« G6-4D(4.8) | トップページ | G5-3D(4.9) »

2005.04.09

更新するのもうっとうしい試合


川上憲伸が打たれた満塁ホームランって
プロ入り後、2本目だそうですね。
ま、どうでもいいや。ささっと記事紹介。


ジャイアンツ6-4ドラゴンズ

憲伸、プロ2度目の屈辱 99年以来の満塁被弾 (大本営)
中日連敗…憲伸で負けた 屈辱の5回降板(スポニチ)
中日今季初の連敗、川上満塁弾に泣く(日刊)
中日・川上5回6失点…“一発病”がまたも再発 (サンスポ)
川上、一発に上原にまた負けた(報知)
川上ぼう然KO (デイリー)

川上「あそこは厳しい(コースの)球より、威力がある球を投げたかった」(大本営)


金剛、1軍昇格即ローズ斬り最強打線に直球通じた (大本営)
中日ドラフト9巡目金剛、無失点デビュー(日刊)

3番手はルーキー金剛、7回1イニングを無失点デビュー

金剛「いや、何を投げたかよく覚えてないんです。谷繁さんのミット目がけて投げましたから。1人投げるまでは、とにかく肩の力を抜こうとして…。クリーンアップは名の知れている人ばかり。でも、それを気にしないように投げました。やっぱり自分の名前がコールされた時はうれしかったです」(大本営)


鈴木 巨人戦・・・感激です(大本営)


鈴木は3連投で巨人戦デビュー、2番手で6回1イニングを無失点。

鈴木「東京ドームは初めて。それもうれしいけど、巨人との初戦に自分がいられるということがうれしいです。いい打者と対戦して勉強になります。これからも抑えていきたいです」


高橋聡 ”涙目”井端さんのおかげ(大本営)

4番手8回裏二死満塁のピンチを井端のファインプレーで切り抜ける

高橋聡「やられたと思いました。よかった。助かりました井端さんのおかげです。うれしくてうれしくて」


福留、目覚めの猛打賞 G戦黒星スタート…でもご安心を (大本営トップ)
中日福留、復調1号(日刊)

福留は今季第1号ホームランを含む猛打賞。

福留「左への弾丸ライナー? 久々にしんに当たったから。思い切っていくことだけを考えていた。ボールを振っていたわけではないし、むちゃくちゃ悪かったわけでもない。自分の感覚を取り戻せば、何とかなると思っていた。自分の中の誤差を少なくしていけばいいから。監督やコーチの意見? 自分で見えていないこともあるからね」(大本営)


高橋光 代打成功率5割!!(大本営)

8回に左腕・林からフェンス直撃打(シングルヒット)

高橋光「スライダーです、ちょっと(打球が)低かったですけど、うまく打てました」


立浪 2年ぶり上原打ち(大本営)

上原から03年4月20日以来のヒット

立浪「去年打ってないのはわかっていましたけど2年ぶりですか・・・」

2回裏はデンジャラスな守備を披露。


そのほかのコメント

ウッズ(8回追撃ソロHR)「ずっとジャストミートすることを心がけていたが、やっとバットの芯でとらえることができたね」(サンスポ)


そのほかのドラゴンズの話題

野口約40球 左肩順調に回復(大本営)

左肩の違和感から3月21日の教育リーグ(対阪神戦=ナゴヤ)で先発を緊急回避した野口茂樹が8日、ナゴヤ球場で行われた練習で約70メートルの遠投を行った後ブルペン入りし、立ち投げで約40球を投げた。


・中日ハプニング発生、花見で交通渋滞(日刊)



この記事のトップへ

|

« G6-4D(4.8) | トップページ | G5-3D(4.9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新するのもうっとうしい試合:

« G6-4D(4.8) | トップページ | G5-3D(4.9) »