« Bs1-5D(6.1)二段式集中打 | トップページ | 川上憲伸 5月の月間MVP獲得 »

2006.06.02

代打立浪とか意識付けの問題

6回二死から代打立浪が決勝打

ここを勝負どころと起用した監督に
しっかり応えました

ゲームとかなら『代打○』とか『チャンス○』とかつくのだろうか?
(野球ゲームってもう10年以上やっていないから
最近のパラメータよく知らんのですが)



オリックス1-5ドラゴンズ

中日、6回に一挙5点 オ-中評(共同通信・スポーツナビ)
中日、集中打で逆転勝ち=プロ野球・オリックス-中日(時事通信・スポーツナビ)
中日:集中打で逆転勝ち オリックスは先制も吉井が崩れる(毎日新聞)

竜打線6回つな勝った!!3連打…らしい攻撃戻った (大本営)
“オレ竜采配”ピタリ的中で逆転勝ち(デイリー)

英智「(3回のバント失敗は)反省点ですね。あしたしっかりと練習します」(大本営)

井端「(エンドランは)サインだったから」(大本営)

落合監督(試合前)「ウチは5月は何をやってもダメなんだって。5月が終わってホッとしているよ」」(スポニチ)
「あれだけエサをまいていれば、そろそろかかってくるころ。ランナーが出たら、判で押したようにバントしていたからな」(大本営)

1点ビハインドの6回
これまでバント一辺倒だった
新1,2番のヒットエンドランでチャンスメイク
井端は2安打
英智は1番定着後、打率.333(21-7)


福留が反撃ノロシ同点打(日刊)

福留(同点タイムリー)「いい流れをつくっていたからね。いいところで打てたんじゃないかな。
ランナーを進めようと、引っ張ることだけを考えていた。
いいところに抜けてくれました。
(佐藤充は)日生(日本生命)の後輩だからね」(大本営)

福留が同点タイムリー。
福留と佐藤充はニッセイでは入れ違いですね。
(福留とジャイアンツ仁志も入れ違いのはず)


代打・立浪が決めた 嗅覚と集中力が生んだ決勝二塁打(大本営トップ)
中日・立浪、一振りで決めた!6回代打で“V撃”(スポニチ)
さすが立浪、代打決勝二塁打(日刊)
勝負懸けた代打策的中 快打立浪、ビッグイニング (共同通信・スポーツナビ)

立浪「狙いは1球、1球変わりますよ。最初は内角の真っすぐを待ちました。
(初球フォーク見逃しのあと)次も内角を待ってました。外野フライじゃなく、ヒットを狙わないかん場面。(前回の対戦で)外角の変化球にやられたから、それを待ってもよかったんですが、今年のボクはおっつけても結果が出ていない。それなら少々、ボールでも強引にいってやろうと引っ張りにいきました。
あの球がボールになっていたら、また変わってくるしね。紙一重でしょ。そんなもんです。代打に強い? (1試合通しての)集中力がないのかなあ。これで自分自身、乗っていかないとね」(大本営)
「いい場面で打ててよかった」(日刊)

落合監督「行くとしたら、あそこしかないだろう。きょうのミツ(高橋光)では打てん。」(日刊)

立浪が今季5度目の代打起用で
3安打目となる勝ち越しタイムリー

この人のいいところは
打席の中でわがままになれるところ
狙い球に対する思い切りの良さと思っています。

森野あたりに少し見習ってほしいところではあるのですが


森野がダメ押し適時打(日刊)

森野「こっちは必死で走ってるのに、ベンチへ帰ったら、みんなから遅いって言われて・・・。足が遅いのはぼくの持ち味です」(大本営)
「打ったのはストレートです。いい形で打てました」(日刊)

森野は一気に加点するタイムリーで続きました
村松の拙守も会って一気にホームイン。


佐藤充の連続完投で3連勝 7安打1失点、防1・47(大本営)
佐藤充「行けるとこまで」2試合連続の完投で3勝(スポニチ)
3年目佐藤充が2連続完投で3勝目(日刊)
中日・佐藤充が無傷の3連勝!“エースを超える存在”に成長(サンスポ)
佐藤充3勝!2戦連続完投…7安打1失点(報知)

佐藤充「きょうもバテバテでした。いつもいけるところまでいこうという意識なんで、9回まではオマケです。
(清原との対戦は)試合中は考える余裕ないけど、後から考えればいい思い出になりますね。
(大阪ドームは)プロ野球で使う球場の中では一番投げていますね。ここで負けたことは一度もないんですよ。
(社会人日本生命の元同僚に)途中で気づいて手振ったんですけど、そのすぐ後に打たれてしまいました」(大本営)
「負けられない試合が続いてるので勝てて良かった」(報知)

佐藤は連続完投となる3勝目


選手会長がムードメーカー役に(日刊)

井上「まあ気分的なもんだよ。でも、もしこれで今日も負けたら(次カードの)仙台では全員強制だ」(日刊)

試合前練習をストッキングを上げる『クラシックスタイル』で行いました。
格好から入るやり方は井上らしいというか(苦笑)

森岡はファームで一瞬だけこれやっているのをみたことあるな
平田はやりたいけどだめだといわれたみたいなことをいっていたような・・・

川相「ぼくの提案というよりは、ぼくの練習を見ていて、コーチたちが決めたこと。やれることは何でもやろうということ。どんな練習でもそうだけど、バントの練習も毎日やるってことは大切。それにフリー打撃前に目を慣らすという意味でもいいことだと思う。
実戦を常に意識すること。練習から常に頭の中で、試合をイメージして準備する」(大本営)

ビジターの試合前でもフリー打撃待ちの選手がバント練習をするようになりました。
川相のいう練習へのアプローチは
何をいまさらということではあるのですが
わざわざ言うってことはできていない人も多いのでしょう

山本昌「久ぶりでしたが『思い切ってやれよ』と言われました。がんばらなきゃね」(大本営)

試合前に同級生の元タイガース八木裕氏と再会
2日の先発予定です
個人的には朝倉の目もあるかとは思っているのですけどね

試合前練習のストッキングの様子(苦笑)と
バント練習のために投げる裏方さんの様子は
ドアラドラゴンズ公式ブログにあります


清原の表彰式で落合監督が花束(デイリー)

Bs清原「(落合監督は)そういうこと(花束贈呈のプレゼンター)をされたことがないと思うので。『あと5年頑張れ』と言われて、うれしかったですね」(デイリー)

意識付け云々ということで考えさせてくれるサンプルの選手。
水道橋で無駄な時間をすごしたよなあ・・・とかおもってみたり


|

« Bs1-5D(6.1)二段式集中打 | トップページ | 川上憲伸 5月の月間MVP獲得 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代打立浪とか意識付けの問題:

« Bs1-5D(6.1)二段式集中打 | トップページ | 川上憲伸 5月の月間MVP獲得 »