« D7-0Bs(5.17)生観戦で勝った | トップページ | 出場選手登録(5.18)森野昇格 »

2006.05.18

0行進継続中

31イニング無失点継続中、だそうです。
久本から始まって小笠原がつないでいる記録なんて
普通は気がつかないよな・・・

ともあれ引き分けを挟まない4連勝は今季初。
投打が少しずつかみ合ってきた?



ドラゴンズ7-0オリックス

ウッズが2発6打点 中-オ評 (共同通信・スポーツナビ)
中日が4連勝=プロ野球・中日-オリックス(時事通信・スポーツナビ)

ウッズ、連発6打点 竜党痛快!4連勝貯金8(大本営トップ)
ウッズ、2打席連続本塁打などで“6打点”大暴れ(スポニチ)
4番ウッズが爆発、2発6打点(日刊)
ウッズ連発6打点!オレ竜、今年は違う3戦連続完封4連勝(サンスポ)
確実性プラス!ウッズ 2発6打点(デイリー)

ウッズ「(2本目のホームランは)実はストレートを待っていたんだ。ところがカーブがきた。(バットの)いいところに当たってくれたよ。
1試合で2本塁打6打点なんて、それはいい日に決まってるよ。
来たところに従って打っているだけだよ。外角なら右方向という具合に、ね。外角は長い時間ボールが見られるから、狙っていることが多いというのはある。
投手の活躍を抜きに、それ(4連勝)は語れないよ。彼らがいい仕事をしてくれるからこそなんだ」(大本営)
「家に帰ったら自分の話を聞いてくれる奥さんがいる。気持ちが楽になるんだ」(日刊)

シェリル夫人「好調の要因?やっぱり日ごろのトレーニングの積み重ねじゃないかしら。家でもバイクをたくさんこいだり、プロテインをたくさん飲んでるわよ。
(愛犬に)公園で、ボールを追いかけさせるの。それをあきもせずに何度もやらせているわ。
焼肉は週1回くらいだけど、勝ったときは本当によく食べるわ。きょう?考えておくわ」(大本営)


落合監督「ピッチャーがゼロに抑えて、クリーンアップが打ってくれれば、何にも言うことない」(報知)

ウッズが6打点
「相手投手の能力の差も大きいが」
と書くことは忘れない日刊に報道姿勢にある意味感心

きのうは併殺も見られたし、おなかいっぱいでした(苦笑)


マル、続いた 竜投31イニング無失点(大本営)
中日・マルティネスの快投で3戦連続の完封勝ち(スポニチ)
3試合連続完封で4連勝(日刊)
「竜」5年ぶり3戦連続完封…ウッズ連発10号6打点(報知)
最後まで投げたかった 中日のマルティネス (共同通信・スポーツナビ)

マルティネス「コントロール重視で投げた。タイロン(ウッズ)がよく助けてくれたし、川上の後にいいピッチングができて、チームが勝ってうれしい。
最低限の仕事はできた。走者を出したら、走られないように(クイックで)速く投げるようにした。
9回も投げたい気持ちはあった。」(大本営)
「走者は許したけど、最低限の仕事はできた。完封のチャンスはなかなかないけど、130球近く投げていたし、仕方がない」(報知)

森コーチ「いいときもある」(大本営)
「テンポ、コントロールともにいい。1球1球大事に投げている」(スポニチ)

マルティネスが踏ん張って今季初の4連勝
「4連勝の相手は楽天とオリックス。いずれもパ・リーグ下位球団だが」
と書くことは忘れない日刊に報道姿勢にある意味感心。

ま、たしかに投手は出たところ勝負の面はあるんですけどね
ただ去年もドームじゃオリックスにも勝ち越してるしな。


小笠原「初めてだから緊張しましたよ。
次もこの調子でがんばります」(大本営)

小笠原は今季初登板
日曜の先発はあるのか?


井端「あれは暴走です。思ったより(それて)いってなかった。」(大本営)

井端が初回の走塁についてコメント
ショート阿部のバックアップがすばやかったですね
ヘッドスライディングで三塁はなんとかセーフ


11試合連続安打の福留、大量点アシスト(日刊)

福留「(得点は)タイロンがよく返してくれるんでね。出塁するってことを、特に意識しているわけじゃないですけど、打ったり歩いたりというのは誰でも目指すことですからね。
打つほうでもタイロンの前だと楽に打てるというのはありますよ」(大本営)

福留や川上みたいに年俸(=オレ流査定と日刊が査定してる)でごねた人
朝倉や立浪みたいに落合監督に冷遇されている(と日刊がみなしている)人
には比較的甘い日刊。

ここ最近の福留は本当に状態がよさそうですけどね



佐藤充「元気になっていると思ったのに、あまりに突然で・・・
できることはやれたと思う。日本にとどまったままで、何もできずに亡くなったわけではないので。
今回ファンの方にはすごくお世話になりました。ただ、直接自分ではお礼をすることができない。自分が頑張っている姿を見せることで、少しでも恩返しが出来ればいいと思います。」(大本営)

彩花ちゃんの訃報に佐藤がコメント
今日先発予定。


井上「この間、1死満塁で代打で出て三振したんやけど、あの後はつらかった。ごっつい、へこんでた。試合後も、ロッカー室で。そこに営業の人が来て『今度のイベントの件だけど』って…。あれはつらい。
仕方ないな。まず、プレーをしっかり見せないとね」(大本営・ドラ番記者)

営業も大変ですね

きのうナゴヤドーム前矢田駅の『ドラゴンズロード』をはじめてみたんですけど
(こちらは選手会ではなくイオンが主導ですね)
選手の四字熟語(というかほとんどは二字熟語の組み合わせ)ポスターポスター

『円熟巧投』(山本昌)
『快速豪腕』(川上)
『鉄壁堅守』(英智)
『百戦錬磨』(川相)

とかはいいとして
『頭脳明晰』(谷繁)
『万能巧打』(森野

ってどんなものだろうか?
と思いました(苦笑)



<ファーム:ドラゴンズ5-0タイガース

T:000 000 000 =0
D:000 000 05- =5

投手リレー
吉見(7)-落合(1)-高橋聡(1)

見事な連打(阪神8回戦)(公式HP)
平田プロ初打点(大本営)
中日平田が2軍戦でプロ初タイムリー(日刊)

平田「ストレートが来たら振ろうと思っていました。会心の当たりです。何も考えずにいました」(公式HP)
「しっかり振ることだけを考えて打席に入りました。
プロの140キロ代後半の真っ直ぐを打てたことがよかった。しっかり振ることができてよかった。うれしかったです。」(大本営)

佐藤2軍監督「平田の市田で決まると思ったよ。いい打球だったね。右に大きいのが打てる。まるで"小ウッズ"だね。やっぱり大物っていう感じだね。」(大本営)

平田がプロ初打点
『小ウッズ』(命名佐藤監督)などと
ありがたいんだかありがたくないんだかわからない異名が(笑)

「しっかり振ることだけを考えて打席に入りました」って平田のコメントがウッズぽい(違)


吉見「前回、初回に点を取られたのでブルペンで球数を増やして望みました。立ち上がりから飛ばしていこうと思って。今日は、コントロールが良かったです。特にシュートが・・・。抜ける球も少なかったので腕が振れました。」(公式HP)
「立ち上がりを丁寧に、しっかりとコースをついて投げました。打たれるんじゃないかというマイナス思考じゃなくて、きょうはすべてプラス思考で投げました」(大本営)

吉見はプロ最長の7回を無失点。
これといった武器
(球種に限らずモーションとかでもよいから)がないのが
気になるんですけど
ステップアップは順調なようです


中田「僕はいつでも投げれます」(大本営)

中田は18日のナゴヤドームのファーム戦に中継ぎで登板予定。

そのほかでは森野が1番サードスタメンで4打数1安打




|

« D7-0Bs(5.17)生観戦で勝った | トップページ | 出場選手登録(5.18)森野昇格 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0行進継続中:

« D7-0Bs(5.17)生観戦で勝った | トップページ | 出場選手登録(5.18)森野昇格 »