« T3-9D(6.23) | トップページ | 引越し »

2005.06.24

デッドライン越えて?

「オレが死線(デッドライン)を越えたらなんだって?
言っておくがオレは死線など何度も越えてきた」

などといったかどうか知りませんが、23日の紙面で渋谷真設定ののデッドライン越えはいったん回避。
(↑よっぽど気にしていたらしい>自分)

出だしのセリフ(たぶん細かいところが違うと思う)の主(マンガのキャラ)みたいに
自分で勝手に線をひいて自分でわざと越えるようなまねはしないでしょうけどね。

そして落合監督が泥沼脱出(?)宣言。

タイガース3-9ドラゴンズ

一挙6点 竜3タテ防止 四球だらけトラ投やっと捕まえた(大本営トップ)
「オレ竜」執念の3タテ阻止!荒木V撃お見事(スポニチ)
オレ竜2位復帰だ!首位に3ゲーム差迫る(日刊)
オレ竜 復活宣言 (デイリー)

荒木「ボール球に食らいついた? 気持ちがね。ピッチャーに捕られるかと思いましたけどよく抜けてくれました。それまで塁に出ながらなかなか、かえってこられない展開。(山本)昌さんも頑張ってたし、何とかしたかったんです。」(大本営)

落合監督「ようやく野球ができる体制が整ったな。選手の足が動き出した。もう大丈夫」(大本営)

監督の「らしさ」ができきたにつづいての「大丈夫」発言。
表面だけ見ると大阪日刊の言うように「まだまだ」という印象もあるのですが、
どこを見てそういっているのか興味のあるところです。

足が動くと高代コーチの腕が無駄に動く、この連鎖も断ち切ってほしいところですけど。
(「無駄」でない分にはいいのですけど・・・って監督の言ってることとは違うな)


山本昌、耐えた!しのいだ!絶対負けない!意地の5イニング2失点(大本営)
山本昌、力みまくりも…「虎キラー」ぶり発揮(スポニチ)
中日山本昌、ラッキー5勝目(日刊)
中日・山本昌5回6安打2失点…粘りの投球で5勝目 (サンスポ)

山本昌「力みまくりで、走者を出しながらも、大量点にならずによかったですよ。
今日は勝ちたい気持ちが強すぎたけど、何とか粘っておいてよかった。」(大本営)

こんな試合で勝てるのが山本昌がいままで積み上げてきたものなんでしょう。
さすがです。


「よかった」…中日川相が今季初安打(日刊)

川相「やっぱ1本出ればうれしい。打席が回ってきたので何とか打ちたいと思った。より多く点が入れば安全だから。
3連敗と1勝2敗では全然違うから。今日は勝ててよかった。」 (大本営)

9回、二死満塁から今季初安打で打点2)失策も絡み3得点)
結果的にはこの追加点が大きかったですね。


高橋聡圧巻!三者連続K!!(大本営)

高橋聡「振ってくれたのは全部ボール球ですよ。際どいボールだったから振ってくれたのかも。自分のボールを投げたら打たれないとは思っています気持ちよかった?いや、ハラハラしてました。
(先頭の赤星は四球)あんなことやってたらダメですよね。」(大本営)

7回登板の高橋は鳥谷、シーツ、金本から三者連続三振。
三振が取れるという意味で今一番いい投手かも。


そのほかのコメント

井上「強く叩こうと思っていただけ。いいところで打ててよかった」 (サンスポ)

6回追撃開始のタイムリーツーベース。


ウッズ「ランナーを返すためのフライを打とうと思った。その通りになってよかった。」(大本営)

初球を打ち上げたものの打球が天井直撃でファールゾーンに落ちて『命拾い』のあとの犠飛。


高橋光「自分から球に当たりはしませんが、何としても仕事をしたいと思っていました。」(大本営)

3度目の打者山本昌の満塁機に代打登場。
押し出し死球で同点に。
暗に清原批判(違う)


立浪「四球の形はよかったけど、(1-3から)真っ直ぐを狙って真っ直ぐをからぶり。ショックでした・・・」(大本営)

5点目の押し出し四球もまだまだ全開とはいかない模様。


T今岡「昨日(22日)の8回の打席。ほかのチームだったら売っていたと思うんです。だって、今の自分の状態は悪くない。あの場面も80%くらい、打てると思っていました。でも、、ここぞと集中したときには打たせてくれない。仕留めるべき球は仕留められず、逆にかわす球でかわされる。それが中日というチームなんです」(大本営)

金本敬遠の後の川上との勝負を振り返って。
イマイチよくわからん理屈なんだけどそれも今岡の今岡たるゆえんか?


ファーム情報

英智 あす実戦復帰 即1軍登録も、樋口&石井 こちらも順調 無難に打撃投手(大本営)

英智「やっとゲームにでられる状態に戻りました。ファームのゲームに出て、いつ(一軍に)呼ばれてもいい準備をしておきます」(大本営)

5月12日に右肩痛で登録抹消された英智は24,25日のサーパス神戸戦で実戦復帰。
守備、走塁が期待されるとあって週明けの北陸シリーズからの1軍登録も視野に入れての起用になりそう。


樋口「全体的にボールが高かったので、低めに力のある球を投げ込めるようにしていきたい」(大本営)

故障後最多のの60球を投球。

石井「コントロールが悪かった。次回はコースにしっかり投げ分けたいです」(大本営)

石井も打撃投手で63球。


そのほかの話題

野村17年目の偉業 2000安打(中国新聞)

カープ野村謙二郎選手が2000本安打を達成。
それに対する立浪選手のコメント。

立浪「ここ数年はけがなどで苦しんでいられ、それを乗り越えての達成ということで、2000本を打った人にしかわからない喜びがあると思います。本当におめでとうございます」(大本営)

「いられ」って敬語おかしくないかな?「おられ」?
立浪のときと比べても報道量が・・・
次は石井琢かコユキ(下手すりゃゴジラ松井の日米通算2000本)だが・・・さて
ともあれ、野村選手2000本安打達成おめでとうございます。




この記事のトップへ

|

« T3-9D(6.23) | トップページ | 引越し »

コメント

あの高代コーチの腕の振りは
4時間で何とか終わらせろという
巻きのサインでは?
それにしても不可解でした。

投稿: Toshikichi | 2005.06.24 16:08

高代コーチはときどき「わからない」腕の振りをしますからね・・・
普通は好走塁とは紙一重なんですけど

なんか耐火扉一枚ぐらい間にあるような感じです。

投稿: MegaDra@管理人 | 2005.06.24 18:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デッドライン越えて?:

« T3-9D(6.23) | トップページ | 引越し »