« OP戦:F3-2D(3.18)開幕演習 | トップページ | 川上憲伸、開幕2週前登板 »

2006.03.18

『野球の国』奥田英朗

本のお話。
やっちの今夜は栗ごはん8』さんのエントリィに紹介されていて気にしていたんですが
先日、『ダ・ヴィンチ・コード』の文庫版を買うついで(オイオイ)に購入。

直木賞作家(執筆当時まだ受賞してませんけどね)・奥田英朗が
2002年シーズンの野球をキャンプから
オフのマスターズシリーズまで、
各地で追った紀行ものです。
(文庫の発売は05年3月)

野球3、4割くらいのさじ加減、あとはマッサージと映画と麺類の話題。
それを皮肉で笑いの味付けしています。

旅の動機が逃避だったりするので
前向きにとかそういう感じじゃないんですが
なんといっても筆者がドラゴンズファンなんですよ
訪れているキャンプはまず北谷だし
「FAでやってきた谷繁は素直に応援できないけど
打ってくれれば応援するし、
でもやっぱり横浜にいった中村武志は気になるし」

なかなかツボだったんで一気に読んじゃいました。

野球界でこのあとにおこったこと(ストとか)考えても
この人の野球観戦観とかなかなか興味深いのです。
(見に行っている試合はドラゴンズ戦ばかりじゃないです。)

(以下ドラゴンズとまったく無関係)

あ、『ダ・ヴィンチ・コード』は・・・
一気に読んじゃえたからエンタメとしては面白いんだろうなあ
うーん、これが日本でウケた理由って何だろう?
世界中でヒットしたから?
(自分が読んだ理由もそんなもんだし)
ジェットコースターミステリィですね。
わざわざジェットコースターに乗る気さえあれば楽しめます。
あまり読後の印象が残らないなぁ

|

« OP戦:F3-2D(3.18)開幕演習 | トップページ | 川上憲伸、開幕2週前登板 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『野球の国』奥田英朗:

» 「港町食堂」 奥田英朗 [やっちの今夜は栗ごはん8]
直木賞作家の奥田英朗さんですが、お恥ずかしながら最近まで知りませんでした(爆) 知ったきっかけは皆さんもご存知の「古田のブログ」 こちらで紹介されていたんですよね。 しかも、(これが重要) ドラゴンズファンだというじゃないですか!! このキーワード...... [続きを読む]

受信: 2006.03.19 16:07

« OP戦:F3-2D(3.18)開幕演習 | トップページ | 川上憲伸、開幕2週前登板 »