« 老頭児じゃなくてVeteranだぞ | トップページ | 新しい波、新井、聡文、そしてジブリ »

2006.02.17

シート打撃、悲喜こもごも

16日は3回目のシート打撃は
川上、岩瀬、岡本、平井、マルティネス、ガルバの
O(オーバー)-30&外国人組で
10日のフリー打撃のときと違ってドミンゴが投げずに
読谷から合流の遠藤が登板。
(昌にもフリー打撃の要請はあったようですが『丁重にお断り申し上げました』とのこと)

本番でも軸になってもらう面々です。
若手組はそれを支える立場になる程度なら・・・

17日からは対外試合がはじまります。


北谷キャンプ現地レポさんの写真はコチラのリンク先から
シート打撃成績は2/16/2005 シート打撃 @ 北谷球場からどうぞ
本文中★印は北谷キャンプ現地レポさんの写真(Flickr)へのリンクです。
規制がかかればログインを要求されます



北谷の話題

明日から練習試合(公式HP)

(★:野手メニュー投手メニュー

川上は「本調子」にはほど遠く…打者9人に3安打(スポニチ)
川上、岩瀬がシート打撃登板(日刊)
中日川上キレなし「話にならない」(日刊)
中日・川上がシート打撃で2失点…左打者への不安をまたも露呈(サンスポ)

川上「左打者? うーん。球持ちが悪いのかな。(打者から)見やすいのかもしれませんね。
球威がなかったですね。もうちょっといいボールを投げないといけない。ただ、もう一度引き締めるためにもいい練習になりましたね」(サンスポ)

川上は打者9人3安打1三振1四球。
アウトは5個で交代


川上、岩瀬がシート打撃登板(日刊)
中日川上キレなし「話にならない」(日刊)

今季もヤバイかも!?岩瀬 さらに進化(デイリー)

岩瀬「もうちょっと抜けてくれないと苦しいかな。(球速を)2、3キロは落としたいです。
うまくいってくれればそれでよし、ダメならダメでって感じです。ボクの場合、1イニングをいかに抑えるかだから。先発ならいいけど試合で投げられるかどうかはまた別問題だからね」(大本営)

「チェンジアップはウイニングショットで使えるようにしたいから、もっと抜けて、もっと遅く、もっと低く投げないとね」(デイリー)

T三宅スコアラー「さすがやね。今年も厄介な相手になりそうやフーッ」(デイリー)

岩瀬は打者8人2安打1三振。
ワンセット目は遠藤のアクシデントのあとの緊急登板になったかも??
決め球では1セット目5人目の渡辺にチェンジアップを投球。

ナックルやシンカーと違ってチェンジアップは『遊び』の域を超えるのか?


左のエース、マルちゃん 実戦初登板2イニング5K(大本営トップ)
マルティネス絶好調5K、打者7人に対し直球ズバッ(スポニチ)
マルティネスが好投 中日(共同通信・スポーツナビ)

マルティネス「まだまだだよ。141キロ? 投げ込んでいけばもっと速くなるよ。オレはドラゴンズの優勝のために来たんだ。練習でいい投球をしても、試合でチームの勝利に貢献できなければ意味がないのさ。
ゲームで勝てるように、これから頑張りたい。制球、スピードとも、これから良くなると思う。
できれば、もうボクのことマルちゃんと呼ばないでほしい。マルちゃんはボクではなく別にいるんだから」(大本営)
「絶好調だ。投手コーチからも何も言われなかったしね。」(スポニチ)
「打者に投げたのはことし初めて。球種は昨年と同じ。調子は良かった」(共同通信)

C畝スコアラー「手ごわい…。
去年のオープン戦、背が高いだけで使えない、と思っていたら、シーズン途中から出てきた。今年はこれだけ順調に来ているんだから…。
ウチにくる可能性は十分ある」(大本営)

マルティネスは打者7人に1安打5三振。
畝スコアラーの言うようにオープン戦のころでも去年の活躍はわからなかったなぁ

『呼び名』は大本営が公募しないほうがいいと思います(笑)

で、良し悪しの判断基準に森コーチからのお小言の有無があるのね。


ガルバ制球よし(日刊)

ガルバ「コントロールはよかったと思う。日本の狭いストライクゾーンに対応していきたい」(日刊)

ガルバ打者10人5安打2三振1四球1ボーク
柳の下にマルティネスは2匹いるのか?


岡本“緩竜” 今季はこれで勝つ!新球チェンジアップ好感触(大本営)

岡本「(チェンジアップは)孝介が知らないっていうこともあるけど、いい感じでしたね。
きょうダメなら、やめるつもりでした。
あと少しだけ抜けてくれれば…。そこまでいけば、完成ですね。これから開幕までにやっていきます。」(大本営)

岡本は打者8人3安打1三振
ふたつたてつづけに暴投もしていますね。


平井「試したのはストレート、カーブ、スライダー、フォーク。カーブのような抜く球を実戦形式で投げるのは久しぶりだけど、楽しかった。このまま上がっていきたいですね。」(大本営)

平井は打者6人パーフェクト。
本人も手ごたえはあるようです。


遠藤「大丈夫です。
勝手に体が反応した感じ」(大本営)

遠藤は3人目の福留の打球を右肩に受けて()そのまま降板し、
アイシングして帰宿。
打撲の軽傷だったようです。


井上、“打”で奪う!!右翼争い激戦(大本営)

井上「まあ、この時期は結果とかそういうのはまだですよ。
この時期は左投手から少しでも多く打つようにするというのがテーマです。きょうは、岩瀬とマルティネスを選んで打ちました。
争いは毎年のことですから。」(大本営)

井上は2の2。
争いは慣れっこ
言い換えればレギュラーを確保できていないってことでもありますが・・・今年は?
そろそろ井上の季節ですね。


中日・藤井が憲伸撃ち!"落合道場"の成果でた!!(スポニチ)

藤井「クリーンヒットを打ったのが、シートで初めて。川上さんはまだ調整中とはいえ、打てたことはうれしいです。
結果が出たりすると、次の練習へ向けて気分も違ってくる。ひとつでも多くアピールしたい」(大本営)
「川上さんから?たまたまですよ。でも、左打席でクリーンヒットが打てたのは良かった。
あまりにもダメだったからじゃないですか?特に左打席でのトップの位置が決まっていなかった。だいぶ良くなってきたと思います」(スポニチ)

T三宅スコアラー「速い球にも対応できているし実戦タイプ。足は荒木並みだし肩も福留クラス」(スポニチ)

藤井は2の1
牽制で刺された岡本から盗塁も決めました。
結構、こういうところで目立とうとするのかな?


上田「争いは大変。でも、こんなに練習したことも今までなかったから、充実しています」(大本営)

上田は内野安打1本の3の1


小田「投手がクイックをしてくれるんだから、刺すのは当然です。共同作業です。いつでも走って来いという感じで待っています。
記事になるのなら協力します。レーザービームと言った方がいいですか」(大本営)

小田は川上のとき鎌田、岡本のとき小山の盗塁を指しました(小山のは三振ゲッツー)
藤井には盗塁を許して3-1
練習ということもありますが積極的に走って入るようですね


荒木「まだまだ。これからも居残りはやります。メニューになくてもやります。第3クールは最後まで居残り特守はやりますよ。このクールは徹底的に守りをやるって決めましたから」(大本営)

荒木は早出と居残りの特守


鎌田「ほんと、勉強になります」(大本営)

荒木、井端とともに早出特守の鎌田のコメント


井端「今は思いっ切り振ることを考えてますから」(大本営)

井端は居残りフリー打撃で
185スイングで117本の安打性と(うち8本柵越え)
打順3番に不安もありますが本人は結構その気?

柳田「最後の5球ぐらいで感じがつかめてきました」(大本営)

柳田は居残りティー、落合監督からミートポイントについて講義。


中里「フォームがバラバラなんです。これまでなら自分で修正できたのに、それができない。ひじがなかなか上がってこないんです。悩んでいます。
疲れが取れれば、ちょっとはよくなるのかな。でも、実戦が入ってくるこの段階でフォームがバラバラになるって、やっぱり悔しいです」(大本営)

近藤コーチ「苦しめばいいと思う。春季キャンプでは誰もが経験すること。まして、中里は初めての本格的なキャンプを過ごしているんだから。すべては経験なんだ」(大本営)

中里は16日はノースロー。
中里に限らず疲れはピークのようですね。
中里にはそこまでの経験もないわけで苦労しているでしょうが。


あと昌のHPを見ると
15日に指摘されたモーションの静止に関して
16日にも審判に試合用のモーションを見せて
ワインドアップに『問題ない。でも気をつけてくださいね』って言われたらしいですね。
一件落着でいいのかな?
(★:アップ中の昌



読谷組の話題

3回目のシートバッティング(公式HP)


斉藤「前回より腕が振れました。」(公式HP)

11打数1安打

小笠原「今日は、自分なりのピッチングができました。低めに思った所に投げられました。セットポジションでやや突っ込み気味で腕が振れなかった。課題ですね」(公式HP)

11打数2安打

久本「時々高めに浮きましたが、全体的には低く行ったと思います。カットボールがうまくなかったです」(公式HP)

8打数2安打

読谷でもフリー打撃。
金剛が17日の練習試合でも投げたようですし
ここらへんにも登板機会はありそうですね。
特に久本あたりが上でしっかり投げてくれれば投手の運用が楽になるんですけどねぇ


小川「アイツ(ライオンズ石井義)も苦労していましたから。努力を続けて、去年ようやく試合に出るようになって・・・
同級生が活躍して、うれしいけど、やっぱり負けられないという気持ちがある。
年齢的にも微妙な年に差し掛かっている。結果を出さないと、野球を続けられるかわからない。
お互い1軍で、同じ土俵に上がれれば一番。そのためにはまず自分。
一軍をつかむためには、守り。その守りで一番足りないのが、二塁への送球。スローイング、スピード、正確性。
古久保コーチに指摘されたことがあって、これかな、と気づいたことがある。それをキャンプで詰めていきたい」(大本営)

秋のナゴヤ送還後、読谷での調整が続く小川
浦和学院時代の同級生ライオンズ石井義、ジャイアンツ三浦貴と勝負するためにも上に上がりたいところですが・・・
活字で見ると、ときどき小山とどっちがどっちかわからなくなるんだよなあ・・・
小田とは間違えないだろうけど



故障者情報(16日)

一部別メニュー:平田(右肩関節唇損傷)、森岡(左ひざ痛)、吉見(右ひじ違和感)、樋口(腰痛)

帰名:川岸(左足首捻挫、3月初旬にランニング再開予定)



そのほかのドラゴンズの話題

『ドラゴンズスタジアム』さんのエントリィから

3月下旬に
ドラゴンズ70周年メモリアルアルバム(CD)』と
2006年中日ドラゴンズ選手名鑑(仮) (DVD)』が発売されるそうです(リンク先はアマゾン)
DVDのほうはちょっと興味あります。


もうひとつ、
『Number』の最新号(647号)に川相(と荒木)に関するドキュメントがあります。
ところどころ突っ込みいれたくなる表記があるんですが、
面白かったのでここで紹介。
(実はカペッロのインタビューが読みたくて立ち読みしたんですが(苦笑))




|

« 老頭児じゃなくてVeteranだぞ | トップページ | 新しい波、新井、聡文、そしてジブリ »

コメント

こんばんは~。
憲伸、やっと脱・練習生ですが、少し心配ですね。
今日の練習試合でも、聡文くらいしか合格点が出なかったようなので、ここはマルとガルバにがんばってもらわないと(^^;;
マルちゃん以外の呼び名は思いつきません(笑)
Number、早速読んでみます!!情報、ありがとうございます。

投稿: やっち | 2006.02.17 21:03

めがどらさんこんばんは~
 
藤井選手川上さんから打ったのに続いて
今日の試合でも2番には入って、つなぎのバッテングで2安打と結果を出してますね。
これなら立つちゃんもいいけど、足もある
藤井くんを使って6割の確率のいばちん
3番いいかも? 今年のドラの打線結構
面白そうメガドラさんも辛口だからやっぱ
あの人は代打?それとも下位打線?

投稿: えぽな | 2006.02.17 21:07

>>やっちさん
確かに『マルちゃん』で定着してますよね。
チェンは『ジャッキー』、柳沢は『シンゴ』などというベタベタなニックネームの人ばかりですし(笑)

ナンバーは普通に面白かったです。
川相はドラゴンズに来てよかったなあと思えます。

>>えぽな師匠
とにかく藤井は第一印象のテレビ観戦のイメージが悪いんで色眼鏡で見ちゃってます(苦笑)

この程度なら結構簡単に手のひらは返すので(笑)そのうちひっくり返ることを期待しています

一方立浪は打ってくれるに越したことはないんですけどね
今、森野とどちらを応援するかといわれれば
間違いなく森野です

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.02.17 23:56

どうも、現地です。昨日は宣さん率いるサムスンとの練習試合を見てきました。写真とスコア・試合経過はURL欄から。
宣さんは古巣への礼儀?として、先発・抑えのエース、センターラインの3人のWBC代表の5人全てを使って来ましたよ。
まあどこも同じと思いますが、とにかく高橋聡と新井、藤井が目立ちましたね。
聡文はこないだのシート打撃同様、球のスピード、コントロール、緩急、変化球の決まりどころとも申し分なかったです(キレまでは横から見てるんでわかりませんが、おそらく良かったんでしょう)。
三振取ってる写真のミットの位置に注目して写真見てみてくださいね。
1回の1番バッターは速球で押してファウルでカウント稼ぎ、変化球が低めに決まって仕留め、二人目は高めのストレートの球威で空振り三振、3人目はスライダーかカーブで緩急の差をつけタイミング合わずに泳がせて空振り三振。
2イニング目は一転打たせて取るピッチングの組み立て。三人目はインコースに食い込む球でバット真っ二つ。胸のスク投球でしたよ。
新井はホームランも含め全てパンチの効いたプルヒッティング。一発の魅力もありますが、まだ穴も多そう。藤井も左打席でしぶといバッティングを見せてくれました。
他のピッチャーはかなりボロボロにやられてしまいましたが、もうエンジンがかかってこないとまずい時期。しっかり調整してほしいですね。
エラーは柳田の2つが記録に残ってますが、他にもゲッツーが取れなかったりバント失敗したりとかいろいろミスがありました。石川も取ってればゲッツーのピッチャーライナーが取れずに内野安打にしてしまい、試合後レガースを着けて森コーチの猛ノックをサブで受けてましたし、柳田は落合・高城・宇野の3首脳からトリプル個別指導を延々と受けてました。右手を尻のポケットに突っ込んで捕球するような練習で形を作ってましたね。
まあ初戦ですが、これから実戦感覚を高めて行ってほしいものです。
今日はSKワイボンズとの対戦。オリックスから行った塩谷がいるはずですね・・・先発は山井か石井でしょうか? 楽しみです。

投稿: 北谷キャンプ現地レポ | 2006.02.18 08:42

紹介おそれいります。
「小川」と「小山」ですが、
読んでいてサルヂエや
IQサプリのように
棒一本入れて違う名前にしてくださいの
ような質問が浮かんでしまいました。
浦学出身、頑張ってほしいです。

投稿: Toshikichi | 2006.02.18 11:03

>>北谷キャンプ現地レポさん

柳田と石川二人とも『居残り』だったようですね。
石川のノック、効果あるのかな?とか思うんですが
これをやりたくない!と思うだけでも効果はあるのかも?

>>Toshikichiさん

小田にはあと二本、棒がいりますね(笑)
これといった個性を出してくれれば・・・

投稿: MegaDra@管理人 | 2006.02.18 17:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シート打撃、悲喜こもごも:

» マルちゃん優等生 [C2って?]
左のエース、マルちゃん 実戦初登板2イニング5K  今年のマルちゃんは優等生です。中日の北谷キャンプで、ルイス・マルティネス投手(26)が16日、シート打撃に初登板。カウント1−1からの設定で2イニング、打者7人に投げ、5つの三振を奪った。シーズン途中か....... [続きを読む]

受信: 2006.02.17 21:14

» アンダー130 [竜の調べにのって]
こんにちは、テッシーです 昨日、今日とまた寒さが戻ってきましたね。 しかも中途半端な雨・・・ 気分がめいってしまいますが、頑張って元気に行きましょう! 岡本“緩竜” 今季はこれで勝つ!(トーチュウより) 岡本投手が左打者対策として 新球チェンジアップに取り組んでいるようで、 昨日のシート打撃で福留選手などをあいてに試したようです。 いままでの岡本投手は 速球をグイグイ押し込んでいく... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 00:58

» イスをかけてのシート打撃。 [+リポメモ+]
限られた数の相手の中で一生かけての大激闘。 この日は北谷でも読谷でもシート打撃が行われました。 キャンプももう終盤ですね。 ○左のエース、マルちゃん 実戦初登板2イニング5K マルティネス 「まだまだだよ。141キロ? 投げ込んでいけばもっと速くなるよ。オレは..... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 01:05

» エースと左のエース [スポーツ歩き]
昨夜久しぶりに「すぽると!」で野球映像を見ました。 シート打撃に登板する憲伸と岩瀬を伝えていました。 ちょっと眠かったのでワインドアップの岩瀬のフォームを、 しっかりと見なかったのは残念ですが、 見慣れないフォームにも変な違和感は感じませんでした。 ... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 01:53

» 16日目 優等生のマルちゃん、  一樹頑張れ! [SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue]
サニーです。こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。中日ドラゴンズを応援しています。キャンプ16日目の話左のエース マルちゃん北谷キャンプで、ルイス・マルティネス投手が、16日、シート打撃に初登板。いい! グッド!左腕からの速球はMA...... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 10:28

» マル快投、岡本新球、井上藤井シート打撃あれこれ。 [ドラゴンズスタジアム]
沖縄キャンプは、16日目。 この日、午前中のシート打撃には、 エース・川上、守護神・岩瀬、 セットアッパーの岡本、平井など 主力投手が続々と登板しました。 中でも圧巻だったのが、 来日2年目を迎える左腕マルティネス。 打者7人を相手に5三振と快投を見せました。... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 11:16

» マルちゃん好調・エースの不安 [Dra☆mode]
左のエースマルちゃん絶好調5K 今年のマルちゃんは優等生です。中日の北谷キャンプで、ルイス・マルティネス投手(26)が16日、シート打撃に初登板。カウント1−1からの設定で2イニング、打者7人に投げ、5つの三振を奪った。シーズン途中から1軍に上がった昨年と違い、今年は早くも上々の投球。 マルティネスの06年初実戦登板は圧巻だった。左腕からの速球はMAX141キロを計測。制球も�... [続きを読む]

受信: 2006.02.18 18:33

« 老頭児じゃなくてVeteranだぞ | トップページ | 新しい波、新井、聡文、そしてジブリ »