« 青天の霹靂、落合監督カミナリ | トップページ | 思わぬ地元凱旋登板 »

2006.03.04

OP戦:YB2-2D(3.4)中田が打球を当て途中降板

北九州で中田賢一が凱旋登板も
2回途中打球を左ふくらはぎに当て途中降板。
詳細不明(病院にはいったようです)ですが球場の雰囲気は深刻ではなかったようです。

3月4日(北九州)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
Dragons 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
BayStars 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
投手リレー D:中田-小笠原-チェン-小林-石川
YB:岸本-三橋-高宮-吉川
本塁打 吉村

投手では小笠原が中田のアクシデントを受けての緊急登板ながら
ソロホームランのみの被安打1の好投。

打たれるのがホームランというのが問題といえばそれまでですが
よい投球ったようです。

チェンがオープン戦初登板
あと実戦で投げていない主な投手は鈴木くらいでしょうか
(あまり調子がいいという話を聞かないので心配な人なんですが)

小林石川はそれぞれ2回目の登板を1イニング無失点に。

攻撃陣は
荒木藤井がそれぞれ2安打でアピール。
ただそれ以外は北谷でのオープン戦同様に
ベイスターズの若手投手陣を打てませんでした

日刊スポーツスコア速報

(ネットで結果のみ閲覧)

|

« 青天の霹靂、落合監督カミナリ | トップページ | 思わぬ地元凱旋登板 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OP戦:YB2-2D(3.4)中田が打球を当て途中降板:

» 故郷 北九州で 被弾 中田 [SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue]
サニーです。こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。 中日ドラゴンズを応援しています。きのう、オープン戦が 北九州であった。中田賢一の故郷、北九州でのオープン戦、友人、知人、家族の前で投げられて、幸せだったろうと思います。でも、ニュー...... [続きを読む]

受信: 2006.03.05 12:23

« 青天の霹靂、落合監督カミナリ | トップページ | 思わぬ地元凱旋登板 »