カテゴリー「メイン記事17年」の29件の記事

2017.11.27

新入団選手発表

ドラフト指名された8名の入団発表が行われました。【球団公式
あわせて背番号も発表されドラフト1位指名の鈴木博はMLBキンブレル投手にあやかっての46。
ひとケタは0の高松のみでそれ以外の最小は40、ゾロ目もなし、ということで「控え目」の番号ばかりになりました。

また既存の選手の背番号変更も発表されました。シーズン途中に加入した谷元は14に変更

ドラゴンズ新背番号(カッコ内は前につけていた選手、石田の209はドラゴンズでは初めての番号)

鈴木博 46(古本)
石川翔 40(桂)
高松   0(岩崎)
清水   50(金子)
伊藤康 49(アラウホ)
山本拓 59(岸本)
大藏    206(岩崎)
石田    209(-)

谷元 60→14(佐藤)
佐藤 14→25(武藤)
武山 52→39(加藤)
加藤 39→52(武山)
谷  70→58(八木)
桂    40→68(赤田)

99以下のの空き背番号

00(16年までエルナンデス)
7(森野)
20(野村)
27(16年まで谷繁)
34(福)
44(バルデス)
60(谷元)
69(赤坂)
70(谷)
74(大塚コーチ)
91(ロンドン)
94(16年まで北野コーチ)
97(朝倉コーチ)
98(小山コーチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.11.20

京田が新人王を獲得

20日、両リーグのMVPと新人王が発表されて
京田がセ・リーグ新人王となりました。

ドラゴンズでは98年川上憲伸以来。ドラゴンズの野手では88年立浪以来の受賞です。

京田よりヒットを打った新人がNPB史上で今年の源田を含めて3人
10勝以上する新人がほぼ2年に一度のペースで出ていると考えればまぁ当然といえば当然なんですけどね。

ドラゴンズ本隊は秋季キャンプを打ち上げました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.11.13

岩瀬がカムバック賞

13日岩瀬仁紀投手が2013年のカムバック賞を受賞することが発表されました。
ドラゴンズの選手の受賞は03年の平井以来
(まーこれもいろいろと印象のみでもらえる賞なのでアレなんですが・・・)

また登板試合のプロ野球記録更新に対してコミッショナー特別表彰されることも併せて発表されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.10.30

秋季キャンプメンバー発表

秋季キャンプの日程とメンバーが発表されました【球団公式
期間は11月1日から20日まで(6日、10日、15日が休み)。
場所はナゴヤ球場。

メンバーは
【投手】
小笠原、佐藤、又吉、柳、鈴木翔、岡田、福谷、丸山、阿知羅、福、三ツ間、笠原、藤嶋、小川、若松、小熊、伊藤準、
木下雄、浜田智、濱田達、山本雅、吉田、西濱

【捕手】
木下拓、加藤、桂、杉山、藤吉

【内野手】
高橋、阿部、石川駿、遠藤、石垣、石岡、三ツ俣、溝脇、京田、亀澤、福田、堂上

【外野手】
友永、平田、井領、近藤、渡辺

免除が
岩瀬、吉見、大野、山井、祖父江、浅尾、田島、谷元
松井雅、武山、
荒木、谷
藤井、大島、野本、松井佑、工藤

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

171030 フェニックスリーグ最終戦

例年、秋雨前線が活発な時期の開催ですが、
今年は特に雨天中止が多く、結局8試合中止で5勝3敗2分でした。

10.30(ひむか)
G❘000 000 100❘1
D❘120 102 20X❘8

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
佐藤(4回 被安3奪三2与四死2失0)
三ツ間(2回 被安1奪三1与四死0失0)
木下雄(1回 被安2奪三0与四死0失1)
岡田(1回 被安0奪三1与四死0失0)
福谷(1回 被安2奪三1与四死0失0)

【ドラゴンズ野手】
(7)渡辺(4-1)
(6)三ツ俣(4-1①)
(9)井領(2-2②)→8近藤(2-0)
(4)高橋(4-2①)
(D)石川(4-1)
(3)石岡(4-1①)
(5)石垣(4-1)
(2)木下拓(2-1)→2藤吉(1-0)→H2加藤(1-0)
(89)友永(1-1①)

球団公式

岡田の実戦復帰の場というのと
高橋がセカンドのみで出場したことくらいですかねぇ。(彼が打つのは「それがどうした」って話ですし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017.10.26

ドラフトで6名+育成2名を指名

26日にドラフト会議が行われドラゴンズは本指名で6選手、育成で2選手を指名【球団公式

1位指名
鈴木 博志 (すずき・ひろし) 
投手 右投げ右打ち
磐田東高(静岡)→ヤマハ(高卒3年目)

2位指名
石川 翔 (いしかわ・しょう)
投手 右投げ左打ち
青藍泰斗高(栃木)

3位指名
高松 渡(たかまつ・わたる)
内野手 右投げ左打ち
滝川第二高(兵庫)

4位指名
清水 達也(しみず・たつや)
投手 右投げ右打ち
花咲徳栄高(埼玉)【甲】

5位指名
伊藤 康祐(いとう・こうすけ)
外野手 右投げ右打ち
中京大中京高(愛知)【甲】

6位指名
山本 拓実(やまもと・たくみ)
投手 右投げ右打ち
市立西宮高(兵庫)

育成1位指名
大藏 彰人(おおくら・あきと)
投手 右投げ右打ち
大垣西高(岐阜)→愛知学院大(愛知大学野球連盟)→徳島インディコソックス(四国IL)(大卒1年目)

育成2位指名
石田 健人マルク(いしだ・けんとまるく)
投手 右投げ右打ち
東邦高(愛知)→龍谷大(関西六大学)


1位指名では広陵の中村捕手を抽選で外しましたが
その後は若い投手を中心に指名。
弱点の補強も左右のバランスも関係なくその時点で残っていた好素材をとっていった感じになりました。
野手のふたりは二軍で出番を得るためには
ポジションまるかぶりの14年ドラフト組を越えていかないといけませんね。

年齢的には
94年度:濱田達、若松、山本雅、丸山、笠原、柳、溝脇、京田、【大藏】
95年度:鈴木翔、岸本、【石田】
96年度:吉田、マルティネス、藤吉、【鈴木博】
97年度:小笠原
98年度:藤嶋、石垣
99年度:【石川翔】、【高松】、【清水】、【伊藤康】、【山本拓】
(今回の指名選手では鈴木博、伊藤康、山本拓が早生まれ)

これで全員入団するとなるとドラゴンズの支配下登録の日本人は63人。
外国人が今年並みの支配下6人だとするとこの段階で支配下69人になりますので
戦力外通告の第2弾はあるかもしれませんね。

苗字のかぶる選手が増えたので
鈴木翔太→鈴木翔
鈴木博志→鈴木博

       石川駿
       石川翔

伊藤準規→伊藤準
伊藤康祐→伊藤康

山本雅人→山本雅
山本拓実→山本拓

って表記で
大藏は登録名が「大蔵」にならない限り「大藏」表記にしようかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

171026 フェニックスリーグ第15戦

小笠原二度目の登板

10.26(清武第二)
D❘011 000 000❘3
E❘200 101 00X❘4

【ドラゴンズ本塁打】
木下拓(7回1点)

【ドラゴンズ投手】
小笠原(6.0回 被安10奪三3与四死0失4)
吉田(0.1回 被安1奪三0与四死0失0)
浜田智(0.2回 被安0奪三0与四死1失0)
岡田(1回 被安0奪三1与四死1失0)

【ドラゴンズ野手】
(7)渡辺(4-1)
(8)石岡(3-0)→H8友永(1-0)
(9)井領(4-2)
(4)高橋(4-2①)
(5)三ツ俣(4-0)
(D)近藤(4-0)
(6)石垣(4-1)
(2)木下拓(3-3②)→H加藤(1-0)
(3)石川(3-2)

球団公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.10.25

171025 フェニックスリーグ第14戦

特別ルールで11回まで

10.25(日向)
B❘012 300 052 00❘10
D❘120 012 200 00❘8
(特別ルール延長11回まで)

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
笠原(3回 被安3奪三6与四死2失3)
三ツ間(2回 被安2奪三1与四死0失0)
岸本(1回 被安0奪三1与四死0失0)
吉田(1.1回 被安4奪三1与四死2失4)
浜田智(1.2回 被安3奪三2与四死1失3)
木下雄(2回 被安0奪三2与四死2失0)

【ドラゴンズ野手】
(37)石岡(6-2②)
(6)三ツ俣(6-1①)
(9)井領(3-1①)→R3石川(1-0)
(4)高橋(6-5①)
(5)石垣(6-1①)
(8)近藤(4-1)→79渡辺(2-0)
(D)杉山(3-1)→HD加藤(3-1①)
(2)木下拓(1-0)→2藤吉(1-0)
(78)友永(4-2①)

球団公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.10.24

171024 フェニックスリーグ第13戦

中止2試合を挟んで7試合目

10.24(綾町)
D❘102 300 040❘4
F❘100 000 110❘3

【ドラゴンズ本塁打】
高橋(8回4点)

【ドラゴンズ投手】
鈴木(4回 被安2奪三2与四死0失1)
佐藤(3回 被安2奪三2与四死1失1)
岡田(1回 被安2奪三2与四死1失1)
福谷(1回 被安1奪三1与四死0失0)

【ドラゴンズ野手】
(9)渡辺(3-0)→8近藤(0-0)
(6)三ツ俣(3-1)
(D)井領(3-1)
(4)高橋(4-1④)
(3)石川(4-0)
(7)石岡(4-2)
(5)石垣(4-1)
(2)加藤(2-0)→H2杉山(2-0)
(89)友永(3-1)

球団公式
左手の血行障害で手術をした岡田が実戦復帰。
8回に高橋が満塁本塁打

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017.10.20

171020 フェニックスリーグ第10戦

先週土曜日以来の試合

10.20(生目の杜)
D❘102 300 000 030❘9
E❘002 200 020 000❘6

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
柳(5回 被安7奪三5与四死0失4)
小笠原(3回 被安4奪三2与四死0失2)
マルティネス(2回 被安1奪三4与四死1失0)
浜田智(1回 被安2奪三0与四死0失0)
木下雄(1回 被安2奪三2与四死1失0)

【ドラゴンズ野手】
(7)渡辺(5-2)
(6)三ツ俣(5-3)
(8)近藤(5-1①)
(4)高橋(7-4②)
(3)石川(7-3②)
(9)井領(6-3)
(5)石垣(7-2)
(2)杉山(2-1)→HD藤吉(1-0)→H2加藤(3-0)
(D2D)木下拓(5-1②)

球団公式
雨が続いていたこともあって12回まで実施。
フェニックスリーグの結果としては9回までの6-6の引き分け。
小笠原が3イニング投げてます

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|