« 医龍 Dragon Coach | トップページ | S2-1D(4.16)11残塁 »

2006.04.16

ファームD2-2G(4.16)吉見デビュー

自由枠ルーキー 吉見が対外試合デビュー。
2軍調整のドミンゴは3回無失点
打線はルーキー春田がホームラン

4月16日ナゴヤ球場
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Giants 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2
Dragons 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2
投手リレー G:栂野(6)-伊達(1)-南(1)-東野(1)
D:吉見(3)-ドミンゴ(3)-高橋聡(1)-久本(1)-遠藤(1)
本塁打 D:春田(6回)

ドラゴンズ野手成績
打順 守備 name
1 、三 鎌田 2 0 0
2 沢井 3 0 0
- 中村公 1 0 0
3 、二 森岡 4 0 0
4 新井 4 1 0
5 柳田 3 0 0
6 普久原 2 0 0
- 堂上 1 1 1
- 久本 - - -
- 遠藤 - - -
- 中川 1 0 0
7 春田 3 1 1
8 前田 3 1 0
9 吉見 - - -
- 竹下 1 0 0
- ドミンゴ 0 0 0
- 高橋聡 - - -
- 中村一 1 1 0

二塁打:前田

ドラゴンズ投手成績
- name
- 吉見 3 12 3 1
- ドミンゴ 3 10 0 0
- 高橋聡 1 5 2 1
- 久本 1 3 0 0
- 遠藤 1 3 0 0

選手短評

吉見
3回、38球、3安打、3三振、無四球、1失点
真っ直ぐは計測のマックスが141(もっと速そうなのが計測されず)
ほとんどは130キロ台。いい感じの球との差があるかな。

最大のミスは投手の栂野にストライクを簡単に取りにいい手打たれたこと。

三振はまっすぐでの見逃し三振1と
変化球(たぶんスライダー)での空振り三振が2

悪く言えば『普通の投手』
ただ無四球でコントロールに苦労していないのに好感
もっともこれが初の対外試合ですから
ここから徐々に上がっていけばよいでしょう

ドミンゴ
3回、39球、無安打、1四球、2三振、無失点
故障して落ちたわけではないので
成績自体は何の不思議もないです。
おそらく上に上がってもこれまでのような投球はできるでしょう

背負った走者は1人ですが
そのセット・・・
フォーム改良からは日がたっていないのであまり期待はしていませんでしたが
報道された改良案の下からセットするんじゃなくて
下げ幅は小さくなったけど、しっかり上から下ろしています(苦笑)
ただ「これでもか!」ってくらい静止していました。(それが端からわかるくらい)

次の回に交代なのに打席に立って送りバント&全力疾走(結果犠打成功アウト)で大拍手をもらっていました。

人数の関係もありますが、この人が一番うまいのか????

聡文久本遠藤
良くも悪くも変わっていません
聡文はコントロールで苦労してカウント悪くして痛打
久本は真っ直ぐごり押しで完璧(148出ていました)
遠藤は格が違います。

はっきりいってボールそのものは2軍の人のものではないです。

野手
鎌田
内角をつかれて達川ばりの『死球アピール』していました(笑)
守備ではセカンドでセンターよりの打球をランニングスローするなど
一軍が自信になったのでしょうね。

沢井
レフトははじめて見ましたがヘタクソです。
追いかけ方が危なっかしい
3回の失点も彼の責任かもなぁ。
打撃はこの日は簡単に打ち上げてばかりでした(すべて左打席)

新井
うーん兄貴っぽい打撃だ・・・

柳田
5番ですがどう育てたいのかよくわからないかも
ショートの守備は一歩目が遅いから
常に待つ格好の捕球になって送球が危なくなる
アマ時代は肩に自信があったようですが
正直プロだとカバーしきれなさそう。

春田
ホームランは風もありましたが思い切って引っ張った完璧なあたりでした。
次の打席の三振は思いっきり色気が出ていましたね

堂上
代打で満塁からタイムリー

ジャイアンツの大西が一番人気という現状はどうにかならないものか・・・

以下詳細
ジャイアンツの一巡目の選手名の左はポジション
S・・・見逃しストライク
W・・・空振りストライク
F・・・ファール
B・・・ボール
最後のカッコないは直前のカウント


1回表
ドラゴンズ先発吉見

2B脇谷
WBFB(2-2)→見逃し三振

CF大西
BFSB(2-2)→サードゴロ

SS古城
SBFFBFFFFB(2-3)→セカンドゴロ


1回裏
ジャイアンツ先発栂野

鎌田
BBBSSF(2-3)→空振り三振

沢井
WB(1-1)→センターフライ

森岡
BB(0-2)→ショートゴロ


2回表
LF山本
SBBF(2-2)→ライトフライ

1B吉川
B(0-1)→ライトフライ

3B大須賀
SW(2-0)→空振り三振


2回裏
新井
F(1-0)→サードゴロ

柳田
FBB(1-2)→レフトフライ

普久原
FB(1-1)→レフトフライ


3回表
C実松
WF(2-0)→レフトオーバー二塁打
レフト沢井、太陽が目に入ったか?不自然な追い方で頭を越される

RF十川雄
SFF(2-0)→空振り三振

P栂野
S(1-0)→センター前ヒット
一死一三塁

脇谷
FBF(2-1)→セカンドハーフライナー

大西
B(0-1)→センター前ヒット
D0-1G
二死一二塁

古城
F(1-0)→レフトフライ


3回裏
春田
FWBB(2-2)→ピッチャーゴロ

前田
W(1-0)→レフトフライ

吉見→代打竹下
BFBS(2-2)→空振り三振


4回表
代打竹下→2番手ドミンゴ

山本
F(1-0)→一ゴロ
バットへし折る

吉川
BSBSB(2-3)→フォアボール

大須賀
SWF(2-0)→サードゴロ
緩いあたりで5→4のみ二死一塁

実松
SBBS(2-2)→ショートゴロ
2球目暴投で二死二塁のあと


4回裏
鎌田
BBS(1-2)→セカンドゴロ

沢井
(0-0)→センターフライ

森岡
BF(1-1)→センターフライ


5回表
十川雄
(0-0)→ショートゴロ
柳田の送球それるものの新井がうまく伸びる

栂野
SS(2-0)→見逃し三振

脇谷
SBB(1-2)→ショートゴロ


5回裏
新井
(0-0)→センターフライ

柳田
SF(2-0)→センターフライ

普久原
SB(1-1)→レフトフライ


6回表
大西
BB(0-2)→セカンドゴロ
センターより鎌田が捻りながらランニングスローのファインプレー

古城
FBBF(2-2)→サードゴロ

山本
BBWFF(2-2)→空振り三振


6回裏
春田
B(0-1)→ライトホームラン
D1-1G

前田
BSF(2-1)→右中間ツーベース
ライトとセンターやや連携を欠く

ドミンゴ
(0-0)→ピッチャー犠打
三塁線絶妙
一死三塁

鎌田
BBSB(1-3)→フォアボール
4球目に死球アピール

沢井
(0-0)→センターフライ
センター大西ほぼ定位置で
三走前田タッチアップも8→6→2でホームアウト。
音、風岡両コーチ抗議も認められず。


7回表
沢井→中村公
ドミンゴ→3番手高橋聡文

吉川
BSSBFB(2-3)→見逃し三振

大須賀
WSB(2-1)→レフトフライ

実松
BB(0-2)→ライト線ツーベース

十川雄→代打三浦
BBWBF(2-3)→左中間スリーベース
D1-2G

栂野→代打加藤
FBWF(2-1)→ピッチャーゴロ


7回裏
三浦ライトへ
加藤→2番手伊達

森岡
SBW(2-1)→ショートゴロエラー
送球ミス無死一塁

新井
BSBB(1-3)→レフト前ヒット
森岡好走無死一三塁

柳田
(0-0)→死球

普久原→代打堂上
BF(1-1)→ライト前ヒット
D2-2G

春田
FWB(2-1)→空振り三振

前田
B(0-1)→ショートゴロ併殺打


8回表
鎌田サードへ森岡セカンドへ
(戦術的な意味よりも育成の意味でしょう)
堂上→4番手久本
高橋聡→中村一センターへ

脇谷
SBFBF(2-2)→空振り三振

大西
F(1-0)→ショートゴロ

古城→代打岩舘
S(1-0)→レフトフライ


8回裏
岩舘ショートへ
伊達→3番手

中村一
SSBFB(2-2)→レフト前ヒット

鎌田
BF(1-1)→キャッチャー犠打
一死二塁

中村公
BWS(2-1)→サードゴロ
二死三塁

森岡
FBBBF(2-3)→ファーストゴロ


9回表
久本→5番手遠藤

山本
BBSSB(2-3)→空振り三振

吉川
B(0-1)→センターフライ

大須賀→代打長田
BSBF(2-2)→サードゴロ


9回裏
長田サードへ
南→4番手東野

新井
SW(2-0)→空振り三振

柳田
SF(2-0)→セカンドフライ

遠藤→代打中川
BBWS(2-2)→空振り三振

|

« 医龍 Dragon Coach | トップページ | S2-1D(4.16)11残塁 »

コメント

メガドラさん観戦お疲れ様
昨日の試合は、投手陣はまあまあの出来でしたが、打線がいつものように、サクサクと展開してましたね。とがの投手ってよさそうですね。ボール判定は多かったものの、6回まであわや、パーフェクト
昨日あやうく、大本営に載る所でした(汗)
息子の頭だけが映ってるぽい?メガドラさんは、出入り口上すぐ前だったんですか?
てっきり白い服の似たひとと最後まで間違えていました・・・

投稿: えぽな | 2006.04.17 08:37

>>えぽな師匠
師匠もお疲れ様でした。
11:20ごろにはネット裏はほとんど埋まっていたので
自分はバックネット裏ではなくて一塁側のレッドシートの上のほうにいました。
見下ろしていたから下のほうにいた師匠たちもわかったし(笑)

途中で声かけようかと思ったけど
観衆が多かったので(2600人いたんですね)
最後まで移動しませんでした

栂野はボールが先攻していたんですけどねぇ
沢井をはじめ
あそこまでポンポンと打ち上げていたらつらいですね。

大西ワンマンショーじゃあるまいし・・・

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.04.17 09:14

観戦お疲れさまでした。
ドミンゴ投手、吉見投手の出来は
もちろんのこと、
澤井選手のレフトなど
いろいろな情報、感謝です。
途中までパーフェクトなど
多少は悶々だったようですが、
松山のゲームよりもこっちの方がよかったかも。

投稿: Toshikichi | 2006.04.17 11:11

>>Toshikichiさん

一軍のほうは消化不良を絵に描いた試合だったようですね・・・
ブルペンには山井、鈴木らもいて
単純に投手の層は厚いなあと思いました。

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.04.17 12:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファームD2-2G(4.16)吉見デビュー:

» マルティネスまたも報われず、粘投燕に残塁の山。 [ドラゴンズスタジアム]
松山・坊っちゃんスタジアムでの 古田PM率いる東京ヤクルトとの今季初顔合わせ。 雨で1日おいての対戦となりました。 注目すべきは、4試合連続本塁打を狙う福留。 凱旋登板となる同級生との対決で決められるでしょうか。 落合監督からの直接指導を受けた 荒木とウッズの成果ともども、結果はいかに...。... [続きを読む]

受信: 2006.04.17 11:25

« 医龍 Dragon Coach | トップページ | S2-1D(4.16)11残塁 »