« D1-4H(6.18)19三振 | トップページ | 理想と現実といろいろ(長文御免) »

2006.06.19

小笠原先発も、アレックスが抜かれて、ヒデだけ奮起したところで、FW不発の得点力不足。で、ナラの出番ってあるの?

嗚呼長いタイトルだ(苦笑)

絶望した!本当にジーコの指示通りの代表に絶望した!!

はじめに希望をもっていたかどうかは不明。
ドラゴンズは・・・タイトル通りですよ。負けました

(元ネタ『さよなら絶望先生』)



ドラゴンズ1-4ホークス

神内が11奪三振で2勝目 中-ソ評(共同通信・スポーツナビ)
ソフトバンク快勝、神内11奪三振=プロ野球・中日-ソフトバンク(時事通信・スポーツナビ)
ソフトバンク:継投策で中日打線から毎回の19三振奪う (毎日新聞)

落合総括「上出来」交流戦20勝15敗1分(大本営)
中日「19三振」完敗も交流戦勝ち越しで監督余裕(スポニチ)
中日19三振完敗で交流戦終了(日刊)
中日がプロ野球タイ記録の1試合19三振も落合監督は余裕(サンスポ)
オレ竜 屈辱の2年連続19三振食らう(デイリー)
直球勝負で福留仕留める 新鋭神内、力強く11K(共同通信・スポーツナビ)

落合監督「(交流戦の成績は)上出来。来年はもっと勝つよ。パ・リーグにも慣れたから」(大本営))

福留「何も変わってないよたまたまじゃない?」(大本営)

谷繁「みんなの意識が強くなったんじゃないですかね。自分がいいピッチングをしよう、勝とう、という意識が。
好きなようにやられていたから、僕も含めて」(大本営)

ウッズ「去年と今年は明らかな差がある。去年は最低だった。逆に今年は調子がよかった」(大本営)

岩瀬「やってることはかわってないですよ。
流れというのがあるからね。去年は悪かった。」(大本営)

今年の交流戦は20勝15敗1分
まあ星どおりの好不調の波かな
(最悪ではないけど、ムチャクチャいいわけでもない)
後から振り返ると
ファイターズ1回戦とイーグルス1回戦が勝ってほしかった試合。
ライオンズ5回戦が負けなくてよかったという試合。



福留「仕方ないです」(日刊)

福留「審判がストライクと言ったらストライク。僕には何もできない。」(スポニチ)

落合監督「19(三振)だろう?(ワースト)記録までいったか?
ソフトバンクは力があるんだ。3つ勝つのは大変。(この日の審判は)ゾーンが広かったな。孝介のノースリーからの三振で流れが変わったな。」

高代コーチ「あの三振になった球はひどかった。右打者ならデッドボールになっていたよ」(大本営)

田中スコアラー「(神内は)テークバックが小さく、スピード以上に速く見える」(共同通信)

ホークスの6投手の前に19三振。
福留は球審の『可変ストライクゾーン』の前にセルフ
0-3からのボールは仕方がない
1-3からもまあいいだろう
ただ最後の球は意地になって振らなかったな。
半ばストライクとわかっていて見逃すな!
そしてバット投げるな!!
次の守備で森野にあたるな!!!


小笠原、佐藤充、朝倉、先発メドたった(大本営)
小笠原ポツリポツリ(日刊)

小笠原「(本塁打を打たれた球は)真ん中ですね。2アウトを取っただけに悔しかった。カブレラにやられた? あの人だけじゃないです。いい流れをつかめませんでした」(大本営)
「いつもと同じように投げたんですが…。(本塁打は)真ん中に入ってしまいました。悔しいです」(日刊)
「申し訳ありません」(サンスポ)

小笠原、交流戦成績

-5/17vsBs:1回無安打無四球無失点(今季初登板、リリーフ)
●5/21vs M:6回5安打2四球3失点(今季初先発)
○5/28vs H:9回6安打2四球1失点(今季初勝利、プロ初完投)
○6/4 vs E:6回6安打1四球2失点
-6/11vsF :6回7安打0四球1失点(チームは負け)
●6/18vsH :3回5安打3四死球3失点

6試合計
投球回31
被安打29
被本塁打3
与四死球8
奪三振29
自責点10
防御率2.90

ドミンゴの故障でチャンスの回ってきた小笠原。
プロ初完投も果たしましたが
基本的には「5回3失点」が平均ペースの投手。
そしてその平均点を上回る交流戦でした。
最後の先発はイメージを悪くするような詰めの甘さが出ました
中田が戻ってくるまでローテを死守してほしいですね

鈴木「(松中の場面は)高めに投げて目先を変えようと思ったけど少し内に入ってしまった。休みの間も左打者の内角の制球をしっかり確認したい」(大本営)

2番手鈴木は追い上げ後に松中に4点目のタイムリー。
流れ的に厳しくなりましたね。
もう1人ロングのできる中継ぎがほしいなぁ
先発組から回すかそうでなければ聡文ががんばらないといけないんですけどね


平井「(3奪三振は3者凡退は)たまたまですよ。そんなにプレッシャーがかかる場面でもなかったですからね。
しっかり体を休めて(再開の)金曜日に臨みたい」(大本営)

平井は3者三振で交流戦終了
途中、2試合連続決勝被弾はありましたが
いい形で終わりましたね


“憂終”19三振 竜1位でリーグ戦再開へ(大本営)
英智が追撃タイムリー(日刊)

英智「何でも食らいついていこうと思って打席に立った。
僕は左投手を打たないと、試合に出してもらえなくなる。
打てないのはしかたがないから、今はスタンスの幅を変えたり、いろいろ考えてやっている。」(大本営)

英智が追撃のタイムリー
上田との併用になるかな


立浪「今年もよくなかったから。
もう終わったんで。セ・リーグが始まるのでがんばります」(大本営)

立浪は20打席ぶりのヒット
交流戦は2番を打つなどいろいろありましたが
打率.217(106-23)打点12


小宮営業担当取締役「この数字を単純に比較しての結論というのは出ない。ただ、いろんな努力をした結果での数字であることは理解してほしい。
選手会の協力がなかったら、ここまでのファンサービスはできなかった。本当に感謝している」(大本営)


近藤営業部長「ファンはこの交流戦をどうみているのか。その分析をこれからしていくところ、来年も交流戦が存続することは間違いない。こちらとしてはさらに魅力ある企画を考えていくしかないでしょう」(大本営)

今年の交流戦が終了ナゴヤドーム18試合の観客動員は550,262人(昨年554,000人)。
去年と数え方が違うので(苦笑)単純比較は難しいですが
去年並みの観客動員ということでいいかと思います。

個人的には「交流戦だから」とか「サインボールがもらえるから」でナゴヤドームにいくことはないのでアレなんですが
土、日のデーゲームが定着したのはいいことではないでしょうか。



<ファーム:タイガース5-1ドラゴンズ

D:010 000 000 =1
T:000 400 01- =4

投手リレー
石井(4)-高江洲(2)-ガルバ(1)-樋口(0)-金剛(1)

高江洲 スローカーブを監督が絶賛(大本営)

高江洲「夢にまで見た甲子園で投げ、前回の初登板以上にドキドキしました。次はもっと長いイニングを投げれるようにしたい。」(大本営)

佐藤2軍監督「遅い97キロのカーブを投げる勇気は高校出の投手とは思えない。先が楽しみです」(大本営)

中村一「バットが振れるようになりました。しかし走塁面がまだまだです」(大本営)

甲子園での3試合目
石井は4イニング目に突如乱調
樋口はアウトをとれずに降板



そのほかのドラゴンズの話題

日本ハムから移籍・奈良原“23日G戦先発ある!?”(スポニチ)
奈良原、23日にも1軍昇格(日刊)

奈良原「今年は一度も札幌ドームのグラウンドに立つことができず、ファンの皆さんには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
自分もプロ野球選手である以上、新たなチャンスを与えられた中日で、また精一杯にがんばっていきたいと思います」(大本営)

落合監督「水曜日の練習を見て(状態が)良かったら、巨人戦(23日ナゴヤドーム)から先発で使うかもしれない。
今のウチに必要なのは若手を育て上げるんじゃなく使えるヤツ。」(スポニチ)

奈良原の話題は別のエントリィで書く時間があれば書きたいと思います。




|

« D1-4H(6.18)19三振 | トップページ | 理想と現実といろいろ(長文御免) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原先発も、アレックスが抜かれて、ヒデだけ奮起したところで、FW不発の得点力不足。で、ナラの出番ってあるの?:

» ??? [C2って?]
みんな??でしたでしょうね。。。 ナイス、バックパス・・・ [続きを読む]

受信: 2006.06.19 22:03

« D1-4H(6.18)19三振 | トップページ | 理想と現実といろいろ(長文御免) »