« D0-2C(3.31)岩瀬敗戦 | トップページ | D3-2C(4.1)本領発揮? »

2006.04.01

開幕黒星発進

お知らせ
以前からあることですが
ここ1週間ほど特に、トラックバック、コメントの反映に
時間がかかる時間帯があります。
特に21~24時あたりを中心にその傾向が顕著なようです。
重複投稿についてはこちらで削除等の処理をしますが、
(この作業が手間と言うことはないのでお気遣いなく)

一度送って「あれ?反映されない」と思っても
すぐに再投稿せずに待っていると反映されることがあるので
気に留めていただければ幸いです



ドラゴンズ0-2カープ

広島が競り勝つ=プロ野球・中日-広島(共同通信・スポーツナビ)

岩瀬まさか!!9回投入裏目 3年目落合監督、初の黒星発進(大本営トップ)
落合監督 2年前と同じ服装で出動 夢に向かって(大本営)
中日 落合監督初の開幕黒星…岩瀬が敗戦投手に(スポニチ)
落合中日、初の開幕黒星スタート(日刊)
中日4年ぶりの開幕戦敗戦も落合監督は淡々「開幕は難しいもの」(サンスポ)
落合監督反省「開幕って難しい」 (デイリー)
初っぱなはこんなもの 開幕戦を落とす(共同通信・スポーツナビ)
守護神、まさかの2失点 岩瀬(共同通信・スポーツナビ)



落合監督「初っぱなはこんなもんだ。開幕は難しいよ。去年もこんなような試合をやってたじゃないか。全部を堅くいきすぎた。こっちも含めてな。」(大本営)
「広島が変わった? そんなに簡単なもんじゃない。やっているのは選手なんだから。」(日刊)
「初回3番井端の送りバントも、4番5番6番と繋がっていくはずだから。
(1塁線と3塁線のラインぎわをあけて守るファーストとサードのポジショニングについて)
それに対して打撃が変えられるわけじゃないだろ。」(CBC)

岩瀬「球も高かったし、打たれるべくして打たれました。開幕とは相性が悪いし…。ただ、(体に)悪いところはないし、気持ちをしっかりもってやるしかない。これで終わりじゃないんだから、切り替えてやるしかありません」(大本営)
「みんなに申し訳ない」(共同通信)

森コーチ「ウチの野球はできた。やるべきことをやって負けたんだから。岩瀬で負ければ切り替えはできる。」(大本営)

長谷部コーチ「球じたいにいつもとの違いはなかったけど、表情が硬かったね。みんな緊張していたけど、岩瀬は特に緊張しているようには見えました。」(大本営)

藤井「オープン戦と違って、甘い球がこなかった」(日刊)
「自分ではいつもの動きができたつもりだったけど… 開幕戦という雰囲気を感じることが出来たことをプ ラスにしたい。
プロはトーナメントじゃないので切り替えが大事ですから。」 (CBC)

開幕は黒星
投手リレーについては昨日も書きましたが
問題ないと思います。
大本営に「セオリー」とありますが、その最大の理由は
8回終了時で同点だと
後攻めチームのクローザーが「リードを守る」登板がなくなるからです。
(先攻めだと状況は変わります)
「リードしていない場面」ということで12回表まで登板させないケースが以前はありましたが
それは明らかに「勿体無い」ですよね。
(10回に岩瀬より劣る投手が打たれたしても
それはそこまでに打てなかった打線が悪いわけで)

8回から継投策に走った時点で
9回に岩瀬を登板しない理由となると
せいぜい長谷部コーチのコメントを首脳陣が重く見た場合だけでしょう。

攻撃面では
落合監督が堅いといったのは初回、8回のあたりの攻撃かな
(5,6回は単純に投手対打者の対決に負けただけ)

初回は藤井日ベントをさせておいて結果オーライの死球ですが、
結果的に二塁ベースは獲りました。
ここで井端に送りバントを命じる必要があったのかな?とは思います。

あとは8回の代走鎌田。
川上に代打を送って勝負をかけたわりに(しかも代打成功)、
やや緩い手かな。
一番強い手は「代走英智、荒木で決まらなかったら藤井に代打高橋光」でしょう。
後者は藤井をあえて2番スタメンで使っている以上難しいところはあるんですけど
(それでもセーフティバント(コレは指示だったのか???)をさせるくらいならなぁ。
7アレックス、8英智、9福留の外野がダメなわけではあるまいに)
前者の方は・・・どうも点が入らない方をにらみすぎた手のような気がします。
譲って鎌田と英智の走力に差がないとしても
ここで英智の名前って「効く」かなぁ・・・と


憲伸、無援 7イニング0封も開幕戦登板3連勝ならず (大本営)
川上7回無失点も、開幕不敗神話崩れる(日刊)

川上「黒田さんからは簡単に点が取れないから、点をやらないように。
開幕して、最初は相手も探りながら、自分も探りながら投げないといけない。球数は多くなったけど仕方がない。」(大本営)
「ゲームをそれなりに作ることができた。」(日刊)

川上は初回もたついたものの
7回まで無失点
3年連続の『重い試合』の初戦登板でしたが
まず仕事はしました。

日刊が言うように黒田に引っ張られて降板が早まったということはないでしょう。
というか「最後の決着がつくまで投げ続けるタイプ」なんて初耳だぞ(苦笑)


セットアッパー岡本何とか無失点(日刊)

岡本「開幕戦だったんで、力みました。同点だったので、0点で抑えないといけないと思っていた。今季は今日の形(岡本-岩瀬)が勝ちパターンになると思うので、頑張っていきたい。」(日刊)

岡本が師匠大塚並の劇場で今季初登板。


立浪好守で存在感発揮(日刊)

立浪「何年やっても開幕戦は緊張するもんです。(6回2死一、三塁で)ボクが打っていれば、憲伸を勝たせることができた。早く憲伸に勝ちをつけてあげたいです。」(日刊)

立浪は好守がよく出たようですね。
6回の打席はまあ勝負のあやみたいなものだからな


女子フィギュア真央&舞が始球式(日刊)

浅田真央「予想より人がいっぱいでびっくりしました。
(ライオンズの開幕戦始球式をした荒川に比べて)真央たちの方が全然下手でした。
またやりたい。今度は(ホームに)届かせたい。」(日刊)

浅田舞「リンクより緊張しました」(サンスポ)

浅田姉妹が始球式
あくまでドラゴンズカラーの妹の方がメインゲスト扱いなのかな(笑)



<ファーム紅白戦:紅2-1白>

紅:000 010 10  =2
白:000 000 01  =1
(8イニング制)

投手リレー
紅:久本-金剛-小林-斉藤
白:中里ー川井ー鈴木ー加藤

中里「今日は変化球を多めに投げたんですけど、だいぶコースに行くようになったのでまずまずです。
これから暖かくなっていくのに比例して状態をあげていきたいですね」(大本営)

ファームの試合がないので
紅白戦で実戦。(おそらく各投手2イニングずつ)
中里は2回2四球も無失点
川井は今年実戦初登板ですね。




|

« D0-2C(3.31)岩瀬敗戦 | トップページ | D3-2C(4.1)本領発揮? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開幕黒星発進:

« D0-2C(3.31)岩瀬敗戦 | トップページ | D3-2C(4.1)本領発揮? »