« D5-1T(7.27)3タテ | トップページ | D2-0G(7.28)佐藤充防御率1位に »

2006.07.28

劇的に強くなった?

井川、福原、下柳のタイガース先発3本柱から3連勝。
最高の後半戦の滑り出しでした。

なんというか・・・
ジャンプマンガで言うところの
『修行明け第1戦』とでもいいましょうか
厳しいシチュエーション(中田、荒木、福留の離脱とか)を脱すると
知らず知らずのうちに全体の力がついていて
想像以上の強さに驚いているというか・・・

今連載中のマンガなら『金色のガッシュ(サンデーじゃん)』が雑誌連載でちょうどこんな感じ

Araki_woods_fukudome 実際のところの違いはどんなものかは
3試合だけではわかりませんが
こうまではっきりとした形で結果を残すと

本当に強くなったなぁ・・・と
マンガだとここから苦戦するのはお約束ですが

(写真:パワーアップして腰のあたりに翼のようなものが生えたT・ウッズ(中央))



ドラゴンズ5-1タイガース

中日が50勝リーグ一番乗り 中-神評(共同通信・スポーツナビ)
中日、リーグ50勝一番乗り=プロ野球・中日-阪神 (時事通信・スポーツナビ)
中日:セ50勝一番乗り 阪神は打線低調、抜け出せず(毎日新聞)
竜14安打快勝で首位攻防3タテ(日刊)

落合監督「きつい3連戦だったな。阪神に勝とうが どこに勝とうが同じ。これからも、おおざっぱな野球をやらせる訳にはいかない。3安打打ったからといってつなぐ人はつなぐ人。ランナーが出たらきっちり送って、しっかり点を取っていく。
ヒットが出る出ないではなく、みんなのバットが 振れてきた。これがプラス材料だ。」(CBC)
「いつも通り。(ランナーが)出たら送って何でもいい、内野ゴロでもいいから還してくれれば。
これからは、どこというのじゃなく(3連勝は)大きい。セ・リーグにはそういう(勝率の)システムがある以上、先、先を行かないとな。」(スポニチ)
「(野手は)バットが振れるようになってきた。底から1センチくらいは浮上したかな」(共同通信)

底から1センチか(苦笑)
実は天井まで1センチだったらちょっといやだが。
上手く回転し始めましたね。


落合監督「3連勝は大きい」リーグ50勝へ一番乗り(スポニチ)
福留とどめの1発、竜今季最多の貯金20(日刊)
オレ竜1強4.5差!福留3夜連続お立ち台!50勝一番乗り(サンスポ)
竜50勝セ一番乗り!貯金20!4.5差…ウッズV22号だ福留トドメ16号だ川上11勝(報知)
落合竜50勝!眼下の敵・虎を3タテ(デイリー)
小技大技で最速50勝到達 充実の戦いで虎を圧倒(共同通信・スポーツナビ)

福留(6回5点目の2ランHR)「(下柳と)タイミングが合ってなかったので、初球から思い切っていきました。」(サンスポ)
「(打ったのは)スライダーかシュートか。どっちでもいいから真ん中付近に来たら振っていこうと決めていたんです。荒木が4回も塁に出て、1回も返さなかったら怒られますからね。
(下柳に対して)変に(04年の死球を)思い出したりしないし、『そういうことがあったな』ってくらいです」(大本営)

福留は復帰後初となる16号ホームランで3日連続のお立ち台に。

竜独走 4.5差 役者が違う!虎3タテ!!ナゴヤ祭りだ セ最速50勝だ(大本営トップ)
川上「エースの投球」で11勝目(日刊)

川上「調子が悪いなりにも、味方が点を取ってくれたので、何とか立ち直り、試合をつくることができました。」(大本営)

落合監督「デキは悪くなかったと思う。ただ、ちょっと慎重すぎたかな。それは仕方がない。中田で(第1戦を)勝って、昌でああいうかたち(逆転)で(第2戦を)勝って、エースで負けるワケにはいかない。そういうプレッシャーを考えたら、丁寧に、丁寧に、と。
負けられない、というエースのプライドでしょ。オレで負けてなるものか、というね」(大本営)

「福留のホームランがなければもう1イニング投げてもらっていた。」(CBC)

川上は6回1失点で11勝目。
勝利投手になった登板では
最短イニングですが上手くまとめました。
川上がタイガース戦に投げないと思ったのは、
中田と同じカードに投げさせる必要を感じなかったのと、
木曜に試合のない週が比較的多いこと(ローテをしっかり守らせたい)が理由だったんですが
木曜にもってきましたね。
8月2週からは川上を水曜よりもむしろ金曜に回すか?
『中田にがんばってもらうローテーション』かもしれませんね。
(4月に失敗ながら『中4日の演習』もしているし・・・)
正直、8月2週後半のタイガース戦に中田は無理にはいらないと思えるようになった
今回の3連勝ですが・・・


荒木、“大当たり”4安打(大本営)
1番荒木が4安打大暴れ(日刊)

荒木(怪我について) 「左ひざの少し上の軽い打撲だと思う。 アイシングとテーピングで応急処置をした。 フェンスにぶつかった時はとても痛かったが、 試合後は少し痛い程度。バッティングの状態は このところ良かった。バットが振れているのが 好調の原因。」(CBC)
「フェンスまでもう少し距離があると思っていた。ちょっと痛みがあるけど、たいしたことないです」(大本営)
「もう1回休んでいるから、休んでいられませんよ。大丈夫です」(日刊)
(4安打について)「2打席目以降、低めの球に手を出さないように 気をつけた。センター中心が良かったと思う」(CBC)
「けがする前は打率をすごい気にしていたけど、復帰してから全然気にならなくなった」(大本営)
「バットが振り切れるようになって、いいところに飛んでくれている」(サンスポ)

荒木は米子での4安打7出塁以来の4安打の固め打ち。
あの時と違って井端も仕事してますね。
フェンスにぶつかったのは大したことがなくてよかった


ウッズ、V弾 福留復帰が刺激!?3連戦10打数5安打!(大本営)
ウッズ勝ち越し22号「嬉しいね」(日刊)

ウッズ(3回勝ち越し本塁打)「同点でホームランを打てて良かった。下柳とは今年4試合目の対戦になるから、特徴はつかんでた。長いシーズンの中で、ここで3勝したのは大きい。
相手投手の失投をとらえられているのがいいね。
福留が打てば、自分にもいい影響がある。戻ってきたのはいいことだよ。」(大本営)
「同点だったので、力強く打つことだけを心がけた。川上はいい投手だから2、3点取れば勝てると思っていた。嬉しいね」(日刊)
「福留が復帰したおかげで私に対する相手バッテリーの集中力が薄れているようだね」(サンスポ)

ウッズは22号ソロでホームランと打点両部門で2位浮上。


英智が貴重な中犠飛(日刊)

英智(5回3点目の犠飛)「下柳さんにはタイミングが合っていたので、打とうというよりも、いいタイミングでスイングすることを考えて打席に入った」(日刊)

英智は犠牲フライで貢献、
7番打てるようならな・・・というのは贅沢か?


デニー「『たまには真剣に投げろ』といわれちゃいました」(大本営)

7回から登板のデニーは1イニング1安打無失点。
4点差しかなくても10点差くらいあるリレーかと相手に思わせたかもしれません(?)


川相がマルティネスを直接指導(日刊)

川相「マルちゃんには、バントや打撃は自分を助けてくれるんだから、もう少し興味を持ってみろという話をした。本人もやる気になっている」(日刊)

川相は完全にコーチ専業みたいになっていますね。



そのほかの話題

日米野球の協力今年限りに…選手会長・宮本がNPBに伝える(サンスポ)
選手会 日米野球へ協力今年限り(デイリー)

あれだけWBCの開催時期にブーブーいってたのに?
松井や井口やら井端あたりははっきり拒否したのに?
何たる変わり身の早さ




|

« D5-1T(7.27)3タテ | トップページ | D2-0G(7.28)佐藤充防御率1位に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇的に強くなった?:

« D5-1T(7.27)3タテ | トップページ | D2-0G(7.28)佐藤充防御率1位に »