« D3-2C(4.2)先行逃切 | トップページ | 今週は6連戦 »

2006.04.03

堅守で逃げ切り、鯉キラードミンゴも復活

連日の継投策で開幕カードの3連戦を2勝1敗と勝ち越し
この日も守備を前面に押し出す守りかつ野球でした。



ドラゴンズ3-2カープ

中日、岩瀬で逃げ切る 中-広評(共同通信・スポーツナビ)
中日、競り勝って連勝=プロ野球・中日-広島 (時事通信・スポーツナビ)

“鉄壁竜”守って連勝(大本営トップ)
中日「連夜の1点差勝ち」6継投に落合監督苦笑い(スポニチ)
守った守った!中日、好守連発で連勝(日刊)
井端のダイブ、ピンチ救う 堅守で開幕勝ち越した中日 (共同通信・スポーツナビ)



落合監督「こんな下手な野球をやっても勝つんだから、みんな野球がうまくなった。下手な野球をやらせたんだけれど、勝ったんだからいいじゃないか。
ただ、取るところでしっかり取らなければいけなかったな。いろんなところでまだまだ反省点があるんだけどな。」(CBC)
「もう少ししたら(攻撃でも)落ち着いてくると思うよ」(大本営)
「もう少し楽な展開でピッチャーを使ってやれればいいんだけどな。」(スポニチ)

ウッズ「ゴールデングラブ賞がもらえるんじゃないのか。今のところはな。攻撃だけじゃなく、守備でもチームに貢献したいんだ。それだけの練習も積んできたんだ。」(大本営)

アレックス「いつもあの打球は練習しているからね。それでもいいプレーと褒められるのうれしいよ。去年までと違って、今季はレフトのポジションに挑戦しようと、思ってやってる」(大本営)

井端「ボクも(5回に)いい当たりを(栗原に)捕られていましたから」(日刊)

昨日もファインプレー連発。
特に井端のプレーは超ファインプレーでしたね
(テレビで峰竜太が『シャチホコ』って言ってたいました)

あとは日刊にもありますが
8回の立浪のカットプレーは冷静な判断でしたね。

監督の言う下手な野球は主に攻撃面かな
6回は岡本を替えるのが確定しているのなら
立浪を三塁で止める(9番の代打勝負)のも手だったでしょう。

大本営は7回の荒木にバントをさせなかったところを指していますが。
あそこは荒木が右打ちしようとしていたし
次打者の藤井があまりにノー感じだったし・・・
(それでも三塁にってのもわかりますけど)

8回は完全に谷繁が林に負けたってことで
それよりも2球で2アウトくれたやった4,5番に問題があるかな。



ドミンゴ、319日ぶり勝利 「今季は100%優勝届ける」(大本営)
ドミンゴが今季初勝利、対広島戦8連勝(日刊)
中日・ドミンゴ健在!赤ヘル戦8連勝(報知)
中日・ドミンゴが319日ぶり勝利!対広島は無傷の8連勝(サンスポ)

ドミンゴきょうは久々の登板で気持ちが高ぶっていた。アグレッシブに攻める自分の投球ができたと思う。
相性がいいという実感はある。ほかのチームとそんなに違うわけじゃないけど、なぜか感触がいいね。
昨年はファンに優勝をプレゼントできなかった。今季は100%届ける。」(大本営)
「優勝したいしアグレッシブにいきたい」(報知)

森コーチ「完投ペースだったのに。(ボークは)あいつの悪いクセが出た。もう1回練習させるよ」(サンスポ)

ドミンゴが復活の今季初勝利
調教師コーチのコメントのように完投まで行かなくても
もう少し投げてくれると助かるんですけどね。
あそこまで見事に苛立っていては交代もやむなしだったでしょう。

まずは合格点、でも手放しでは喜べないってところでしょう
(故障さえなければ1年間こんなものだとも思いますが)

で、サンスポの落合監督「阪神は五分でいい。いかに他から貯金が作れるか」っていつのコメントだ?
昨年の話じゃないのか?


高橋聡「ヤケクソ投法」でピンチ脱出(日刊)

高橋聡「最初に四球を出してしまったが、それで開き直ることができた。」(日刊)

聡文はデニーの後を受けて登板。
前日のデニーを見習って(?)
いきなり満塁にしておいて
後続を開き直って押さえ込みました。

この2戦完全に紙一重なわけですが
こういう積み重ねで勝ちを拾っていくのは
ドラゴンズのスタイルといえます。

それでも余計な四死球は心臓に悪いです・・・

これだけマウンドに上がる延べ人数が増えると
全員が全員好投って言うのも難しいからなぁ。


岩瀬が連続セーブ、3人でピシャリ(日刊)

岩瀬「しっかり自分の仕事ができてよかった。」(日刊)

で、結局岩瀬は3連投。
極端な話、3連投をさせないために
ムリヤリにでも「上がり日」を作るのも(9回は平井あたりにして)
手法ではありますが
まあ開幕3戦目でやるようなことでもないですしね。


主砲ウッズに初安打「まだ自分の打撃が出来ない」(スポニチ)
ウッズが幸運先制打(日刊)

ウッズ「点が入ったし、やっと数字も上がって嬉しい。
まだ自分の打席で気持ち良くスイングができていない。」(スポニチ)

「ラッキーなヒットだったけど、やっと数字(打率)が上がってうれしいよ。」(日刊)

ウッズがライト線にぽとりと落ちる先制タイムリー。
今季初安打でした。


福留「(捕球したサード新井が)待ったのは見えたんで、入っていけるなと、来られると嫌な、弱い部分があるんですよ。新人(セカンド梵)にはかわいそうかもしれないけど、走っているときにそんなことまで考えないしね。
体重をあずけていきました。
後ろの(一塁)走者だから、リードは大きめに取れる。ライナーで帰れる程度にね。」(大本営)

先制後の一死満塁でアレックスのサードゴロで
一塁走者福留が併殺つぶしのスライディング。


谷繁2安打1打点、全開間近(日刊)
谷繁4回に左前タイムリー(日刊)

谷繁「打ったのはシュート。追加点が欲しかったので、打てて良かったです。」(日刊)

谷繁は6回に見せたような右打ちができているうちは
打撃は大丈夫かな。
でも続かないしな


テスト入団の上田が移籍初安打!存在感アピール(スポニチ)
テスト入団上田が移籍後初打席二塁打(日刊)

上田「素直に嬉しい。勝った試合で打てたんで特に嬉しい」(スポニチ)

上田は代打で出てきて
移籍初打席初安打。


選手会長がファンサービスを率先(日刊)

広報部長選手会長井上が試合前にファンサービス。


グランパス君も駆けつけた(大本営)

マスコット交流の一環で
グランパスくん一家がナゴヤドームへ
Jリーグのマスコットでも珍しい全裸のマスコット、
グランパスくんもドームではユニフォーム着用(背番号は758=ナゴヤ)だったようです。
パコとジュニアとグララはそうでもなかったようですが・・・

ドラゴンズもサッカーみたいなスコアで来訪に応えました?




|

« D3-2C(4.2)先行逃切 | トップページ | 今週は6連戦 »

コメント

あれはグランパスのマスコットでしたか。
赤くて魚みたいだったので、てっきりカープの新キャラかなんかだと思ってました。

投稿: Frantz von Marinedolf | 2006.04.03 20:09

峰竜太さんでしたか。
あちらこちらのブログで
「しゃちほこキャッチ」と
書いてあったのはそういう事だったのですね。
それはさておきナイスプレー。
ドミンゴ投手を助けましたね。

投稿: Toshikichi | 2006.04.03 22:20

>>Frantz von Marinedolfさん

グランパスのマスコットは何年かおきに増殖していて
あの赤いのは今のところ最若の「娘」なんだそうです

>>Toshikichiさん

峰竜太の「小心コメント」連発の中、飛び出したフレーズでした。
そんなにシャチホコかなあ?とも思いましたけどね(笑)

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.04.04 11:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堅守で逃げ切り、鯉キラードミンゴも復活:

« D3-2C(4.2)先行逃切 | トップページ | 今週は6連戦 »