« D1-0Bs(5.18)4連続完封で5連勝 | トップページ | M2-1D(5.19)完投負け »

2006.05.19

まだまだ0行進継続中

40イニング無失点継続中、だそうです。
久本から始まって岩瀬がつないでいる記録なんて
誰でも意識するよな・・・

チームでは50年ぶりの記録になりました



ドラゴンズ1-0オリックス

中日が4試合連続無失点 中-オ評 (共同通信・スポーツナビ)
中日、完封リレーで5連勝=プロ野球・中日-オリックス(時事通信・スポーツナビ)

竜50年ぶり 4連続完封 佐藤充も続いた(大本営トップ)
中日4戦連続完封!佐藤充「8回0」で今季初勝利(スポニチ)
中日、プロ野球タイ4戦連続完封で5連勝(日刊)
中日50年ぶりの快記録!プロ野球タイの4戦連続無失点勝利(サンスポ)
中日プロ野球タイ!4戦連続完封…球団50年ぶり(報知)
オレ竜快挙!4戦連続完封(デイリー)
ブルペン充実、1点で十分 40イニング無失点の中日(共同通信・スポーツナビ)
中日が4戦連続無失点勝利 プロ野球タイ記録 (共同通信・スポーツナビ)
中日が4試合連続無失点勝利=プロ野球 (時事通信・スポーツナビ)

佐藤充「試合前、山本(昌)さんから言われたんです。『ゲームさえつくればいいから、と。1、2点は取られてもいい。無失点とか、そういうプレッシャーは持たない方がいい』と。
ゼロという意識はなかった。連勝しているという意識はあったけど。
チームの勝ちが止まるのが嫌だった。
ファンの皆さんには本当に手助けをしていただいた。ボクにできることは、一生懸命に投げる、その姿勢を見せること。結果として、ゼロに抑えられたのはうれしく思います」(大本営)
「素直に嬉しいの一言です。
一人ひとりに、腕を全力で振って投げる事だけを考えた。」(スポニチ)
「データを見て、低めに…と考えても、僕には、そこまでのコントロールはない。一人一人、全力で抑えるだけ。その“先”のことは考えないようにしていました」(サンスポ)

森コーチ「結果的にゼロに抑えた。でも、それよりも、無四球で抑えてくれたことを評価したい。ただ、勝てば勝ったで心配はあるんだ。これだけ先発投手がいいと、今度は中継ぎ投手が投げられなくなる。ロッテ、西武、ソフトバンクと続くんだから」(大本営)


落合監督「言うことない。ピッチャーががゼロで抑えたら、勝つ。それしか、言いようないもんな。」(サンスポ)

佐藤が課題の立ち上がりを克服するとプロ最長の8回無失点。
森コーチのコメントのように無四球というのが大きかったのでしょう。

神達彩花ちゃんの支援を新聞紙上で表明していた佐藤
チェアマンが公式サイトでコメントを出しているし、
支援活動が05年の表彰対象にもなっているし
正直、Jリーグの募金活動のほうが印象的なのですが

ドラゴンズはマスコミを親会社に持っているチームなので
こういうアピールの仕方もありなのかもしれません


岩瀬、締めたリーグトップ12S 8試合ぶりの登板(スポニチ)
岩瀬ヒヤヒヤ完封締めにホッ(日刊)

岩瀬「なかなか(ピシャリとは)うまくいかないですね。7日ぶりの登板?そんなに間隔が空いてるわけじゃないし。
ずっとゼロできてて、自分だけ点を取られるわけにいかないから気合いを入れ直しました。」(大本営)
「僕までゼロで回ってくるとは思ってなかったから、違った意味でプレッシャーがあった。自分で(連続無失点を)止めるわけにはいかないんで」(スポニチ)

岩瀬が久しぶりの登板でセーブ
回ってくるとは思わなかったとはまた正直な(苦笑)
山本昌も同じ気持ちだったりして・・・


森岡チーム初安打(大本営)

森岡「打ったのはフォークです。来るんじゃないかと思っていました。打球が弾んだ瞬間、一生懸命走りました。
とにかく必死です」(大本営)

5回森岡の内野安打がチーム初安打。
森野の合流で危機感も?


井端が千金適時打「初球から行くつもりだった!」(スポニチ)
井端、決勝二塁打に堅守で勝利アシスト(日刊)


井端「打てないから初球から何でも行くつもりだった。
打てない時は特に守りをしっかり意識してやっている」(スポニチ)
「正直、ボール球でも振っていたと思う。監督から『高め球は何でも振っていけ』と言われていた」(日刊)
「5連勝と言わず、10連勝、20連勝といきたい!」(共同通信)

井端が吉井の失投を見逃さずに決勝タイムリー


藤井「久々のスタメンだったけど、結果が出なくて残念です。出るときがあれば一生懸命やるだけです」(大本営)


英智「大丈夫です。大事をとってくれたのでしょう」(大本営)

英智が試合前練習で打球を頭部に当て耳たぶから出血したため
大事をとって病院で診察。(打撲の診断)

藤井が4月4日以来のスタメンも
3打席目のチャンスで代打高橋を告げられました
英智は7回の守備から登場



高橋光吉井さんの調子がよかったんで打ててよかったです(井端の適時打で)ムードもよかった。
スタメン?どうなるんでしょうね頑張りますよ
。」(大本営)

代打の光信はヒット。
続く福留の今季初併殺で追加点はならず
福留の連続試合安打は11でストップ


森野、1軍昇格 守れる男が帰ってきた!!(大本営)
森野が約2カ月ぶり1軍合流(日刊)


森野「(セカンドは)いつ以来か、かなり久々ですね。
(阪神戦は)難しい打球はなかったから、普通にさばけたけど、1軍の試合であせったときにどうなるかですね。
やっぱり下でやるのとは雰囲気が違いますね。」(大本営)
「体は元気。課題を持って打席に入っている」(日刊)

高代コーチ「構成上、二塁を守れる選手がもうひとりいた方がいい。今のままでは森岡に代打を出せない。森野ならほか(のポジション)でも使える。
スタメンは無理。あの打撃では。」(大本営)

上田「また帰ってきます」(大本営)

森野は一軍登録
セカンドができる下の選手が
中川(あとは外野コンバートされた沢井)くらいの現状では見切り発車も仕方がないのか
柳田もできるんだろうけど



<ファーム:ドラゴンズ3-1タイガース

T:010 000 000 =1
D:002 000 10- =3

投手リレー
鳥谷部(7)-中田(2)-高橋聡(1)-遠藤(1)

阪神戦 連勝(9回戦)(公式HP)
中田は一軍間近(大本営)
中田が2軍戦に登板、2回無失点(日刊)

中田「まだまだですけど、スピード自体、落ちてなかった。腕が振れたのがよかった。
コントロールがまだまだ。バッターが立つとおかしくなる。その辺を意識して投げないといけない。体の面は何の問題もなくなった。実戦を大切にやっていきたいです。」(大本営)
「不安もなく思い切り投げられました。結果が出るかどうかは別にして体は万全です。」(日刊)

佐藤2軍監督「このまま(1軍に)上がるんじゃないの。」(日刊)

中田が久々の実戦
2回を2安打無失点。
千葉での登板はあるのか?


堂上「当然相手のほうが上なんで思い切って振っていこうと思いました。打ててうれしいです」(大本営)

堂上はウイリアムスからヒット。
打率も3割に到達

中村公「間を取るようにしたら良くなりました」(大本営)

中村公は3回に同点タイムリー。
チーム打率もやっと2割台に

春田「ここで早くプレーできるようになりたいです」(大本営・ドラ番記者)

春田は3回に2点目(決勝点)の犠飛




|

« D1-0Bs(5.18)4連続完封で5連勝 | トップページ | M2-1D(5.19)完投負け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ0行進継続中:

« D1-0Bs(5.18)4連続完封で5連勝 | トップページ | M2-1D(5.19)完投負け »