« きっとカットできっと勝つ | トップページ | 川上は2億4000万円 4度目の交渉でサイン »

2006.02.12

Unsung hero

謎の男『フコドメ・コースキー(Kosuki Fukodome)』がWBC公式サイトで紹介。
よその国のメンバーを知りませんが
岩村、黒田というところを見ると
『無名実力者名簿』というより
『無名MLB青田刈り候補名簿』だと思いますが
まあどうだっていいや。
フコドメは2003年がホームランリーグ2位とか結構いい加減だし。


WBCの話題

Unsung heroes bound to emerge(WBC公式)
この人誰?・・・福留です!!大リーグ公式サイト WBC“無名”実力者名簿に登場(大本営)
米大HP、中日福留は「無名級」(日刊)
黒田、岩村、福留ら高評価 WBC“無名の注目選手”(共同通信・スポーツナビ)

福留(Fukodome)「有名じゃなくてごめんなさい。ボクもまだまだということですね」(日刊)

WBCサイトのタイトルを訳すると
「表舞台に出てくる陰のヒーロー」かな。
サブタイのLesser-known playersはしっかり無名選手って感じだけど。



で、ドラゴンズの春季キャンプでは
シート打撃(実戦打撃)も開始されました。

北谷キャンプ現地レポさんの写真はコチラのリンク先から
くわしいレポートは『和敬静寂』さんのエントリィからどうぞ
本文中★印は北谷キャンプ現地レポさんの写真(Flickr)へのリンクです。
規制がかかればログインを要求されます



北谷の話題

初のシート打撃(公式HP)

中日鈴木、シンカー試投(日刊)

鈴木「(シンカーは)3球くらい投げました。いい感じで落ちてくれたのもありましたね。これからは精度を上げていきたい」(日刊)

この日からシート打撃(ランナー、カウントを設定しての実戦形式の打撃、守備走塁練習)が開始。
11日投げたのは
鈴木(★:くねっ)、
鳥谷部(★:『一段岩隈』みたいなモーション起こし)、
長峰(★:右腕を広げるフォーム)、
小林(★:この日は(?)制球難)、
石川(記事は下に)、
チェン(★:石川から28をもらった格好ですね)の
A組=U-30ネタに困ったら大本営紙面組
(★:投手メニュー野手メニュー川相は練習休み)

鈴木は変則モーションで真っ直ぐ散らしてという投手。
落ちるボールで緩急つけられればいいですけど。

去年からキャンペーンのようにやっている『投手陣総緩急習得計画』(さっき命名)、
さすがにそうそう簡単にものにしている人はいませんねぇ。


ドラ・石川、へし折った!福留に続いてアレックスのバットも(大本営)
石川“新球シュートの威力"でバットへし折った(スポニチ)
中日石川、快投141キロ(日刊)

石川「インコースに投げた球はほとんど全部シュートです。
1年目は周りに圧倒された。去年は2軍スタートで悔しい思いをし、シーズンもチャンスがなかった。今年は、昨秋からやってきたことが、それなりの自信になってます」(大本営)
「味方だからといって遠慮してても仕方ない。顔付近でなければいいと思って投げました」(スポニチ)

小田「身内が相手だからそんなに内角は攻められない。だけど、アレックスのバットを折った球なんて良かった。ナイスシュート。投球に幅ができてますね」(大本営)

新井「食い込んでくる感じだった。詰まった、と思ったら、やっぱり詰まっていた」(大本営)

石川のシュートがまた話題に(★:登板フリー打撃と違い防護ネットなし、アレックスのバット折れる小田とのけぞる新井)。
長嶋コーチにフォームによる癖とか指摘されたようですけど
どこまで北谷組についていけるか?
英二や昌が上がってくる時期がとりあえず最初の足きりポイントですが、そこはクリアしそう。


ドラ・藤井が築く 史上最強外野陣 中堅・福留、左翼・アレックスと(大本営トップ)

藤井「走ると思ってませんでした。社会人の時から、いつも『決めつけるな。油断するな』って言われていたのに…。
プロはノックでも常に全力で追い、全部、全力で投げなきゃいけないと思っていたんです。でも、それだとかえって左右にブレちゃうことがある。抜いてばかりではダメですが、しっかりと状況判断をしてということです。
高さだけ調節すればいいように心がけています」(大本営)

荒木「シーズン中なら(自分のスピードがもっとあるので)セーフでしたね。あの捕球姿勢を見て走りましたから。でも、すばらしいスローイング能力ですよ。キャンプ序盤はスライド回転していたのが、今はきれいに回転していますからね。」(大本営)

打撃を我慢するといっても打順次第。(★:藤井のシート打撃、対チェン遊安藤井の打球をさばく鎌田、サードは渡辺
鳥谷みたいな2番はドラゴンズではみたくないし。


中日・ウッズ変身だ「今年は守備でも魅せるぞ」(スポニチ)

ウッズ「ファーストミットは大きいので芯で捕球しなくても捕れる。でも小さいグラブだと芯じゃないと捕球できないだろ。
バッティングだけじゃダメなんだよ。守備もしっかりやってチームに貢献したい
キャンプ中は、なるべく(特守を)続けたい」(スポニチ)

早川コーチ「すごく体がキレているよ。今年は意識しているね」(スポニチ)

ウッズのたたみ一畳分の守備範囲、
というか、せめてたたみ一畳分くらいはきちんと捕れって感じですが・・・

あまり期待せずに見守りましょう。
守備も仕事のうちですが別に名手がほしくて獲った選手でもないし。


将の猛ノック2時間に耐え…森野がダウン寸前(スポニチ)

森野「秋よりは涼しいんで問題ないです」(スポニチ)

新井「監督の顔を見たら(30本と)言えなくなりました・・・。
森野さんにマジ申し訳ないです」(大本営

落合監督「オマエ、エラーするときも兄貴そっくりだな」(大本営)
「選手に聞いてやってくれ」(スポニチ)

森野、新井は最後に監督ノック。
ラストの連続ノーエラーの設定を
新井が50本といってしまったことが悲劇の始まり?
40本台で新井がエラーしたようですね。
森野も安定してきたようです。
この様子は『和敬静寂』さんのエントリィ
『北谷キャンプレポート2006 2/11 その4 森野、新井の地獄のノック 』


普久原「いろいろ学ぶことが多くて、神経をすり減らしていますけど、目標とする選手のプレーを間近で見ることができるし、充実した日々を送らせてもらっています。
福留さんから、まずはしっかりと取ることが大事なんだ。送球はそれからだと指導され、守備の意識が変わりました。
せっかく北谷組でやらせてもらっているので、結果が残せるようにがんばるだけですね。」(大本営)

人知れず(?)1軍にいる普久原。(★:福留指導の見逃し(嘘)
右打席に絞ってがんばっていますが
英智、藤井に割って入ることができるか?


中里「ファンの反応にびっくりしたのは、やっぱり5年前でした。巨人戦で150キロの球を投げて注目されたときは、我ながらすごかったですね
でも右肩を汚した瞬間から、パタッと来なくなりました。それは見事なまでの変わり方でしたね。
(リハビリ中に中里の姿に励まされて闘病生活を送る人から手紙がきた)
昨年、1軍のマウンドで投げた直後、もう一度、その女性から手紙が来ました。病気を克服し、音楽の先生になっていました。本当にうれしかったですね」(大本営)

中里のちょっといい話。
ファームのナゴヤ球場で『記録係』が日常の風景になりつつあったからな
(ほとんどみんなわかっていても声をかけられない)

『記録係』、村田前館長が他界たあと
ちょっと緩んでそのまま去年から完全に立ち消えになったけど
どんな気持ちで選手は試合を見てたんだろ
聡文、長峰、中里が常連でした。


福留「練習中はできないけど、終わればちゃんとやりますよ」(大本営)

福留や井端がファンサービス(★:井端ミニサイン会福留も中田藤井)。



読谷組の話題

初のシート打撃(公式HP,ファーム編)

紙面情報はないですけど
読谷でもシート打撃が始まったようですね(★:読谷野手メニュー)。
人数が足りなくて音、風岡(★:アライバ?)両コーチが守備についたりしているようです。

登板は
久本(★:あっち向いてホイ沢井HR
金剛(★:右肩大丈夫かな赤手袋の堂上ヒット中川も外野を抜く
加藤(★:背番号は201光信セカンドフライ

土曜の東海ラジオで「ながら」で聞いていてはっきりしていないんですけど
立浪は最後の1週間(第4クール???)だけ北谷とかいっていたような・・・
まあ出演時、焼肉とアルコール入っていたみたいだしなあ。


竹下「育成選手の竹下です。ボクはみんなと立場が違うので、他の新人選手よりももっとアピールしなくちゃいけません。
今の優先順位としてはやっぱ守備。それがあるから育成選手になれたわけだし、早く1人前にならないと。でもキャンプに入って、守備はちょっと自信喪失気味。今日は立浪さんに、捕球の時のヒザの使い方をアドバイスされました。名商大の中村監督から立浪さんの凄さは聞いていましたけど、少し見ただけで欠点を見破られるなんてさすがです。
(宮本の)母校のPL学園の監督だった中村監督つながりでヤクルトの宮本さんからプレゼントされたグラブはまだ使ってません。沖縄には持ってきたんですがなじむのに時間がかかるのでもう少し先になりそうです。
練習は大変ですが、いつも前向きに、テーマを持って、取り組んでいるところです。」(大本営)

育成選手竹下の話題。(★:シート打撃対加藤



故障者情報(11日)

川岸が帰名
自主トレ中の左足捻挫で別メニュー調整が続いた
川岸が10日、沖縄市内の病院で検査。
ギプスで固定したほうが回復が早いという結論に達して帰名。
川岸は名古屋では絶対安静を指示された。

佐藤2軍監督「川岸にとってはくやしいだろうけど、しようがない。まだこの時期なだけよかった。早く治して練習に戻ってきてほしい」(大本営)

樋口が『現地指示』の別メニュー調整に(★:読谷投手メニュー表キャッチボール
大本営の『別メニュー調整』は平田以外にはメニュー表の『現地指示』なんですけど
ニュアンス的には
平田(★:シート打撃では走者役などをこなす)が一部別メニュー
吉見()たち『現地指示』が別メニュー
立浪()、山本昌()たちベテランが独自調整

とか書いたほうがしっくりくるかもしれません。
このブログの表記は面倒なので大本営に準拠。

一部別メニュー:平田(右肩関節唇損傷)、森岡(左ひざ痛)、吉見(右ひじ違和感)、樋口(腰痛)

帰名:川岸(左足首捻挫)



契約の話題

ドミニカ人テスト生「ガルバ投手との契約」を発表(スポニチ)
テスト外国人ガルバとペレイラ、中日が契約(日刊)
中日がガルバ投手と契約…ペレイラとは育成選手として契約(サンスポ)

ガルバ「自分はストレートで押していくタイプ。先発でも抑えでも与えられたところをやりたい」(共同通信)

ガルバが選手契約で背番号はあいていた(あけていた?)47に。
ペレイラが育成選手契約で第3クールから読谷のファーム練習に合流。

ガルバ1000万
ペレイラ400万




|

« きっとカットできっと勝つ | トップページ | 川上は2億4000万円 4度目の交渉でサイン »

コメント

日本名の「○○すけ」は
アメリカでは呼びにくいのでしょうか。
佐々木健介選手も「ケンスキー」とか
呼ばれていましたからね。
果たして有名になるのでしょうか。

投稿: Toshikichi | 2006.02.12 22:26

>>Toshikichiさん

コスキと書こうか、コースキーと書こうか
少し迷ったときに
佐々木健介のことは頭によぎりました

たぶんMLBにいかない限り無名のままだとは思いますが(苦笑)
WBCで一泡吹かせてほしいという気持ちもあります

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.02.13 06:13

どうも,現地です。ここ3日間和敬静寂さんとご一緒してキャンプ見てきましたが、さすがに3日間朝から夕方まで見てると疲れてしまい、まだ写真を全部アップできてません・・・すみません・・・
今日明日で写真整理してコメント付けなども完成させたいと思ってます。写真リンクは後からも追加していただけるとありがたいです・・・ほんとすみません。

昨日のシート打撃はやっぱりアキフミですね・・・速さもコースもキレも申し分無し。決め球のスライダーも低めに決まって、みんな手も足も出ませんでした。前に飛ばせたのはバットコントロールのいい井端だけで、しかもライトにふらふらっと上がったファールフライ。
今の微妙な立場を認識しての気合いのこもった投球でした。

あとピッチャーでは中田のコントロールが突然バラバラになったのが気になりましたね。特にセットでの投球はかなりストライクボールがハッキリしてしまいました。

打者ではなんと言っても川相さんの3安打。特に3打席目の中里の外角へのストレートをハッシと叩いたライト前ヒットはお見事でした。中里も初球からは打ってこないだろうと思ってたらしくびっくりしてましたね・・・

あと、鎌田が美しいフォームでクリーンヒットを2発飛ばして目につきました。彼のバットにあてる技術はレベル高いと思います。

また、井端の代名詞である右打ちでのタイムリーで荒木を還すという場面が印象的でした。シーズン中もこんな場面がたくさん見られればと思っています。

その後に行われた野手全員参加のベースランニング練習が面白かったですね〜1死2塁などの場面設定して、渡邊・荒木・井端・森野が内野守備につき、投手(石川・小林・チェン)が投げて落合監督がノックするのですが、これがまた走者が進めるか進めないか微妙ないやらしい打球ばかり打ってきます。
荒木の右にノーバンで捕れるかどうかのハーフライナーとか,三遊間抜けそうな当りで井端が逆シングルで捕って三塁に走ったランナー刺すとか、バントも強め弱めでコース狙ったりとか・・・
分て,特にルーキーには非常にいい経験になったと思いますし,荒木井端の守備のレベルの高さをまざまざと思い知ったと思います。こんなので次の塁進めないのか、みたいに。

次は水曜日の昼にランチがてら見に行こうと思ってますが、紅白戦があるようなら,それに合わせて行こうかなと思ってます。

投稿: 北谷キャンプ現地レポ | 2006.02.13 10:07

すいません、川相の3打席目の安打は中里からではなく中田からでした・・・

投稿: 北谷キャンプ現地レポ | 2006.02.13 11:55

川相はメンタルアドバイザーの肩書きが自身の選手としての意地に火をつけているかもしれませんね。

ベーラン競争などは報道されていないので大いに楽しんで見ました。

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.02.13 19:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Unsung hero:

» ウッズが魅せる! [Dra☆mode]
ウッズ変身だ「今年は守備でも魅せるぞ」 今年のウッズは守備でも魅せます。中日のタイロン・ウッズ内野手が11日、志願のノックを受けた。サブグラウンドで早川守備トレーニングコーチを相手に約15分間。一塁の守備につきながら、左手にはファーストミットではなく、二塁・遊撃用のグラブをはめていた。守備の安定度を高めるため、自ら見つけた練習方法だった。 昨季は135試合に出場して9失策。しかし数字には表れない�... [続きを読む]

受信: 2006.02.12 20:17

» 父さん、ニケと書いてナイキと読むんだ… [+リポメモ+]
エアマックスが大流行したのも10年近く前。 海の向こう、大リーグでは、Kosuki Fukodomeと書いてコウスケ-フクドメと読むらしい。 詳細は公式サイト。 ○福留、WBC“無名”実力者名簿に登場 大リーグ公式サイト 注目されるのはいいこと。 もっとも、スカウトの間では名..... [続きを読む]

受信: 2006.02.12 22:00

» シート打撃始まると、無名実力者フコドメ? [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプも、11日目。 建国記念日で祝日のこの日の目玉は、 キャンプ初のシート打撃。 実戦形式の打撃練習でアピールしたのは、 新球シュートで急成長中の石川と、 強肩ルーキーで荒木を捕殺した藤井でした。... [続きを読む]

受信: 2006.02.12 22:34

» キレるシュート 折れるバット [竜の調べにのって]
こんにちは、テッシーです 今日は所用で静岡に行ったため、 大本営こと中日スポーツを入手しました。 朝、最寄り駅で電車に乗るときに いつものようにトーチュウも買ったので 見比べる事が出来たんですが 同じ記事でも取り扱い方が違いちょっと面白かったです。 さてタイトルの記事 石川、アレックスのバットもへし折った!(中スポより) 入団3年目の石川賢投手が 8日のフリー打撃での福留選手に続き 11日のシート打撃でアレッ... [続きを読む]

受信: 2006.02.13 00:41

» 藤井株上昇一途 [スポーツ歩き]
事前の予想通り、 やはりオリンピックが始まると、 野球関連の映像は激減してきますね。 先程テレビ東京「スポーツ魂」を見ていたのですが、 ドラの映像といえば練習生の契約更改の件でした。 (この件につきましては明日取り上げます。) 昼間CSを見ていると、 阪神....... [続きを読む]

受信: 2006.02.13 01:13

» 藤井株上昇一途 [スポーツ歩き]
事前の予想通り、 やはりオリンピックが始まると、 野球関連の映像は激減してきますね。 先程テレビ東京「スポーツ魂」を見ていたのですが、 ドラの映像といえば練習生の契約更改の件でした。 (この件につきましては明日取り上げます。) 昼間CSを見ていると、 阪神....... [続きを読む]

受信: 2006.02.13 01:13

» 存在感。。。 [竜のしっぽにつかまって。。]
3年目石川がシュートを武器に、着実に存在感を増しているようです。 昨日(11日)のシート打撃では、切れ味抜群のシュートで、アレックスのバットをへし折ったりしたそうです。 [続きを読む]

受信: 2006.02.13 11:11

« きっとカットできっと勝つ | トップページ | 川上は2億4000万円 4度目の交渉でサイン »