« D4-2G(7.30)岩瀬通過点の100セーブ | トップページ | 本家高校野球の季節です »

2006.07.31

後半戦好スタート

ジャイアンツにも3連勝して
後半開始のナゴヤ6連戦は全勝!

タイガースとは6ゲーム差
このあとちょっとこまごました遠征ですが
ひとつひとつ大切に



ドラゴンズ4-2ジャイアンツ

中日、逆転で7連勝 中-巨評(共同通信・スポーツナビ)
中日が競り勝ち7連勝=プロ野球・中日-巨人(時事通信・スポーツナビ)
中日:逆転勝ちで今季初の7連勝 巨人は借金13(毎日新聞)
竜7連勝、巨人戦9連勝飾る(日刊)

落合監督「何で二塁に放らなかったんだろうな。ミツ(高橋光)の足だぜ。よほどスローイングがしっかりしてないと(あの体勢から)アウトにはできない。勝たせてもらった。
(7回森野のヒットに)つながりっていうのはそんなもんだ。相手に何か思わせるのはベンチの仕事だ。
(4回など)ヒットを打たなくても点は取れる。相手の守備陣形を見て、くれるっていう点はキッチリもらった。
この2年間の学習能力。いい野球をやれるようになってきた。」(大本営)
「苦しい試合。何とかつながって勝てたな」(日刊)
「こういう苦しい試合を勝てば自信になる。(朝倉)健太はよく四回(無死満塁から)を2点で抑えてくれた。(後半戦6連戦は)結局、守り勝ちでしょ。」(毎日新聞)

質が違う格が違う ヒットなくても点取る竜(大本営トップ)
今季最多7連勝、落合余裕のG分析(日刊)
強竜 今季初7連勝で貯金「23」(デイリー)


胴上げまでフル回転 岩瀬100S 竜、今季最多7連勝(大本営トップ)
恐竜7連勝!G戦は9連勝!岩瀬は通算100S(スポニチ)
岩瀬がプロ17人目通算100セーブ達成(日刊)
中日・岩瀬、通算100セーブ!史上17人目「すごく幸せ」(サンスポ)
岩瀬100S…竜7連勝貯金23(報知)
崩れない守りで7連勝 岩瀬百Sで7月終えた中日(共同通信・スポーツナビ)

岩瀬(通算100セーブ)「何とか名古屋でやりたかったんで、よかったです。100という数字を少し意識したんですが、先頭打者を打ち取っていつものように投げられました。」(大本営)
「ピンとこないですけど、V争いの中で続けられているのは、すごく幸せなことですね」(サンスポ)
「これからも大事なゲームが続くので、僕が出たら負けないようにしたい」(報知)

岩瀬がプロ通算100セーブ。
この人がドラゴンズで成してきたことの大きさを思うと
メディアでの扱いの小ささに悲しくこともあるんですが
2年前完全に結果で評価されるクローザーになって
少しは報われるようになったんだろうか?

セーブの球団記録もおそらく更新するでしょう。
でもそれだけじゃないよなぁ。
(源治もエディも、ソンさんもいい投手だし好きな投手だけど)

せめて日本一の胴上げ投手にせねば。


健太2ケタ王手 先発6人衆そろい踏み(大本営)
朝倉「7回8安打2失点」粘投9勝目でお立ち台(スポニチ)
朝倉、粘投で2ケタ勝利に王手(日刊)

朝倉(先発7回2失点=9勝目)「(4回は)力み過ぎました。(先発として)登板間隔が結構空いていたので、飛ばしていって、1、2回はすんなりいけたけど、3回に力む雰囲気があって、気を付けて頑張ろうと思ったところでした。
1戦1戦と思って投げてここまできました。結果は後からついてくると思っています。」(大本営)

「これからも1戦1戦、1球1球を大事に投げていきたい」(スポニチ)

落合監督(朝倉について)「真っすぐだけで抑えられないのはオールスターで覚えたはず。出し入れを覚えたんじゃないか。
(6試合で)先発6人のピッチャーに勝ちがつくなんてないだろ。岩瀬がいる強みはあるけど、完投するつもりで投げてほしい」(大本営)

朝倉は9勝目。
本当に粘り強くなりましたね。
この日は無四球。
余分な失点が減るわけだ。


平井(2番手8回三者凡退)「調子はそれほどよくないです。思ったところにボールはいかないし、疲れはあるし。でも、そんなこと言ってられないですから」(大本営)

リードの8回は平井が抑えました。
今季は5月以降、数字のわりにピリッとしないんですけどね。
それでも力がないと数字すら残せないしな。


アレックスが4回にタイムリー(日刊)

アレックス(4回1点目適時打)「アウトコース高めのボールだった。点を取られた後だったので、絶対にランナーをかえしたいと思っていたよ」(日刊)

アレックスは失点直後の4回に追撃タイムリーでお立ち台
東スポによるとお立ち台3人制って落合監督の発案なんだそうです。
来日中の家族は30日が最後の観戦。


立浪(7回無死満塁で代打=三振)「最後の球はボール球。2球目の甘い球を打てなかったのが痛いです。最低でも犠牲フライを打とうと思ったんですけどね」(大本営)


「遊撃手」川上、華麗な守備披露(日刊)
チャーリー憲伸“ナイスピー”ナッツ(大本営)

川上「ピッチャーは投げるだけじゃなくて、フィールディングも大事ですからね」(日刊)

なぜ大本営の見出しは
スヌーピーやウッドストックではなくて
チャーリー・ブラウンなんだろうか・・・
まさか




新日本プロレス・棚橋弘至「小さいころは宮下さんが好きだった。150キロの剛速球とクロまティとの乱闘が印象的でしたね。
3回目の挑戦でやっとIWGP王者になれたけど、勝ってはじめて味わえるものが、いくつもあることを知りました。中日もいい流れでここまで来てる。この流れを大切に、最後まで戦って欲しい。関東での試合も見に行きます」(大本営)

新日本プロレス・山本尚史「とにかくドラゴンズが好きでした。ドラゴンズから勇気をもらった本物のファンです。今年は絶対優勝ですね。信じてます。プロレスも野球も優勝しなくちゃ意味がないんです。2位じゃだめ。ぼくもやるからには優勝するつもりで戦います」(大本営)

新日本プロレスの現王者・棚橋と山本が
大会のプロモーションもかねて始球式に登場(詳しくは公式ブログ)。
2人とも岐阜出身のドラゴンズファン。
2年前は優勝目前の神宮にいたような気が・・・

新日なんて何年、生で見てないんだろ?
最後に見たの渕とモスマン(ケア)が蝶野とタッグで戦ったときです。

今年のG1は普通に組み合わせ見れば
コジテン決勝で天山勝利・・・
っていまさらそんなのやるのか?
もしくは
棚橋が小島の下の2位通過で決勝で丸め込み・・・
うーん・・・・なんだかなぁ
あんまり棚橋のこと好きじゃないんで微妙だ。


独走竜にスキなし/山田久志のオレ竜分析(日刊)



<ファーム:カープ0-0ドラゴンズ

D:000 000 000 =0
C:000 000 000 =0

投手リレー
佐藤亮(5・1)-金剛(0・2)-中里(1)-久本(1)-岡本(1)

ファーム情報 (カープ公式HP)
佐藤亮 変化球に収穫(大本営)

佐藤亮「調子が悪かった。ストレートが浮いてたけど、その分は変化球でカバーすることができた。悪いなりの投球ができたことが収穫ですね。
先頭バッターを出すと当然、苦しくなるので、そのあたりを今後の課題にしたい」(大本営)

6月20日以来の先発の佐藤亮
6回途中3安打で無失点
2番手以降もゼロ行進
久本は2安打も相手のバントミスゲッツーなどで事なきを得ました
中里は2イニングから中1日の登板
完全に『普通の間隔』で投げられるようになったか?


攻撃は
わずか2安打零封
しかも1安打は投手の佐藤亮

柳田「ファームで結果を出して上(1軍)に行きたい」(大本営)
高江洲「一日でも早く1軍でやれるように頑張ります」(大本営)
金本「チームに貢献できるように頑張ります」(大本営)

ナゴヤ球場近くの盆踊り大会のゲストで今後の抱負を語りました
高卒投手の2人はともかく
柳田も由宇遠征についていってなかったんですね




|

« D4-2G(7.30)岩瀬通過点の100セーブ | トップページ | 本家高校野球の季節です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後半戦好スタート:

« D4-2G(7.30)岩瀬通過点の100セーブ | トップページ | 本家高校野球の季節です »