« 第3オフ日 | トップページ | 野口、ジャイアンツへ »

2005.11.17

最終クールスタート

長かった秋季キャンプも最終クールがスタート
ケガをせずに乗り切れ!


沖縄秋季キャンプ

16日の紅白戦の様子は
北谷キャンプ現地レポさんのYahoo!フォトから
紅白戦詳細はこちらからどうぞ

紅白戦、3連続HRは高橋(光)(公式HP)
テスト入団の上田、打撃も急騰 紅白戦ただいま4割6分2厘(大本営)

上田「ああいう強い打球を打てれば、来年に向けてつながると思います。ボクは(首脳陣に)見せておかないといけないから。
監督が(日本ハムに)来ていきなり、2時間ティーを上げてくださったんです。
ポジション? それはボクには分かりませんよ。しっかりとやるだけですから」(大本営)

長嶋コーチ「孝介がセンターを守れるようにしておけば、いろんなパターンが増えてくるから」(大本営)

上田は右中間へ長打2つ(フォトアルバム(=#)8~、#78~)

光信には『日本タイ記録の4二塁打』とかぶっ飛んだ見出しを使ったせいかも知れませんが
上田の扱いがいきなり大きく。
3安打で採用で1週間たたないうち2安打で急騰とは
いつ暴落したんだ?って感じなんですが(もともと底値?)
よっぽど『読者の声』が大きかったのか?


高橋光3発(大本営)

高橋光「今ボクがやろうとしていることは、両手をギュッと絞るから、バットが折れやすいんですよ。こう見えても握力60キロはあるんです。3本のうち、一番納得できるのは2本目です。今までなら打てなかった打て方でもっていけましたから。キャンプの成果です」(大本営)

高橋光信は貫禄(?)の3本塁打(#69~、#89~、#135~)


佐藤「結果オーライの部分もあるけど、内容が大事。自分なりに持っていた課題はできたと思う。
(一番の課題は)腕を上からしっかり叩いて投げること。
ケガしないように強くすることはもちろん、負担をかけないようにしないと」(大本営)

佐藤は5回5安打3三振、無四球、無失点(#5~)


中里「ケガをする前からカーブは投げていたけど、コントロールが悪かった。今日はカーブでカウントが取れた」(大本営)

中里は変則で9回表裏連続で登板(#159~)
打者7人無安打3三振1四球
2イニング目となる9回裏は3者連続三振で締め
試合後はブルペンへ(#191~)


そのほかの投手は
山井が高橋の2HRなど5回9安打3三振1死球6失点(#17~)
小林2回 2安打 1三振 2四球 1死球 無失点(#95~)
久本2回 2安打 2三振 0四球 1失点(高橋HR)(#109~)
川井1回 1安打 1三振 0四球 無失点(#)(#139~)
長峰1回 1安打 2三振 1四球 無失点(#)(#148~)


普久原「今は左は個人練習だけ。右の練習量を増やして、しっかり振れるようになってきたと思う」(大本営)

5月以降左打席封印の普久原、16日は右の佐藤相手の三塁打(#27,28)を含む3安打(川井からの二塁打は#144)


井端が練習再開
森コーチがドミニカウインターリーグ視察のため沖縄を離れ東京へ

しばらく監督と森コーチが不在なのか



ナゴヤ球場残留組

金剛「もう肩の痛みはないですね。ブルペンだとどうしても力が入ってしまうので、まずは(フリー打撃で)平たんなところから投げて徐々に段階を上げていきたい」(大本営)

9月下旬に右肩を痛めた金剛が中村公を相手に65球のフリー打撃登板。
2ヶ月ぶりの打者に対する投球。

右肩に違和感を覚えて14日夜に帰名した鈴木義広が名古屋市内の病院で検査を受けた。
詳細不明も症状は軽い模様。
16日はナゴヤ球場の練習に参加。ランニング中心のノースローメニューで汗を流した。

CBCラジオによるとシーズン終盤から少し痛みはあったみたいですね。
それでフェニックスリーグやら紅白戦やら投げていたのか・・・

ドラフトの話題

【運命の11・18(野手編)】中日が駒大・新井良太に興味(サンスポ)
大学・社会人ドラフトへきょうにも最終会議(スポニチ)
中日スカウト会議、指命候補絞り込み(日刊)

中田スカウト部長「今日は(リストから)消してあった選手をもう一度掘り起こす作業をした。(リストの)7割は投手。指名巡は明日(17日のスカウト会議で)決めます」(大本営)
「捕手は獲りません。四国アイランドリーグ所属の選手も縁はないかな、という感じ」(スポニチ)
「捕手は適当な選手がいない。リストから消した選手もいるし、新たに加えた選手もいる」(日刊)

18日の大学社会人ドラフトを前に東京で落合監督を交えスカウト会議。
大本営で新たに名前の挙がった選手は

西村 弥(わたる) 内野手 右投両打 沖縄尚学-東京情報大(千葉市)



そのほかのドラゴンズの話題

福留、200安打宣言 JCB・MEP賞表彰式(大本営)
中日福留、来季セ最多安打に挑戦(日刊)

福留「青木から『打席でどういう気持ちで立っているんですか?』と聞かれたんだけど、こっちが『なんで打てるの?』と聞きたいくらいだったよ。200本? 打者の目標だからね。打率でも上を行きたいねえ。
(MEP賞は)これからも続けたいと思うし、まだ上(最優秀賞)もある。先輩(PL学園出の今岡)に先を越されちゃったから」(大本営)

福留のオフの表彰もこれが最後かな。
このあと沖縄に戻る予定。

大阪日刊の記事は嫌がらせか(笑)?

(関連)・JCB・MEP賞公式HP



そのほかの話題

サムスン・宣銅烈監督、古巣中日相手に「戦いたい」(スポニチ)

サムスン宣銅烈監督「来年はお互いに優勝して戦いたいと話した。中日には4年間お世話になったし、韓国でいい外国人選手がいたら紹介したりもしたいね。
日本と韓国の違いは細かいプレー。これができないと優勝できない。」(スポニチ)
「(年間セーブの自分の持つ球団記録を更新して日本記録の)岩瀬はすばらしいね。いいスライダーを持っている。バッターはあの球は打てないよ」(大本営)

来日中のソン・ドンヨルさんが球団事務所を表敬訪問。
同じころ秋のキャンプでLGに川相がバントをおしえているのを見たらどう思うだろう(苦笑)

ソンさんますます丸くなったなぁ
メガネかけたら『将軍様』そっくりかも??


ソフトバンクが中日・仲沢を無償トレードで獲得…背番「0」(サンスポ)
ソフトバンク無償で中日・仲沢を獲得 (報知)

仲澤「リーグを代表する強豪チームに入れてもらえてうれしい。レギュラーを獲得するつもりでがんばります。」(サンスポ)
「王監督は選手によく話しかけてくれるし、やりやすそうなチーム」(報知)

仲澤の移籍が正式発表。
無償トレードの形で落ちつきました。

今季は3月の右手首の手術で出遅れた仲澤。
結果として『4番候補』の肩書きが
少し仲澤の邪魔をしたかとも思っていますが
(個人的な打撃の印象は大ヤマ張ってひっぱたく足の速い元木@元Gというところですね)
その過程で内野各ポジションはじめ外野も経験するなどしたのは今回の採用にはいいほうに出たようですね。




|

« 第3オフ日 | トップページ | 野口、ジャイアンツへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終クールスタート:

» セ・リーグJCB・MEP賞 [NO.1  NO.5]
昨日は、2005年セ・リーグJCB・MEP賞の授賞式。 『セ・リーグを最も沸かせた男』を公式記録員が、各球団ごとに選出、と言うものだそうですが。 中日はコースケが選ばれてますヾ(≧▽≦)ノ 授賞式に臨みました。 最優秀JCB・MEP賞は、 阪神・今岡。 コースケは、優秀JCB・MEP賞受賞でした。 優秀JCB・MEP賞受賞選手は、三浦 大輔 (横浜)・青木 (ヤクルト)・ 阿部(読売)・ 新井(広島)。 そうそうたるメンバーですわ。 コースケは、オーバーホールの話もあ... [続きを読む]

受信: 2005.11.17 19:15

» 圧巻3発高橋光信VS中里、紅白戦で対決! [Stadio Toshinao]
沖縄キャンプは23日目。 今日から第4クールが始まりました。 この日、雨のために延期になっていた 紅白戦がようやく行われました。 圧巻だったのは、高橋光信! なんと3打席連続のホームラン!... [続きを読む]

受信: 2005.11.17 22:36

« 第3オフ日 | トップページ | 野口、ジャイアンツへ »