« 3連敗でマジック22のまま | トップページ | C6-7D(9.9)乱打戦 »

2006.09.09

ファーム生観戦D0-2C(9.9)無安打無得点試合

約4ヶ月ぶりに2軍の試合を生で見たのですが
(違う言葉では『現実(1軍)逃避』という)
ノーヒットノーラン試合でした

ただしやられたのはドラゴンズ・・・

C:010 001 000 =2
D:000 000 000 =0

(投手リレー)
C:森(4)-ベイル(1)-○齊藤(2)-佐竹(1)-S小山田(1)
D:●小笠原(6)−石川(2)−斉藤(1)

(本塁打)
なし
(二塁打)
鞘師(5回)
(盗塁)
天谷(6回)
(牽制死)
藤井(2回)
(失策)
新井(9回)
(併殺)
C1、D1

(左はスタメン)
1(遊)鎌田(3−0)
2(二)森岡(2−0)→柳田(2-0)
3(右)上田(2−0)
4(三)新井(2−0)
5(一)堂上(3−0)
6(左)春田(0−0)→高橋光(1-0)→桜井(1-0)
7(中)藤井(2−0)→普久原(1-0)
8(捕)前田(2−0)→沢井(1-0)
9(投)小笠原(1−0)→平田(1-0)→清水(1-0)

来週、水曜の一軍先発投手は吉見あたりの抜擢?

二回表
甲斐、山本芳連打。
比嘉併殺、二死三塁から鞘師が中前適時打。

五回裏
二番手ベイルに対し、代打高橋光は二ゴロ。

六回表
天谷の内野安打をきっかけに二死三塁とし、甲斐が左前適時打。
小笠原は6回6安打無四球2失点

九回裏
カープの5投手継投の前に無安打無得点(4四球)。
正直惜しいあたりもほとんどなかったし
(あえていうなら9回の清水のセカンドライナーか)
6回の途中くらいから
ボテボテの内野安打くらいしかヒットはないだろうと思っていたのですが・・・

珍しいものを見ました

4ヶ月ぶりのファーム観戦でしたが
ちらちらっと

小笠原
真新しいことはなし。無四球なのは評価してもよい。
6回2失点。ほぼデフォルトの小笠原です。
(言葉にするのは難しいですけど
必ずしも批判的なニュアンスばかりでもないです。
1軍の先発で試合を作ることくらいはできるだろうな・・・と)

平田
外野練習では普通に投げるようになってますね
隣にいたのが藤井だからどうしても弱肩に見えるが・・・
実際ちょっと危なっかしいのかな?
打撃は代打で斎藤に対しムリに全部の球を追いかけていって空振り三振

光信
初球打ちセカンドゴロ
評価も何もなし

藤井
守備範囲の広さはさすがだし
走塁への意欲もあるが
それが裏目に出て牽制死。

石川
(2回完璧)
よかったんだけど
球場の雰囲気がすでに石川の投球に興味がなかった(苦笑)

斉藤
(1回無安打)
サイドっぽい投げ方から緩い球を使うスタイル
慣れられたあとどうするかが課題なのかな

樋口
(ブルペン)
サイド転向みたいなことも言われましたが
「サイド」って感じじゃないなぁ。
もともと高いところから腕を出す投手じゃないし・・・元に戻した?

|

« 3連敗でマジック22のまま | トップページ | C6-7D(9.9)乱打戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファーム生観戦D0-2C(9.9)無安打無得点試合:

« 3連敗でマジック22のまま | トップページ | C6-7D(9.9)乱打戦 »