« H1-9D(5.28)小笠原完投 | トップページ | 移動日の話題(5月30日の記事) »

2006.05.29

OGA-ODAバッテリー

渡辺 交流戦9番初打点(大本営)
べテラン渡辺が同点の適時打(日刊)

渡辺「(同点打は)小笠原が千葉でもいいピッチングをしていたし、今日も頑張っていた。何とかしてやりたかったんです。それに目の前でオーディーエー(小田)もいいバントを決めてくれたしね。
死球?背中は大丈夫です」(大本営)

2試合連続スタメンの渡辺が同点打
荒木不在のメンバーも固定されてきた??

・・・
小田のこと普通に『ODA』って呼んでいるのかよ(笑)
小笠原-小田のバッテリーで快勝



ホークス1-9ドラゴンズ

中日が快勝 ソ-中評(共同通信・スポーツナビ)
中日の小笠原がプロ初完投=プロ野球・ソフトバンク-中日(時事通信・スポーツナビ)

小笠原、歓投 敢投 プロ初完投 594日ぶり勝った!ローテ獲った!!(大本営)
中日・小笠原、プロ8年目初の完投…気迫の143球(スポニチ)
小笠原プロ初完投星で交流戦5割ターン(日刊)
落合竜の底力見せた!プロ8年目29歳・小笠原が初完投勝利(サンスポ)
中日・小笠原プロ初完投2年ぶり勝利(報知)
中日:小笠原の初完投で、ソフトバンクに快勝(毎日新聞)
力投の小笠原 04年10月以来の白星(共同通信・スポーツナビ)

小笠原「完投は未知の世界だった。意識したのは8回終わってからです。
(松中の前に)なるべく走者をためたくなかったんですけどね。何とか低く投げようという気持ちだった。
自分は与えられたマウンドを抑えるだけ。
がんばります」(大本営)
「完投を意識したのは8回が終わった後。森コーチに“どうする?”と聞かれたんで“もちろん、行きます”と答えた。
チームの期待に応えられるように積み重ねていきたい。」(スポニチ)
「未知のことでしたから、気を抜かずに頑張りました。とにかく、ゲームを作ること。後はその積み重ね。粘り強くいこうと思いました」(サンスポ)
「(監督には)『最後まで気を抜かずに投げろ』と言われて勇気をもらった」(報知)

落合監督「(マウンドで聞いたのは)『完投したいか?』。それだけ。プロ入り初だったんだろう。そうじゃなきゃ無理させない。あの(9回一死でマウンドに行った)時点で133球だったんだから。」(大本営)

森コーチ「きょうは安心して見られた。今後も、もちろん投げさす。ローテーション(投手)なんだからな」(大本営)

小田「今日はセンターライン(英智、小笠原、小田)が同級生だった。みんなで頑張っていこうと話したんです」(大本営)

高代コーチ「(谷繁は)腰が重いということだったから。重症ではない。大事をとって、ということ」(大本営)

Daihonei0529top_1 朝、今日の大本営を見た感想

『交流戦初 竜エース~』の文字列が見える。

「小笠原がエースかよッ!大本営もムチャするなー(笑)」


紙面広げる
「小笠原・・・一面じゃないのか(苦笑)」


渡辺「(初回の松中のタイムリーが開いた三塁線を破る)あのあと、高代コーチとも話しましたが『仕方がない』ということでした。普通に守っていたら、逆に三遊間を抜かれてしまいますから」(大本営)

一塁側による「松中シフト」の逆にいった初回のタイムリーについて渡辺。

昨日の大差勝ちの展開で
最後にサードにセカンド森岡、サード森野にせずに
川相を使ったということは
森岡は基本的に使う気はなさそう?


交流戦初 竜エース斬り!! 5割ターン首位と1.5差(大本営トップ)
アレックス「打てて良かったよ」左翼に決勝2ラン(スポニチ)
アレックスが今季交流戦初アーチ(日刊)
期待に応えた中軸打線 中日が猛打で快勝(共同通信・スポーツナビ)

アレックス「このシリーズ(ソフトバンク戦)はヒットがなかったから打ちたかった。ヒットを狙ったのがホームランになったけど打てて良かった。
攻撃は良かったり、悪かったりするけど、バッターはみんなベストを尽くしてる。それが(この試合では)いい結果につながった。自分が打てたことも、とてもうれしい。」(大本営)
「このカードはここまでヒットを1本も打ててなかったから良かったよ。オガサワラもいい投球をしていたしね」(スポニチ)

立浪(7回タイムリー)「打ったのはカーブ。久しぶり(10打席ぶり)にヒットが出てよかったです」(大本営)

ウッズ(8回タイムリー)「スライダーを打った。久しぶりの気持ちのいいヒットだよ」(大本営)
「監督に必要とされるのはうれしい。これからも期待に応えたい」(共同通信)

英智(2犠打)「後ろが打ってくれると思って、つなぐ意識だった」(共同通信)

落合監督「そりゃ、野球は3、4、5番が打てば勝てる。その3人だけ打っても点が入る。
去年が(前半)4勝14敗だろ。それを考えりゃ御の字だよ。手応え? まずはうちが落ち着くのが先。」(大本営)

ウッズ、アレックスの
この3連戦初安打(ウッズのヒットとアレックスのツーラン)で勝ち越し
7回以降はホークスの2番手以降を打ち込みました。

英智が1番で落ち着いてくれれば
『日替わり感』は弱くなっていくかな

基本的に序盤は中盤まで競り合いだったわけで
打線の根本のところが変化したわけではないでしょうけど
自信を持って以降の試合に臨んでくれれば


福留、止まらん!!5打数3安打でまたも猛打ショー(スポニチ)
絶好調福留が3安打2打点(日刊)

福留「(7回のタイムリーは)チャンスだったので、ランナーをかえせてよかったです。
(交流戦で5割復帰)あとは貯金をすることが大切だね。
(1000本安打まであと15)交流戦の間に打てれば」(大本営)
「みんなが打った方がいいんじゃない」(スポニチ)
「チャンスでいいところに打球が飛んでくれていますね。チームが勝ってよかった。」(日刊)

福留はこの日も猛打賞


荒木が出場選手登録抹消(日刊)

荒木が登録抹消



<ファーム:カープ0-2ドラゴンズ

D:110 000 000 =2
C:000 000 000 =0

投手リレー
石井(3)-長峰(2)-ガルバ(2)-石川(1)-遠藤(1)

石井 復調に光 3イニング無失点(大本営)

石井「今日のピッチングはまずまずでした。コースの使い分けが上手くできました」(大本営)

石井が3回2安打無失点。
長峰が2回無失点で今季初勝利
初回に2段モーション気味の投球で不正投球を取られるなど四苦八苦しているようです。
打線は3安打2得点




|

« H1-9D(5.28)小笠原完投 | トップページ | 移動日の話題(5月30日の記事) »

コメント

いきなり渡邉選手のコメント。
ありがとうございます。
初回の松中選手の当たりは
いつもと違う打撃でしたから。
「仕方がない」で済んでよかったです。
立浪選手だったら、どっちも(略

投稿: Toshikichi | 2006.05.29 11:48

>>Toshikichiさん

松中の打球小笠原はタイミングはずせそうだったんですけど
ギリギリ当てられましたね
森野がセカンドに回ると渡辺の出番も増えそうですね

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.05.29 15:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OGA-ODAバッテリー:

» 小笠原プロ初完投勝利、猛打でカード勝ち越し! [ドラゴンズスタジアム]
1勝1敗のタイで迎えた福岡ソフトバンクとの第3戦。 今日は午後1時開始のデーゲームとなりました。 小笠原孝と杉内俊哉という左腕同士の先発。 福岡ソフトバンクの4本柱の1人、杉内を 好調・福留をはじめとするドラゴンズ打線が 打ち砕いて、勝ち越しを飾れたのでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2006.05.29 12:03

» もうすぐ首位 [今を生きる+A]
上位2チームが負けた時に勝つ!これぞ奪首の醍醐味なり~今年こそ歌うぞ!あの歌を! [続きを読む]

受信: 2006.05.29 23:29

» 連勝に連笑 [outlandos d'amour]
 連勝に連笑。福岡ソフトバンクとの交流戦第3戦、中日は9-1で見事逆転勝ちで、連勝。交流戦前半を五分の成績で乗り切った。負けが先行しなかったことは、評価に値する。  試合は、ソフトバンクが二つのエラーと二つの走塁死で自滅。4本柱の一人・杉内が好投していた...... [続きを読む]

受信: 2006.05.29 23:33

» やったね!小笠原、594日ぶりの勝利がプロ初完投でホークスに勝ち越し! [Party?Party!@neppie.com]
交流戦、5割ターンで折り返し。今年は「降竜戦」から「攻竜戦」へ変貌? Illus... [続きを読む]

受信: 2006.05.30 01:48

« H1-9D(5.28)小笠原完投 | トップページ | 移動日の話題(5月30日の記事) »