« S4-6D(6.29)ザ・デイ・オブ・スーパーサブ(ス) | トップページ | D5-5C(6.30)連夜の延長 »

2006.06.30

劇弾英智

福留孝介不在の3試合目は総力戦の延長の末
英智の4年ぶりのホームランで勝利

ヒーローインタビューを場内に流すようななった神宮で
英智のヒーローインタビューも行われました



スワローズ4-6ドラゴンズ

英智が決勝2ラン ヤ-中評(共同通信・スポーツナビ)
中日が連勝、貯金15=プロ野球・ヤクルト-中日(時事通信・スポーツナビ)
中日:英智の一振りで延長制す ヤクルトは好機生かせず(毎日新聞)

英智、4年ぶり一発V2ラン (大本営トップ)
中日・英智V弾!4年ぶり一発で貯金最多の「15」(スポニチ)
英智が延長11回決勝2ラン!(日刊)
ワールドカップと同じ周期!?中日・英智、4年ぶり一発出たァ(サンスポ)
竜今季貯金最多15!英智V2ラン(報知)
英智決勝弾!1458日ぶりカ~ンショク(デイリー)
英智が殊勲の決勝アーチ 中日、延長制し大きな1勝(共同通信・スポーツナビ)

英智「打ちたいな、と思って打席に入りました。
何年もホームランを打ってないワケですし、やっぱりホームランは『まぐれ』と言うのが妥当だと思います。
(3塁ベースコーチの高代コーチとハイタッチを)いつかやりたいという気持ちはありましたし、ハイタッチするときは思い切り強くしてやろうと思ってました。
空振りだったから、(本塁打のスイングは)思い切って振れたと思う。」(大本営)
「また、いいタイミングで回ってくると信じていた」(報知)

落合監督「(英智は)4年ぶりか…。今年、わき役が打って勝ったのは初めてだよな。いい勝ち方。あとから大きな1勝だったということになる。」(日刊)

英智が決勝弾で、
今季セリーグ相手の延長戦は4勝1分。

英智のヒーローインタビューは
ボソボソした口調もあるんですけど
『優等生コメント』で加工していない(ように感じさせる)のが
一番ウケている理由だと思っています

自分に正直というかね。
一番本音に近いところをしゃべっている印象。


井上嬉し1号「この調子で頑張りたい」ホッと笑み(スポニチ)
井上「第1号だからうれしい」(日刊)

井上「今シーズン1号だから嬉しいです。
この調子で頑張りたいね」(スポニチ)
「だいぶ調子は上がってきました。チームに貢献できるように頑張りたい」(日刊)

井上はいったんはリードを奪う今季1号。


渡辺、バースデー同点打 代打で鮮やか一振り (大本営)
渡辺、36歳バースデーに花添える同点打(日刊)
戦力の層厚い中日 ベテラン井上、渡辺が活躍(共同通信・スポーツナビ)

渡辺(試合前)「メールが届いていました。あと、ネクタイもね。年をとるのは嫌だけど、やっぱりうれしいものですよ」
「どうしても打ちたかったんです。きょうは。いつもならファウルになるコース。どうやって打ったのか自分でも分からない。
仕事なんだから仕方ないけど、やっぱりね、(出産間際の家族に)心細い思いをさせてるから」(大本営)
「好機だったので積極的にいこうと思った」(共同通信)

勝ち越された直後に追いつくタイムリーを放った渡辺。
この日は誕生日


先発小笠原は反省しきり日刊)

小笠原「ボール、ボールと続いてカウントを悪くしてしまって、野手の皆さんのリズムを狂わせて申し訳なかったです。」(スポニチ)

小笠原は2被弾など3失点で
そもそも川上や佐藤なら
あの場面で岡本が万全の状態でいても替えられなかったでしょうしね。

この後のローテ再編はどうするのかな?
カープ船での左腕2人次第でしょうが


鈴木、プロ初セーブ 岩瀬、今季初勝利(大本営)

岩瀬「強打者がそろっているというイメージはあったけど、走者はかえさないことだけ考えていた。
自分の勝利よりもチームの勝利がうれしい。(1点を)守っていくのがうちの野球だからね」(大本営)

岩瀬は今季初勝利。


鈴木「セーブがかかっていることはわかっていた。前回は最後、岩瀬さんに任せてしまったので、抑えられてよかったです。
今は右打者に打たれる気はしません。」(大本営)

鈴木はプロ初セーブ。


谷繁が現役捕手試合出場単独トップに(日刊)

谷繁「そうか。すごいことだね。これからも1試合でも多く出られるように頑張りたい」(日刊)

谷繁が現役捕手の試合出場が古田を抜いて単独トップに



そのほかのドラゴンズの話題

日本野球連盟:西武などとの交流試合を承認(毎日新聞)

7月12日0:30からナゴヤ球場でホンダ鈴鹿とプロアマ交流戦


荒木「痛み?なかったです。打つほうは問題ないです。投げるほうも全力で投げるとまったく痛みがないというわけでもないけど、大丈夫。
行けといわれれば行きますよ」(大本営)

荒木がナゴヤ球場で鳥谷部、樋口、川岸、小林を相手にシート打撃

ドミンゴも5月14日の最後の登板後、初のブルペン入りで50球投げ込み




|

« S4-6D(6.29)ザ・デイ・オブ・スーパーサブ(ス) | トップページ | D5-5C(6.30)連夜の延長 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇弾英智:

« S4-6D(6.29)ザ・デイ・オブ・スーパーサブ(ス) | トップページ | D5-5C(6.30)連夜の延長 »