« D0-2T(9.17)8度目の完封負け | トップページ | YB4-6D(9.18)吉見初先発初勝利 »

2006.09.18

朝倉劇場~痛恨編~

朝倉の健闘も報われず
タイガース戦の3連勝は逃しました。

今週のドラゴンズは関東遠征ですね



ドラゴンズ0-2タイガース

阪神3投手が無失点リレー 中-神評(共同通信・スポーツナビ)
阪神・金本が決勝アーチ=プロ野球・中日-阪神(時事通信・スポーツナビ)
阪神:金本の2ランで雪辱 中日は今季8度目の零封負け(毎日新聞)
竜、虎に完封負け…連勝5でストップ(日刊)

落合監督「阪神と2勝1敗? まだまだ、(甲子園で)あと3試合。ガップリ四つのチーム同士だから。きょうはあっちに勝ち運があった」(サンスポ)


落合“悠然”「今の戦いでいい」(大本営トップ)
虎に完敗も、オレ竜余裕の1敗(日刊)
落合竜 M「15」に余裕の零敗(デイリー)

荒木「(安藤は)低めに決まってコントロールがよかった。記録? あっ、そうだ。また頑張ります。」(大本営)

ウッズ「安藤は良かったけど、おれのミスショットもあった。」(大本営)

井端「3連勝するに越したことはないけど、この3連戦は1つでも勝てば阪神を追い込めると思ってたから。」(デイリー)

高代コーチ「(安藤は)コントロールもよかったし、腕も触れていた2勝1敗だから御の字じゃないか。」(大本営)

井本スコアラー「(安藤は)甘い球がそんなになかったですね。低めに決められたらそうは打てない。」(大本営)


朝倉は責められん シーツの威嚇に動揺!?直後金本に被弾…(大本営)
朝倉1球に泣く…7回1死一塁、悔やまれる失投(スポニチ)
朝倉力投、余裕の零敗 直接対決で圧倒した竜(共同通信・スポーツナビ)

朝倉「ゲッツーを取りにいこうと思った。
リズムよく投げることが出来たが、あの一球が……。悔しいです」(毎日新聞)

落合監督「朝倉はそれなりに投げたと思う。失投といっても、失投は誰にでもあるもの。」(CBC)

T・シーツ「朝倉にはこれまで、3回ぐらい顔の近くに投げられているんだ。おなかならいいけど、顔はね・・・。チーム初安打を放った?勝てばいいよ」(大本営)


中日・岩瀬投入実らず…指揮官、敗戦にも余裕(スポニチ)
守護神・岩瀬が調整登板で貫禄(日刊)
落合竜、今季8度目0封も余裕の1敗…中7日・岩瀬は調整登板(サンスポ)

岩瀬「(事前に)聞いてはなかったけど、そんなこともあろうかと準備はしていました。実戦で投げられてよかった」(大本営)

落合監督「調整登板。本当は1人の予定だったんだけど…。」(サンスポ)

岩瀬は中7日で調整登板。
2アウトからの登板予定も
併殺の可能性もあり1アウトからの登板だったようです。


立浪、明日への二塁打(大本営)
立浪が代打で二塁打(日刊)

立浪「先頭打者だったので何でもいいから、塁に出ようと思っていた。(同一カードで)3連勝できれば最高ですけど、なかなかそうはいかない。また明日から頑張ります。」(日刊)

立浪は8回先頭打者で代打ツーベース。

福留「こんな日もあるよ。明日?そうそう。」(大本営)

福留は10試合連続安打。

井上「選手は快く引き受けてくれてます。選手も大変だろうけど、やっぱり(ファンサービスも)試合と同じくらい大切なものだからね」(大本営)

ドラゴンズナインは
試合後、ファンサービスのイベントをこなしたあと
日曜日中に新幹線で横浜へと移動

快挙から一夜、山本昌がベテランの気遣い(日刊)
快挙の山本昌に特別ボーナス(日刊)

山本昌「あれがあったから記録ができた。あれがなかったら緊張しすぎて達成していなかったよ。きょうもすごく申し訳なさそうな顔して元気ないな…。気にしなくていいのに。」(日刊)
きょうだけはジャニーズだから」(サンスポ

川相「マサにミラクルだ!。」(日刊)

デニー「川上の時(交流戦マリーンズ戦)は投手全員でベンチに行って、その後すぐ打たれた。だから今回は、『絶対ブルペンから出るなよ』ってみんなで言い合って、我慢してモニターで見ていたんだよ」(大本営・ドラ番記者)

ノーヒットノーランから一夜明けた昌、この日も注目の的だったようです。
というか川相のダジャレは・・・


格闘家の所英男が始球式(日刊)

所英男「緊張して訳がわからなかった。
もうここまできたら、頑張ってとしかいえません。」(日刊)

Hero'sを主戦場とする格闘家の所英男が始球式。
同日の大本営(朝刊)でハッスルのPRをしておいて
節操がないというか(苦笑)

CBC(TBS系)の放送ってこともあったんだろうな。

近藤営業部長「阪神にもう少し頑張ってほしかったけど、切符の方は“両睨み”で横浜戦も広島戦も売れ行きは伸びてます。」(サンスポ)

監督は『うるぐす』では「残り6試合くらい残して優勝が理想」っていってましたね。
だとしたら横浜スタジアムで胴上げです。


佐藤充が降格後、初の投球練習(日刊)

佐藤充「思ったより感じが良かったんで、気分はいいですよ」(日刊)

佐藤充が降格後初のプルペンピッチ



<ファーム:ドラゴンズ3-0西濃運輸

S:000 000 000 =0
D:001 001 10- =3

(投手リレー)
D:小笠原(5)−石井(2)-長峰(1)-高橋聡(1)

(本塁打)
沢井、清水

石井 足首もう大丈夫(大本営)

石井「間隔を確かめるための当番で、久々だったから球も少し高めにういたし、最初は微妙だったけど(ピンチになって)腕が思い切り振れたからよかったと思います。
左足首はもう大丈夫。これからも結果を残して、もう一度、1軍に戻れるようにがんばりたいです」(大本営)

沢井「調子が上がってきたところでケガをしてしまったけど、その間もずっといいイメージを持ち続けられた。これからも試合に出してもらったら、結果を出していきたいですね。」(大本営)

西濃運輸と練習試合
6日のスワローズ戦で左足首に打球を当てて登録抹消された
石井が登板して2回2安打無失点。

先発は小笠原で5回4安打無失点

一軍のベイスターズ戦は
中田、吉見、マルティネスで回すことになりそうです。




|

« D0-2T(9.17)8度目の完封負け | トップページ | YB4-6D(9.18)吉見初先発初勝利 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉劇場~痛恨編~:

» 阪神 金本の2ランで連敗脱出 [スポーツニュース]
最後の最後で長いトンネルから脱出できた。阪神が4番・金本知憲外野手(38)の22号2ランで中日に一矢報い、ナゴヤドームでの連敗を「10」で止めた。ロード全敗という球団史上初の屈辱を免れる価値ある一発。ゲーム差は「5」と依然厳しいが、連覇の可能性は消えてはいない。残り16試合、主砲の責務としてかすかな希望を全力で追い求める。 しがみついた命綱が、不気味なうめき声を上げていた。 もう、後が�... [続きを読む]

受信: 2006.09.18 15:55

« D0-2T(9.17)8度目の完封負け | トップページ | YB4-6D(9.18)吉見初先発初勝利 »