムをつくれるような投球をしていきたい」(大本営)

1軍合流を終えた佐藤亮が登板
5イニング9安打2失点

打線は大島相手に2得点
中川が隠し球に引っ掛かったりしたのですね。



そのほかの話題

梶本隆夫氏が死去 プロ野球阪急の元エース(共同通信・スポーツナビ)
平井が梶本氏死去に沈痛な表情(日刊)

平井「選手とコーチという関係でのつながりはありませんでしたけど、僕のオリックスの時の背番号(33番)が、(前身の阪急の)梶本さんと同じということで、よく声をかけていただいたことを覚えています。ご冥福をお祈りします。」(日刊)

山本昌「71歳ですか。まだ若いのにね。98年、99年と2年間コーチと選手としてお付き合いさせていただきました。温厚という言葉がぴったりな方でしたね。一緒に野球教室をしたり、思い出は尽きません」(大本営)

なんというか
ブレーブスもバファローズもある意味ではブルーウェイブさえ
その歴史は一企業につぶされたんだよなぁ・・・
とか思うことがあるわけです

桑田、巨人退団示唆 他球団でプレーか(共同通信・スポーツナビ)

立浪「ボクは桑田さんを見て、ずっとプレーをしてきたんです。遅かれ早かれ(引退するときは)くるとは思いますが、1年でも長く野球をやってもらいたいです。またどこかで対戦できればと思います」(大本営)

福留「直接聞いていないので、何ともいえないですね。ただ本人が決断したことだから、それが正しいのだと思います。1年でも長く現役を続けてほしい気持ちは当然ありますが」(大本営)

山本昌「そういう話を球団としたのかなあ。事情は分からないけど、あれほどのピッチャーだから、がんばってというしかないですね」(大本営)

井手編成担当「今のところ獲得するつもりはありません」(大本営)

ジャイアンツ桑田が球団公式HPで退団を示唆。



|

« S7-5D(9.23)暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | S4‐1D(9.24)朝倉劇場〜痛乱編 »

コメント

平井センセー、今日あたり念願の先発だったりして。

投稿: Frantz von Marinedolf | 2006.09.24 16:08

>>Frantz von Marinedolfさん

微妙な場面から2イニング登板しましたね。

こうなると金曜の久本の使い方が
どうなんだろう?って気にもなるんですけどね

何はなくとも平井は無事そうでなりよりでした

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.09.24 22:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きのうのブルペンを見ていて:

« S7-5D(9.23)暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | S4‐1D(9.24)朝倉劇場〜痛乱編 »