カテゴリー「17年公式戦」の70件の記事

2017.06.24

170624 G2-8D (通算30勝36敗3分)

小笠原が成長の跡を見せ2勝目

6.24(東京ドーム)
D❘001 100 501❘8
G❘000 000 002❘2

【ドラゴンズ本塁打】
谷(7回3点)

【ドラゴンズ投手】
小笠原(8.1回 134球 被安4奪三7与四死4失2責2)中7日
 〇:2勝2敗
又吉(0.2回 9球 被安0奪三1与四死0失0責0)中10日

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(5-3①)
(4)亀澤(4-2)
(8)大島(5-4①)
(7)ゲレーロ(3-2①)→R7工藤→H7松井佑(1-1①)
(3)森野(2-0)→H3谷(2-1③)
(9)藤井(5-2)
(5)福田(3-2)→5堂上(1-0)
(2)松井雅(4-0)
(1)小笠原(4-0)→1又吉

日刊スコア速報
こうやってだんだん良くなっていく若手を見ていくのは楽しいなという試合。
ジャイアンツ打線の低調さはあったものの小笠原はしっかりと内角を突いていく投球でプロ初完封目前まで行けました。
反省は大量点をもらった直後の7回の二者連続四球とバントくらいですかね。

打線は森野にバントさせたり、代打送ったり、
いろいろと掛けに近いようなこともやっているんですがズバズバと当たるというベンチのご強運っぷり。

谷は10年目でプロ初本塁打。

ゲレーロの死球の具合が心配ですが、それはどうにもならない部分なので…

明日の予告先発は中6日で前回初勝利同士の柳と山口俊

小郡で予定されていたファームの試合は中止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.23

170623 G0-1D (通算29勝36敗3分)

リーグ戦再開初戦で岩瀬が2014年以来のセーブ

6.23(東京ドーム)
D❘000 100 000❘1
G❘000 000 000❘0

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
バルデス(8回 116球 被安3奪三6与四死3失0責0)中5日
 〇:4勝4敗
田島(0.2回 9球 被安1奪三0与四死1失0責0)中4日
 H:1勝2敗4H18S
岩瀬(0.1回 3球 被安0奪三0与四死0失0責0)中4日
 S:2勝3敗16H1S

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-0)
(4)荒木(3-0)
(8)大島(3-1)
(7)ゲレーロ(4-1)→R7工藤
(3)森野(4-2)→1田島→1岩瀬
(9)藤井(4-0)
(5)福田(3-1①)→5堂上(1-0)
(2)木下(3-1)→3谷
(1)バルデス(2-0)→2松井雅

日刊スコア速報
バルデスの安定した投球が勝利を呼び込んだ試合。
ビシエドを欠く打線はさすがに苦労しましたが、
好相性を買われてスタメンになった森野(マルチ安打)と福田(先制決勝打点)が活躍。

ハイライトは9回。
完封ペースでしたが嫌そうに投げていた坂本が先頭ということで
田島にスイッチ、田島が二死一二塁として代打に亀井が出てきたところで
岩瀬投入。

昨年は失敗したこの「賭け」に岩瀬が勝って久しぶりの403セーブ目。

今回も失敗したらいろんなものが一気に崩れるところでしたがなんとか踏みとどまりました。

明日の予告先発はマイコラスと中7日で小笠原。

6.23(筑後)
D❘000 000 000 ❘0
H❘000 020 00X ❘2

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
吉見(5回 69球 被安5奪三2与四死2失2責2)中6日
三ツ間(1.2回 21球 被安1奪三3与四死0失0責0)中2日
浜田智(0.1回 2球 被安0奪三0与四死0失0責0)中2日
金子(1回 19球 被安1奪三1与四死0失0責0)中5日

【ドラゴンズ野手】
(7)近藤(4-1)
(6)三ツ俣(4-1)
(9)井領(4-1)
(3)野本(3-0)
(4)阿部(3-0)
(5)高橋(3-0)
(D)赤坂(3-0)
(2)杉山(3-0)
(8)友永(3-0)

球団公式
筑後でのホークス戦。
吉見が降格後2戦目のマウンドで初先発5回につかまって2失点。
最近元気のない打線は完封されて敗戦

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2017.06.18

170618 D4-3L (通算28勝36敗3分)

柳がプロ初勝利で交流戦5割フィニッシュ

6.18(ナゴヤドーム)
L❘100 002 000❘3
D❘201 000 10X❘4

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
柳(7回 115球 被安7奪三3与四死1失3責3)中7日
 〇:1勝1敗
岩瀬(1回 19球 被安0奪三1与四死1失0責0)2連投
 H:2勝3敗16H
田島(1回 15球 被安0奪三1与四死0失0責0)2連投
 S:1勝2敗3H18S

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(3-1)
(45)亀澤(3-1①)
(8)大島(2-0)
(5)ゲレーロ(4-0)→53堂上
(3)森野(4-2①)→7松井佑
(9)藤井(4-1①)
(7)遠藤(4-2)→1田島
(2)松井雅(3-0)
(1)柳(1-0)→H工藤(1-1)→1岩瀬→4荒木

日刊スコア速報
柳が落ち着いた粘りの投球で7回3失点。
6回の失点の仕方とかまだまだ甘いところは多いのですが、
それでも追いつかれた後の7回をあっさり切り抜けるなど非凡なところも見せています。
しばらくはバルデスの影響を受けずに日曜固定になりそうなので
しっかりローテを守ってほしいところです。

岩瀬は本調子ではなかったですが抑えるあたりはさすが。
田島は文句なし。

打線は平田がいなくなっていよいよコマ不足になっていましたが
代わりに出てきた遠藤が2安打、森野が今季初打点と何とか少ないチャンスをものにしました。

これで今季の交流戦は終了。
9勝9敗の勝率5割
柳、小笠原、鈴木を育てつつジョーダン、バルデスでフォローするって感じでしたが
交流戦直前に今季初勝利を挙げた吉見はともかく
大野に先発3回も上げる必要あったかなぁというところ。
8人も先発を使いつつ入れ替えが少なかったので中継ぎへの負担が半端ないものになってしまいました。

大野はペナントで借りを返してくれればよいのですが・・・。

6.18(ナゴヤ)
C❘110 040 000 ❘6
D❘011 010 020 ❘5

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
山井(4.1回 73球 被安9奪三1与四死1失6責6)中14日
三ツ間(1.2回 25球 被安1奪三1与四死0失0責0)2連投
浜田智(0.1回 7球 被安1奪三0与四死0失0責0)中16日
武藤(1.2回 19球 被安2奪三0与四死0失0責0)中2日
祖父江(1回 15球 被安0奪三2与四死0失0責0)中3日

【ドラゴンズ野手】
(9)友永(3-0)→H3石川(0-0)
(4)岩崎(5-1①)
(79)井領(5-4)
(5)高橋(5-0)
(D)野本(4-2)
(6)阿部(4-1②)→R加藤
(3)石岡(3-0)→H7渡辺(1-1)→Hウルヘエス(1-0)
(8)近藤(4-2①)
(2)杉山(2-1)→2赤田(2-0①)

球団公式
ナゴヤでのカープ戦。
このところ短いイニングが多かった山井が
久しぶりに長いイニング投げましたが5回持たず6失点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.17

170617 D4-1L (通算27勝36敗3分)

バルデス快刀乱麻

6.17(ナゴヤドーム)
L❘000 010 000❘1
D❘020 100 01X❘4

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
バルデス(7回 114球 被安2奪三5与四死2失1責1)中5日
 〇:3勝3敗
岩瀬(1回 12球 被安0奪三2与四死0失0責0)中2日
 H:2勝3敗15H
田島(1回 9球 被安0奪三0与四死0失0責0)中2日
 S:1勝2敗3H17S

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-1)
(4)荒木(4-1)
(8)大島(3-0)
(5)ゲレーロ(4-0)→5亀澤
(9)平田(3-1)
(7)藤井(3-2)
(3)堂上(2-1)
(2)木下拓(2-1②)→2武山(1-1①)
(1)バルデス(2-0)→H谷(1-0)→1岩瀬→H森野→H福田(1-0)→1田島

日刊スコア速報

バルデスがこれまで不運だった分を取り返したような試合。
とはいっても幸運だったのはドラゴンズの攻撃面の話で、
バルデス自身は実力でしっかり勝利をつかみ取った感じです。

スコアだけを見れば得点の入りかたもよく投手リレーも安定したものになりました

あすの予告先発は中7日で柳、ライオンズはウルフ

6.17(ナゴヤ)
C❘001 000 001  ❘2
D❘000 000 021X ❘3X

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
マルティネス(3回 56球 被安6奪三1与四死1失1責1)中20日
若松(3回 45球 被安6奪三2与四死1失0責0)中48日
三ツ間(0.1回 19球 被安1奪三0与四死2失0責0)中7日(1軍)
金子(1.2回 25球 被安1奪三1与四死1失0責0)中1日
浅尾(1回 24球 被安1奪三1与四死1失1責0)中2日

【ドラゴンズ野手】
(9)ウルヘエス(3-2)→H杉山(1-0)→7渡辺
(4)岩崎(3-0)→H9友永(0-0)
(3)阿部(2-0)→H野本(1-1)→R3石岡
(5)高橋(4-1②)
(D)松井佑(4-1)
(7)赤坂(4-1)→4三ツ俣
(6)石垣(4-0)
(8)近藤(4-1)
(2)加藤(3-1)→H石川(0-0)

球団公式
ナゴヤでのカープ戦。
終盤もつれましたが相手のミスで逆転勝ち
若松が一か月半ぶりの登板。
赤坂が3月24日以来の安打。
三ツ間が降格後初登板

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.16

170616 D1-9L (通算26勝36敗3分)

現状での力量差

6.16(ナゴヤドーム)
L❘000 221 004❘9
D❘001 000 000❘1

【ドラゴンズ本塁打】
堂上(3回1点)

【ドラゴンズ投手】
小笠原(8回 129球 被安10奪三10与四死0失5責5)中6日
 ●:1勝2敗
丸山(1回 28球 被安3奪三2与四死1失4責4)中1日

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-1)
(4)荒木(3-1)→H遠藤(1-0)
(8)大島(4-1)
(7)ゲレーロ(4-0)
(9)平田(3-0)
(3)福田(3-0)
(5)堂上(2-1①)
(2)木下拓(2-0)→2武山(1-0)
(1)小笠原(2-0)→H谷(1-1)→1丸山

日刊スコア速報

小笠原も丸山も糧にしてくれればよいですが、
糧にできるのはほんの一握りという現実。

来年以降の投手コーチとの出会い次第ですかねぇ。

ビシエドはチームを3試合離れますが抹消はせずにリーグ再開のジャイアンツ戦での合流を期します。

あすの予告先発はバルデスを普通に中5日で回します。そしてライオンズは佐野

6.16(ナゴヤ)
C❘010 004 001 ❘6
D❘000 300 000 ❘3

【ドラゴンズ本塁打】
高橋(4回3点)

【ドラゴンズ投手】
八木(5回 73球 被安3奪三5与四死1失1責1)中12日
吉見(2回 36球 被安5奪三1与四死0失4責4)中15日(1軍)
木下雄(1回 12球 被安0奪三0与四死0失0責0)中14日
アラウホ(1回 20球 被安1奪三1与四死1失1責1)中11日

【ドラゴンズ野手】
(8)友永(4-1)
(9)井領(4-1)
(7)遠藤(2-1)→7松井佑(1-0)
(5)高橋(4-2③)
(D)野本(4-0)
(4)阿部(3-2)
(3)石岡(3-0)
(6)三ツ俣(3-0)
(2)杉山(2-0)→H赤田(1-0)

球団公式
ナゴヤでのカープ戦。
2番手に降格後初登板の吉見が上がりましたが2イニング4失点。
前日降格した杉山が出場

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017.06.15

170615 D4-5F (通算26勝35敗3分)

15時に決していた試合。

6.15(ナゴヤドーム)
F❘000 021 020 ❘5
D❘000 012 010 ❘4

【ドラゴンズ本塁打】
ゲレーロ(8回1点)

【ドラゴンズ投手】
鈴木(4.2回 94球 被安4奪三2与四死6失2責2)中6日
小川(0.1回 5球 被安0奪三0与四死0失0責0)2連投
ジョーダン(3回 67球 被安4奪三1与四死4失3責3)中1日
 ●:4勝2敗
福谷(1回 9球 被安0奪三1与四死0失0責0)2連投

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-1)
(4)亀澤(3-0)→H4堂上(1-1)
(8)大島(4-1)
(3)ビシエド(4-0)→3谷
(5)ゲレーロ(4-2②)
(7)藤井(3-1)
(9)平田(4-2①)
(2)松井雅(4-1①)
(1)鈴木(1-0)→1小川→H福田(0-0)→1ジョーダン(1-0)→1福谷→H森野(1-0)

日刊スコア速報

今日の公示で中継ぎ投手を上げなかった時点で
「こうなると嫌だな」というのをそのまんまやったような試合。

49球から中1日のジョーダンは3イニング目につかまり、
そのほかにも攻守にわたりミスが出ました。

鈴木はここ2試合は同じような事やってますね。

ビシエドについては明日チームを離れる、という話も聞こえていますが真偽&詳細不明。

あすからは交流戦ラストカードのライオンズ戦
予告先発は小笠原と菊池

6.15(ナゴヤ)
T❘100 000 000 ❘1
D❘001 102 10X ❘5

【ドラゴンズ本塁打】
福田(4回1点)

【ドラゴンズ投手】
笠原(7回 117球 被安6奪三4与四死1失1責1)中6日
金子(1回 13球 被安0奪三2与四死0失0責0)2連投
ロンドン(0.2回 16球 被安2奪三0与四死1失0責0)2連投
武藤(0.1回 6球 被安0奪三0与四死0失0責0)中10日

【ドラゴンズ野手】
(89)友永(4-1①)
(4)谷(3-1)→R43阿部(1-1)
(9)井領(3-1)→H8近藤(1-0)
(5)高橋(4-0)
(D)野本(4-2①)→RDウルヘエス
(3)福田(3-2①)→4岩崎(0-0)
(7)石岡(2-0)→H7松井佑(1-0)
(2)赤田(4-3②)
(6)石垣(2-0)→6三ツ俣

球団公式
ナゴヤでのタイガース戦。
笠原は7回1失点。
1軍から出場の福田が本塁打。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.14

170614 D5-7F (通算26勝34敗3分)

延長12回田島が力尽きる

6.14(ナゴヤドーム)
F❘010 003 100 002❘7
D❘400 000 001 000❘5

【ドラゴンズ本塁打】
ゲレーロ(9回1点)

【ドラゴンズ投手】
大野(5.2回 102球 被安6奪三7与四死2失4責4)中6日
伊藤(1.1回 27球 被安3奪三0与四死0失1責1)中3日
福谷(2回 27球 被安4奪三2与四死0失0責0)中5日
岩瀬(1回 9球 被安0奪三1与四死0失0責0)2連投(3試合連投)
 H:2勝3敗14H
田島(1.1回 41球 被安2奪三2与四死3失2責2)2連投(3試合連投)
 ●:1勝3敗3H16S
小川(0回 4球 被安0奪三0与四死0失0責0)中5日
丸山(0.2回 3球 被安0奪三0与四死0失0責0)中9日(2軍)

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-0)
(4)亀澤(4-1)→H4堂上(1-0)
(8)大島(4-1)
(3)ビシエド(4-0)
(5)ゲレーロ(5-2③)
(7)藤井(5-1②)
(9)平田(5-0)
(2)杉山(2-0)→1福谷→1岩瀬→H荒木(1-0)→1田島→1小川→1丸山
(1)大野(2-0)→1伊藤→H松井雅(1-1)

日刊スコア速報

杉山のタッチだったり、松井雅の牽制死だったり、捕球だったりミスの多い試合で、
2回以降9回のゲレーロのホームランまでノーヒットとか攻撃陣も大概なんですが。

大野の6回の乱調がすべて、ですかね。

延長に入っての継投のメチャクチャさは、もう、いまさら、です。
田島は15年以来の40球強の投球でいろいろ徒労に終わりました。
そもそも岩瀬より後に出して2イニング任せようというのがムシが良すぎるんですが
11回に22球も投げているんだから、さっさと降ろしておけ、という話です。

丸山は予想外の場面でプロデビュー。評価がどうこうという登板ではありませんでしたが…

あすの予告先発は中6日の鈴木と上沢

6.14(ナゴヤ)
T❘000 001 000 3 ❘4
D❘100 000 000 0 ❘1

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
阿知羅(7回 107球 被安4奪三9与四死2失1責1)中7日
祖父江(1回 19球 被安2奪三1与四死0失0責0)2連投
浅尾(1回 14球 被安0奪三1与四死0失0責0)2連投
ロンドン(0.1回 24球 被安2奪三1与四死1失3責3)中6日(1軍)
金子(0.2回 15球 被安1奪三1与四死0失0責0)中5日

【ドラゴンズ野手】
(8)近藤(4-0)
(4)阿部(2-0)→H野本(1-0)→4三ツ俣
(D)遠藤(4-1)
(3)福田(3-0)
(5)高橋(4-0)
(6)堂上(4-1)
(7)松井佑(4-1)
(9)ウルヘエス(2-0)→H9友永(2-0)
(2)加藤(2-0)→H渡辺(0-0)→R石岡→2武山→H井領(1-0)

球団公式
ナゴヤでのタイガース戦延長で敗戦。
降格後初登板のロンドンが踏ん張れず
阿知羅は7回1失点

福田と堂上が調整で出場しています

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2017.06.13

170613 D7-5F (通算26勝33敗3分)

点の取り合いを制して岩瀬2勝目

6.13(ナゴヤドーム)
F❘301 010 000 ❘5
D❘220 001 02X ❘7

【ドラゴンズ本塁打】
ビシエド(1回2点、6回1点)

【ドラゴンズ投手】
又吉(5回 94球 被安7奪三3与四死1失5責5)中6日
ジョーダン(2回 49球 被安1奪三5与四死1失0責0)中8日
岩瀬(1回 11球 被安0奪三1与四死0失0責0)中1日(2試合連投)
 ○:2勝3敗13H
田島(1回 10球 被安0奪三1与四死0失0責0)中1日(2試合連投)
 S:1勝2敗3H16S

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(3-1①)
(4)荒木(4-0)
(8)大島(4-2)
(3)ビシエド(4-2③)
(5)ゲレーロ(4-1①)→R工藤→1田島
(7)藤井(4-0)
(9)平田(4-2①)
(2)松井雅(4-1①)
(1)又吉(1-0)→H亀澤(1-0)→1ジョーダン→H木下(0-0)→1岩瀬→5堂上

日刊スコア速報

又吉がパッとしませんでしたが打線で何とかした試合。
投手が打たれても一方的にならずにこういう試合の割合が増えればよいのですけどね。

中継ぎに置いたジョーダンが効果的になったゲームにもなりました。
2イニング目にはピンチも作っていますが、こうやってイニング潰してくれるといろいろ助かります。
鈴木や小笠原、柳あたりへの「プレッシャー」にもなるでしょうしね

あすの予告先発は中6日の大野と同級生の斎藤

6.13(ナゴヤ)
T❘010 100 000 ❘2
D❘000 023 00X ❘5

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
小熊(7回 93球 被安5奪三3与四死1失2責2)中11日
祖父江(1回 9球 被安0奪三0与四死0失0責0)中4日
浅尾(1回 13球 被安1奪三0与四死1失0責0)中4日

【ドラゴンズ野手】
(9)友永(4-1)
(4)阿部(4-1)
(8)遠藤(4-0)
(5)高橋(4-2①)
(D)野本(3-2②)→RD渡辺
(7)松井佑(3-1)
(3)石川(3-0)
(6)石垣(2-0①)→6岩崎
(2)加藤(3-0①)

球団公式
ナゴヤでのタイガース戦は逆転勝ち。
小熊は7回2失点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.11

170611 Bs0-4D (通算25勝33敗3分)

バルデスは間隔をあけるとよくない
いまの岩瀬は右打者には通用しない

この風評被害を取り除くのに何試合無駄にしたことか…

6.11(大阪ドーム)
D❘000 010 030 ❘4
B❘000 000 000 ❘0

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
バルデス(7回 125球 被安3奪三2与四死5失0責0)中13日
 ○:2勝4敗
岩瀬(1回 12球 被安0奪三0与四死0失0責0)中1日
田島(1回 14球 被安0奪三2与四死0失0責0)中1日

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-0)
(4)荒木(4-1)
(8)大島(4-1)
(3)ビシエド(4-1①)→3堂上
(D)ゲレーロ(4-2①)
(7)藤井(4-1①)
(9)平田(4-1)
(5)亀澤(2-0)
(2)杉山(2-0)→H2松井雅(1-0)

日刊スコア速報

バルデスが変に力が入ることもなく「いつもどおり」適当に散らかってポンポン投げ込めたのがよかった試合。
リリーフ陣が厳しく、100球近辺になった6、7回をすんなり行けたのが最大の勝因。
あのあたりで変にピンチ作ると悲惨な事になりそうでした。

打線は相手が初対戦とはいえ牽制死が2個に送りバント失敗もあったりと酷いものでしたが8回の3点はいろんな意味で大きかったですね。

平田は何度目かの復調気配ですが・・・さて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.06.10

170610 Bs5-3D (通算24勝33敗3分)

柳のプロ初勝利がスルり

6.10(大阪ドーム)
D❘000 000 300 ❘3
B❘000 110 03X ❘5

【ドラゴンズ本塁打】
ビシエド(7回1点)、ゲレーロ(7回1点)

【ドラゴンズ投手】
柳(7.1回 101球 被安5奪三7与四死2失4責4)中6日
 ●:0勝2敗
伊藤(0.2回 10球 被安2奪三1与四死0失1責1)2連投

【ドラゴンズ野手】
(6)京田(4-0)
(4)荒木(4-1)
(8)大島(4-1)
(3)ビシエド(4-1①)
(D)ゲレーロ(4-2①)
(7)藤井(4-1①)
(9)平田(4-1)
(5)堂上直(2-0)→H5亀澤(1-1①)
(2)松井雅(2-0)

日刊スコア速報
無死三塁からの三者連続三振の拙攻も、
前日の変な継投もビシエドとゲレーロの連続ホームランからの一気に逆転した攻撃でチャラになるかと思われましたが、
ベンチが拒否。

上策:意を決して柳に逆転されるまで任せる
中策:右が続くところとか言わずに岩瀬に8回を任せる
下策:前日3球の田島に5アウトセーブさせる

って感じかなーとは思いましたが、現実は前日足掛け3イニング30球の伊藤、
しかも逆転した後も引っ張ってダメ押し犠飛を食らうおまけつき。

伊藤は打たれた後の登板が大事、と思っていましたが、
その登板がこういう形になるとは想像の斜め下でした。

明日の予告先発は中13日でバルデス、相手はルーキー山岡
2週間前のノックアウト以降、ファームでの登板もなしに一軍帯同していましたがどんな感じでしょうね。
ジョーダンどうするんでしょうね。(ジョーダンを先発で残して柳を落とすのも方法ですが・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧