« 出場選手登録(9.15)中里登録 | トップページ | これが答えだ »

2006.09.16

D7-0T(9.15)憲伸復活

タイガースとのナゴヤドーム最後の3連戦
その初戦はKawakamishout
3連敗中だった川上が
久しぶりの好投で15勝目。
打線はホームランなしでも11安打7点。

一言で言うと『完勝』ってヤツです

リーグ優勝へのマジックナンバーは17

9月15日(ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Tigers 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Dragons 2 0 0 0 0 1 3 1 - 7
投手リレー

T:●下柳-久保田-桟原

D:○川上-中里-小林-鈴木

本塁打

なし

先発は中7日で川上
打線は好調井上を6番で起用しするオーダー

川上の好投に尽きるということなのでしょう。
初回の援護もありましたが
それでも中盤までジリジリした展開の中、よく投げて15勝目。

日本シリーズ2勝込みで20勝に届くかな?

打線はアライバ速攻で先制すると
得点機が潰えかけた1回のうちに2点目を取って試合を優位に

相手のミスにもつけこみ
7回以降は病み上がりの久保田から確実に加点して
試合を決めました

それにしても・・・7点差とはいえ・・・
この展開で中里(ついでに小林まで)のテストみたいなことするのかよ。
監督、タイガーズってチームはもうみてないな(苦笑)

スコア速報(日刊)
(ネットで結果閲覧)

井端(1回先制適時打)「打ったのはシュート。セカンドにランナーがいたので、右狙いでいいかなと楽な気持ちで打席に入ったのが良かった」(日刊)

アレックス(1回2点目適時打)「打ったのはフォークかチェンジアップ。変化球が多い投手なのでジャストミートを心がけた。打てて良かったよ」(日刊)

谷繁(6回3点目適時二塁打)「いいところに飛んでってくれました。中盤で追加点が欲しかったからね」(日刊)

井上(7回3点適時二塁打)「打ったのはフォークボール。外野手が前に守っていたので、芯に当れば何とかなると思っていた」(日刊)

川上(先発・8回無失点:15勝目)「自分でどう抑えたかを覚えてないほど気合を入れて投げた。必死で投げました。正直、精神的にまいっていて、打たれたらどうしようと、ドキドキしてたけど最高の気分です。」(日刊)

|

« 出場選手登録(9.15)中里登録 | トップページ | これが答えだ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D7-0T(9.15)憲伸復活:

» 天王山第一章 エースの復活 [miruの雑記帳]
 阪神|000 000 000|0  中日|200 001 31×|7 勝:憲伸 敗:下柳 ゲーム差が4になり逆に逆転優勝しないといけないと、力みが入ってしまったのか阪神は記録に出ないエラーを連発。 そのミスに付け込んで初回から井端がタイムリー、ウッズが打てなくても続くアレックスがタイムリー。 さらに2アウトから作った満塁のチャンスは選手会長井上�... [続きを読む]

受信: 2006.09.16 10:18

» 吠える川上 [ドラゴンズが気になる。]
9月15日 阪神17回戦 12勝4敗1分(ナゴヤドーム) M17阪  神0000000000中  日20000131X7〔中〕川上、中里、小林、鈴木 〔神〕下柳、久保田、桟原 勝=川上15勝5敗 負=下柳10勝11敗 久し振りに見ました。川上が吠えるピッチング。中田のクールさとは別の味があります。最高です。素晴らしい。 初回に2点取れたのが、川上の精... [続きを読む]

受信: 2006.09.16 11:08

» D7-0T 格 [+リポメモ+]
ここ数試合、背信投球を続け、 すっかり“エース格”級に成り下がってしまった川上。 しかし、この大事な首位攻防戦では、しっかり“格”の違いを見せ付けた川上。 エース格なのか、格が上なのか。もちろん後者ですよね。エース! おまけに打者とも、打者としても気合満点“..... [続きを読む]

受信: 2006.09.16 12:20

« 出場選手登録(9.15)中里登録 | トップページ | これが答えだ »