カテゴリー「16年公式戦」の149件の記事

2016.09.28

160928 G3X-2D 58-82-3⑥  82敗目

今季10度目のサヨナラ負けで6連敗。

ジャイアンツ戦3戦連続サヨナラ負け、
42イニングタイムリー無しで球団80周年イヤーの公式戦終了です

9.28(東京ドーム)
D❘200 000 000 000  ❘2
G❘000 011 000 001X❘3X

【ドラゴンズ本塁打】
福田(1回2点)

【ドラゴンズ投手】
大野(6回 100球 被安9奪三4与四死1失2責2)中6日
H若松(3回 39球 被安3奪三0与四死0失0責0)中38日(2軍)
H又吉(1回 26球 被安1奪三1与四死0失0責0)2連投(4試合連投)
H佐藤(0.1回 7球 被安0奪三0与四死1失0責0)中2日
H岡田(0.2回 8球 被安0奪三0与四死2失0責0)2連投(3試合連投)
●祖父江(0.2回 23球 被安3奪三0与四死1失1責1)2連投(3試合連投)

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(6-1)
(4)荒木(3-0)→1若松→Hビシエド(1-1)→R近藤→1又吉→1佐藤→1岡田→H高橋(1-0)→1祖父江
(3)森野(4-1)→R7工藤(2-0)
(73)福田(6-2②)
(5)エルナンデス(6-2)
(9)井領(5-1)
(6)堂上(4-0)
(2)杉山(4-2)
(1)大野(2-1)→H藤井(1-1)→4阿部(2-1)

日刊スコア速報

今季最後の打者がエルナンデスで
ヒットを打ったけど暴走で一塁走者が本塁憤死という今季のドラゴンズらしい試合でした。

個別にみれば収穫のあった選手も若干名いますが
基本的にほぼ何も残らないシーズン。

若干名のうちに入りそうな堂上、杉山、福田、小笠原、三ツ間、阿知羅といったあたりは今季をうまいこと『踏み台』にしてほしいところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2016.09.27

160927 G5X-1D 58-81-3⑥  81敗目

1964年の83敗以来の52年ぶりシーズン81敗目

9.27(東京ドーム)
D❘000 100 000 0  ❘1
G❘010 000 000 4X❘5

【ドラゴンズ本塁打】
井領(4回1点)

【ドラゴンズ投手】
小熊(6回 95球 被安3奪三1与四死3失1責1)中9日
H祖父江(1回 15球 被安0奪三1与四死1失0責0)中1日(2試合連投)
H岡田(1回 23球 被安0奪三1与四死2失0責0)中1日(2試合連投)
H又吉(1回 18球 被安1奪三3与四死0失0責0)中1日(3試合連投)
●田島(0回 19球 被安3奪三0与四死1失4責4)中4日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-1)
(4)荒木(4-2)
(3)森野(5-1)→7工藤
(73)福田(4-1)
(5)高橋(3-0)
(9)井領(4-1①)
(6)堂上(4-1)
(2)杉山(4-1)
(1)小熊(2-0)→Hエルナンデス(1-0)→1祖父江→1岡田→1又吉→Hビシエド(1-0)→1田島

日刊スコア速報

何のために若松を東京まで連れて行ったんだか。
打線は井領のプロ初本塁打のみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.25

160925 D1-4T 58-80-3⑥  80敗目

21年ぶりの80敗到達で19年ぶりの最下位確定。

9.25(ナゴヤドーム)
T❘000 030 100❘4
D❘000 000 100❘1

【ドラゴンズ本塁打】
堂上(7回1点)

【ドラゴンズ投手】
●小笠原(5回 96球 被安3奪三6与四死3失3責0)中6日
又吉(1回 16球 被安1奪三1与四死0失0責0)2連投
雄太(0.1回 5球 被安0奪三0与四死0失0責0)2連投
祖父江(0.1回 7球 被安1奪三0与四死0失1責1)2連投
岩瀬(0.1回 9球 被安1奪三0与四死1失0責0)中6日
佐藤(1回 9球 被安1奪三1与四死0失0責0)中3日
岡田(1回 9球 被安0奪三1与四死0失0責0)中7日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-0)
(4)荒木(3-1)
(9)藤井(3-0)
(35)福田(4-0)
(5)阿部(3-0)→1佐藤→Hビシエド(1-0)→1岡田
(7)近藤(1-0)→H7井領(2-0)
(6)堂上(4-2①)
(2)杉山(2-0)→H高橋(1-0)
(1)小笠原(1-0)→H谷(1-0)→1雄太→1祖父江→1岩瀬→H3森野(2-1)

日刊スコア速報

雄太の引退登板試合。
球団記録にもなった11連勝よりも11年後半戦のローテ投手としての活躍が印象的ですかねぇ。
(まぁチームが優勝したせいもあるのですけど)
ものすごくわかりやすい『ゴロ投手』こういう言葉が適切かどうかはアレですがまさしく老衰だったのかと。

お疲れさまでした。

試合は藤井と阿部がクリンナップで何をどうしろと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.24

160924 D0-2T 58-79-3⑥  79敗目

特に見どころもなく完封負け。

9.24(ナゴヤドーム)
T❘011 000 000❘2
D❘000 000 000❘0

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
●吉見(6.2回 113球 被安6奪三5与四死2失2責2)中9日
岩田(0.1回 2球 被安0奪三0与四死0失0責0)
祖父江(0.2回 10球 被安0奪三0与四死0失0責0)中2日
小川(0.1回 3球 被安0奪三1与四死0失0責0)中5日
又吉(1回 26球 被安0奪三1与四死3失0責0)中1日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-0)
(9)藤井(3-0)→1又吉→Hエルナンデス(1-0)
(3)森野(3-1)
(7)福田(4-0)
(5)高橋周(3-0)
(46)阿部(3-0)
(6)堂上(2-0)→H9工藤(1-1)
(2)木下(2-1)→H井領(1-0)→4谷
(1)吉見(2-0)→1岩田→1祖父江→1小川→Hビシエド(1-0)→2杉山

日刊スコア速報

岩田の引退登板試合。
そもそもこういう配慮をしてもらうような成績を残した選手でもないと思うのですが、
そこは成績に表れない人柄とかなんでしょうかね。

典型的なローテーションの谷間投手。
今年も何度か調子のよさそうなタイミングはありましたが
そこを外国人投手の変則起用でまかなっちゃった感じ。

お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.22

160922 G4X-3D 58-78-3⑥  78敗目

逆転サヨナラ負けで何度目かの負け越し20。

9.22(東京ドーム)
D❘000 021 000 ❘3
G❘200 000 002X❘4X

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
バルデス(7回 95球 被安7奪三0与四死1失2責2)中5日
H又吉(1回 7球 被安1奪三0与四死0失0責0)中3日
●田島(0.2回 14球 被安2奪三0与四死0失2責2)中4日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-1)
(4)荒木(4-1①)
(3)森野(4-1)→1田島
(73)福田(4-0)
(5)エルナンデス(4-1)
(9)井領(3-2)
(6)阿部(3-1②)
(2)杉山(3-0)
(1)バルデス(2-0)→H高橋(1-0)→1又吉→7工藤

日刊スコア速報

「やるべきことはきちんとやった試合」なのですが、
(そりゃ見ていけばいくらでもミスを上げることはできますけどね)。

こういう試合で勝ちきれないのが今のチーム力ってことでしょう。

バルデスは今季最終登板になる模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.21

160921 G5-2D 58-77-3⑥  77敗目

追いつ抜かれつの最下位争い。

9.21(東京ドーム)
D❘000 000 002❘2
G❘002 000 30X❘5

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
●大野(6.2回 122球 被安10奪三5与四死3失5責5)中7日
祖父江(0.1回 4球 被安0奪三0与四死0失0責0)中6日
佐藤(1回 12球 被安1奪三0与四死0失0責0)中4日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-1)
(4)荒木(3-0)→Hビシエド(1-1)→R近藤
(3)森野(3-1)
(73)福田(4-1①)
(5)高橋(4-1①)
(9)井領(4-0)
(6)阿部(3-0)
(2)杉山(3-1)
(1)大野(1-0)→1祖父江→1佐藤→H藤井(1-0)

日刊スコア速報

大野が粘り切れず敗戦。


9.21(ナゴヤ)
C❘000 000 102❘3
D❘001 001 000❘2

【ドラゴンズ本塁打】
友永(6回1点)

【ドラゴンズ投手】
伊藤(6回 92球 被安3奪三4与四死3失0責0)
福谷(2回 27球 被安2奪三1与四死1失1責1)
●浅尾(0.2回 22球 被安3奪三0与四死1失2責2)
金子(0.1回 3球 被安4奪三10与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(4-2)
(6)三ツ俣(3-0)
(89)古本(2-0①)
(7)ナニータ(2-0)→8友永(2-1①)
(97)松井佑(4-1)
(D)石川(2-0)→HD野本(2-0)
(3)石岡(4-1)
(2)加藤(3-0)
(4)溝脇(3-1)

球団公式サイト

9回に浅尾が打たれて逆転負け。
20日22日の試合は雨で中止になってファームの公式戦はすべて終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.18

160918 S1-8D 58-76-3⑤  小笠原2勝目

雨の神宮で粘りの投球

9.18(神宮)
D❘200 000 321❘8
S❘000 000 010❘1

【ドラゴンズ本塁打】
福田(1回2点)
ビシエド(9回1点)

【ドラゴンズ投手】
○小笠原(6.2回 126球 被安4奪三6与四死6失0責0)中6日
小川(0回 2球 被安1奪三0与四死0失0責0)3連投(5試合連投)
又吉(1.1回 26球 被安3奪三0与四死0失1責1)2連投
岩瀬(1回 8球 被安0奪三0与四死0失0責0)中7日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(5-1)
(4)荒木(5-2)
(3)森野(3-0)→R7工藤→Hビシエド(1-1①)→1岩瀬
(73)福田(5-2③)
(5)高橋(4-2②)
(9)井領(4-2)→1小川→1又吉→H7近藤(1-0)
(6)堂上(4-1)
(2)杉山(4-2)
(1)小笠原(3-1)→9藤井(1-1②)

日刊スコア速報

何でこのタイミングで小川と又吉の登板がかさむんだろう?という単純な疑問はあるものの終盤に得点を重ねて快勝。
小笠原は2年後には押しも押されぬエースになってくれれば…
ビシエドは1軍復帰後初安打が本塁打(というか本塁打以外のベースランニング大変そうなんですが…)
荒木は復帰即スタメンでマルチヒット
井領がプロ初スタメンで初安打を含むマルチヒット

次の1軍戦は21日に東京ドームでジャイアンツ戦。

ファームの試合は雨天中止

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.17

160917 C3-5D 57-76-3⑤  5位浮上

勝ち、負け、引き分け。すべてタイガースに並ぶ

9.17(広島)
D❘000 230 000❘5
C❘000 100 020❘3

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
○小熊(5.2回 105球 被安4奪三1与四死3失1責1)中3日
小川(1.1回 12球 被安0奪三1与四死0失0責0)2連投(4試合連投)
岡田(0.1回 12球 被安2奪三1与四死0失2責2)中2日
H又吉(0.2回 11球 被安0奪三2与四死0失0責0)中2日
S田島(1回 13球 被安0奪三0与四死0失0責0)中2日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-2)
(9)近藤(5-0)
(3)森野(3-1)→R7工藤→H谷(1-1)→1田島
(73)福田(5-1①)
(5)高橋(3-1)
(4)エルナンデス(3-0)
(6)堂上(3-1①)
(2)杉山(2-1①)
(1)小熊(2-1②)→1小川→1岡田→1又吉→Hビシエド(1-0)→7松井佑

日刊スコア速報

スタメンに森野、藤井、エルナンデスあたりが名を連ねている時点で何をどう言えばよいのやら。

9.15(神戸サブ)
D❘202 000 020❘6
B❘002 011 002❘6

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
伊藤(5回 89球 被安9奪三3与四死3失3責3)
金子(0.2回 10球 被安1奪三0与四死0失1責1)
福(0.1回 11球 被安2奪三0与四死0失0責0)
福谷(2回 21球 被安2奪三2与四死0失0責0)
浅尾(1回 21球 被安4奪三1与四死0失2責2)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(5-1)
(4)荒木(2-2)
(7)渡辺(1-1)
(9)古本(4-2③)
(3)石岡(2-1①)→H多村(0-0)→R3遠藤
(D)野本(2-0)→HD石川(2-1②)
(6)三ツ俣(4-0)
(8)友永(4-0)
(2)加藤(3-0)

球団公式サイト

9.17(ナゴヤ)
H❘000 000 000❘0
D❘100 100 20X❘1

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
三ツ間(9回 105球 被安4奪三10与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(5-2)
(6)三ツ俣(3-1)
(9)古本(3-2)
(7)ナニータ(2-1①)→7渡辺(2-2①)
(3)石岡(3-0)→H多村(1-0①)→R3遠藤
(D)石川(2-0)→HD野本(1-0)
(8)友永(4-2)
(2)加藤(3-0)
(6)溝脇(4-1①)

球団公式サイト

三ツ間が完封。シーズン中に支配下登録しなかったのは失策だとは思いますが、ともあれこのオフからは1軍連中との競争ですかね。
ナニータがこの降格中2度目の実戦復帰

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.16

160916 C8-0D 56-76-3⑥  76敗目

なす術なく敗れて4年連続のBクラスが確定

9.16(広島)
D❘000 000 000❘0
C❘006 000 20X❘8

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
●バルデス(5回 104球 被安8奪三3与四死2失6責2)中5日
佐藤(2回 38球 被安1奪三2与四死2失2責2)中2日
小川(1回 14球 被安1奪三1与四死0失0責0)中1日(3試合連投)

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-0)
(4)エルナンデス(3-1)
(3)森野(3-0)→H堂上(1-0)
(7)福田(2-0)
(5)高橋(3-1)
(6)阿部(3-0)
(9)藤井(3-1)
(2)杉山(1-0)→H2木下(2-1)
(1)バルデス(1-0)→H松井佑(1-1)→1佐藤→Hビシエド(1-0)→1小川

日刊スコア速報

スタメンに森野、藤井、エルナンデスあたりが名を連ねている時点で何をどう言えばよいのやら。

9.15(神戸サブ)
D❘202 000 020❘6
B❘002 011 002❘6

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
伊藤(5回 89球 被安9奪三3与四死3失3責3)
金子(0.2回 10球 被安1奪三0与四死0失1責1)
福(0.1回 11球 被安2奪三0与四死0失0責0)
福谷(2回 21球 被安2奪三2与四死0失0責0)
浅尾(1回 21球 被安4奪三1与四死0失2責2)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(5-1)
(4)荒木(2-2)
(7)渡辺(1-1)
(9)古本(4-2③)
(3)石岡(2-1①)→H多村(0-0)→R3遠藤
(D)野本(2-0)→HD石川(2-1②)
(6)三ツ俣(4-0)
(8)友永(4-0)
(2)加藤(3-0)

球団公式サイト

9.16(ナゴヤ)
H❘001 001 100❘3
D❘000 100 000❘1

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
●阿知羅(6.1回 88球 被安6奪三3与四死3失3責3)
セプティモ(0.2回 12球 被安1奪三0与四死0失0責0)
金子(1回 22球 被安0奪三2与四死1失0責0)
福谷(1回 12球 被安0奪三2与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(3-1)
(4)荒木(4-0)
(7)渡辺(4-0)
(9)古本(4-1)
(3)石岡(4-0)
(D)野本(4-2①)
(2)赤田(3-1)→H石川(1-0)
(8)友永(3-2)→H多村(1-0)
(6)溝脇(2-1)

球団公式サイト

小笠原監督の迎えての1年目での優勝ならず。
一度落ちかけたところを持ち直したのはよかったですが、最後は1軍同様の貧打に泣いた格好に。

阿知羅、三ツ間といった開幕当初中継ぎだった面々がいろいろ事情はあるにせよ
2軍のローテ投手にまでなったのは収穫でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016.09.14

160914 D5X-4G 56-75-3⑥  4度目のサヨナラ勝ち

連敗は4でストップ

9.14(ナゴヤドーム)
G❘001 000 030 00 ❘4
D❘000 100 012 01X❘5X

【ドラゴンズ本塁打】
阿部(8回1点)

【ドラゴンズ投手】
吉見(7.1回 113球 被安10奪三4与四死2失4責4)中6日
岡田(0.2回 12球 被安1奪三1与四死1失0責0)中5日
祖父江(1回 15球 被安0奪三0与四死1失0責0)2連投
H田島(1回 27球 被安2奪三2与四死1失0責0)中2日
H小川(0.1回 5球 被安0奪三0与四死0失0責0)2連投
○又吉(0.2回 11球 被安0奪三2与四死0失0責0)中2日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(7-2①)
(4)エルナンデス(5-1①)
(3)森野(5-3)→R7工藤(1-1)
(73)福田(5-2)
(5)高橋(5-2)
(9)藤井(3-0)→Hビシエド(0-0)→R9近藤(0-0)
(6)阿部(4-1②)
(9)杉山(5-2)
(1)吉見(2-0)→1岡田→H松井佑(1-0)→1祖父江→1田島→H谷(1-1)→1小川→1又吉→H井領(1-0)

日刊スコア速報

澤村の乱調もあって延長に持ち込むと11回に大島がサヨナラ打。
8回につかまってしまうものの吉見は好投
3番手以降のリリーフ陣も踏ん張りました。

打線は拙攻続きでしたが菅野降板後に反撃。
このところスタメン起用の続く阿部がプロ初打点となる初本塁打に9回同点犠飛といいところを見せました。

9.14(神戸サブ)
D❘000 200 000❘2
B❘050 020 00X❘7

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
●野村(2回 41球 被安6奪三0与四死0失5責5)
金子(1回 12球 被安0奪三2与四死0失0責0)
ハイメ(1回 20球 被安0奪三1与四死2失0責0)
西川(0.2回 18球 被安2奪三0与四死0失2責2)
セプティモ(0.1回 7球 被安1奪三0与四死0失0責0)
鈴木(2回 45球 被安2奪三2与四死2失0責0)
武藤(1回 11球 被安1奪三1与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(5)亀澤(4-0)
(4)荒木(3-0)→6三ツ俣(1-0)
(9)古本(3-0)
(D)野本(3-0)
(3)石岡(4-0)
(2)赤田(3-2)
(7)渡辺(4-2②)
(64)溝脇(4-1)
(8)友永(4-1)

球団公式サイト

わずかに優勝の可能性を残す中での試合でしたが、
先発の野村が2回に集中打を浴びて敗戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧