カテゴリー「14年公式戦」の149件の記事

2016.05.31

160531 出場選手登録(山井登録)

NPB公示

投手(12人) 11小笠原 12田島 19吉見 21岡田 24福谷 29山井 30阿知羅 33祖父江 34福 44バルデス 57小川 61若松 99ジョーダン
捕手(2人) 40桂 45杉山
内野手(6人) 2荒木 23遠藤 37三ツ俣 53亀澤 55福田 63堂上
外野手(7人) 4藤井 6平田 8大島 31野本 50ナニータ 62工藤 66ビシエド

【出場選手登録】
29 山井

【再登録可能時期】
加藤   6月2日以降
又吉   6月4日以降
佐藤、木下 6月7日以降
谷    6月9日以降

山井を登録
金曜にファームで7回92球ですから、火曜登板で中3日
まぁ投げられないこともないか。

っていうかなんだかなぁ・・・

31日のスタメンを見るに荒木が万全ってわけでもなさそうですし

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.06.19

G5-8D (150619) 31-35-1④

勝ちの不思議の勝ちあり(野村克也)

東京ドーム 
D|000 001 022 3|=8
G|100 000 301 0│=5
  

投手リレー
D:○大野(6.0)→祖父江(1)→○又吉(2)→S福谷(1)
G:菅野(7)→マシソン(0.2)→山口(0.1)→澤村(1)→●戸根(0.1)→宮国(0.2)

野手スタメン
D:8大島、4亀澤、9平田、5ルナ、3森野、7和田、6エルナンデス、2松井雅、1大野
G:8長野、6井端、9亀井、6坂本、3阿部、5村田、7アンダーソン、2相川、1菅野

本塁打
D:平田(10回3点)
M:なし

日刊スコア速報

基本的に7回亀井に祖父江をぶつけた時点で首脳陣としてはあきらめているようなもんなので、
選手の力でもぎ取った勝利なのでしょうけど

わからないのは大きなところでふたつ
勝ち越した後(エルナンデスのヒットの時和田は普通に一塁走者だった)にわざわざ代走を出して荒木をレフト。
又吉の9回続投。

後者は福谷に全く信用がなくて又吉に任せたって感じなんでしょうけど
だったら8回田島でも岡田でも使えよっていうね。

前者は本格的にわからない。
9回裏がレフト荒木とレフト和田で圧倒的に荒木がうまい、とかありえるんだろうか(そら荒木の方が足は速いでしょうよ)

<ウ・リーグ:ドラゴンズ0-1バファローズ(150619)>

神戸サブ 
D|000 000 000|=0
B|000 001 00X│=1
  

ドラゴンズ投手リレー
鈴木(7)→山内(1)

野手スタメン
6遠藤、8友永、5高橋周、7ナニータ、3野本、9井領、2武山、4谷、1鈴木

ドラゴンズ本塁打
なし


鈴木の好投も実らず

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014.10.06

4位確定

ベイスターズが敗れたため、
ドラゴンズの今季最終順位が4位となりました。

そのほか山井の最多勝、最高勝率のタイトルも確定。

昨季と同じ順位で勝率が少し向上。
好意的に見れば下落傾向に歯止めがかかったというところでしょうか。

今季の弱点と言われた先発投手という観点から見ると
昨年見どころのほとんどないBクラスの戦力から
中田賢一がFA流出で
補強が川上(実質的には±ゼロ)と高校生ルーキーの鈴木翔のみ
あとは全体の底上げと岡田の先発転向でまかなおうというかなーりムチャな陣容

朝倉、濱田、雄太といったところはまだ健闘した方で
大野は期待値の最低ラインがやっと、
カブレラに至っては見切り時がかなり意味不明でした。

そんななか1年間ローテを守ってタイトルまでとった山井ですが今季FA権を取得しました。
FA公示までまだまだ時間がある(そしてドラゴンズ自体は暇)ためにいろいろな記事はでるでしょうが
いちいち気にしていても仕方がないというところかな。

すくなくとも監督時代の落合GMは山井を非常に高く買っていた印象ですし、
やすやすと流失させるとは思えませんが…

続きを読む "4位確定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.10.02

公式戦終了【公式戦(10.2) DB1-4D】

今シーズンの公式戦が終了。
67勝73敗4分で最終順位は4位か5位となりました。

勝率的には去年よりいい、とか
8月がなければ貯金7とか(8月を除いた勝率は2位相当ww)

で慰めるのはばかばかしいところ(苦笑)

日刊スコア速報

横浜  
D |012 000 001 │=4
DB|010 000 000 |=1
  

投手リレー
D:○山井(6.2)→又吉(1.1)→S福谷(1)
BD:●須田(3)→田中(2)→国吉(2)→長田(1)→三上(0.1)→林(0.2)

野手スタメン
D:8大島、4荒木、3森野、9平田、5高橋周、7藤井、6堂上直、2武山、1山井
DB:9梶谷、6山崎、4グリエル、7筒香、3後藤、8松本、5バルディリス、2黒羽根、1須田

本塁打
D:藤井(2回1点)
DB:後藤(2回1点)

山井が試合を作って
又吉、福谷で逃げ切る。今年の数少ない勝ちパターンでした。

山井は13勝で最多勝と最高勝率のタイトルをほぼ手中に収めました。

荒木はこの日1安打で通算安打は1837本になり2000本安打まであと163本で来シーズンを迎えます
(和田はあと15安打)

ベイスターズ戦は14勝9敗1分。
久保と8回(3連戦全部)、山口と6回(先発転向後の3連戦全部)あたるという
酷い日程でしたが、他球団ほど「先発山口」を苦にしない感じだったのが対戦成績に出ましたかね。


全体やら選手個々のまとめは契約更改やら何やらのニュースに併せておいおいやっていきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.10.01

大野が2年連続2ケタ勝利【公式戦(10.1) D4-2BD】

大野は4月8月があのザマで10勝できるんだから力はあるんでしょうね(苦笑)。

日刊スコア速報

ナゴヤドーム  
DB|000 011 000 |=6
D |010 201 00X │=4
  

投手リレー
BD:●モスコーソ(8)
D:○大野(5.1)→鈴木義(0)→小林(0.1)→武藤(1)→三瀬(0.1)→又吉(1)→S福谷(1)

野手スタメン
DB:8桑原、6山崎、4グリエル、7筒香、3後藤、9梶谷、5バルディリス、2黒羽根、1モスコーソ
D:8大島、4荒木、3森野、9平田、5高橋周、7藤井、2谷繁、6三ツ俣、1大野

本塁打
DB:黒羽根(6回1点)
D:高橋周(6回1点)

鈴木は黒羽根に被弾(笑)。
小林はモスコー(苦笑)から三振
三瀬は筒香を三振でした。

お疲れ様でした。
3人とも球団に残るようなのでこれからもがんばっていただきましょう。

まぁ試合はどうでもいいです。

明日は今季最終戦。横浜でのベイスターズ戦。
予告先発は投手二冠を目指す山井と須田。


また本日10選手に戦力外通告がなされました【球団公式

辻、井上、矢地
小田、田中、
中田、森越、
堂上剛、井藤
育成の宋の10選手。

引退の3選手、そしてゴメスと合わせてこの時点で14選手の退団が決まっています。

5年目未満の若い選手も多いですが
大きなところでは堂上剛裕と小田でしょうか
小田は引退を勧められたけど現役続行という感じですかね。
ムードメイカーとしても活躍してくれました。

堂上は11年12年あたりは代打の切り札的な存在でしたけどね…
期待と過大評価と守備難と細かい故障の間で苦しんだ印象ですね。

野手はパッと見た感じ「高橋周はますます逃げ場がなくなった」って感じですかね。

森越は三ツ俣と谷との比較。
中田は小笠原との比較ですからねぇ…

田中は故障が…
辻と井上はスケール感みたいなものを感じなかったなぁ
矢地はもう少しやれると思ったんですけどね。

井藤と宋はこれというほどはみていないので割愛

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.27

伊藤が好投【公式戦(9.27) C4-6D】

福谷はひとつ勝ったら次の勝利はすぐきました。

日刊スコア速報

ナゴヤドーム  
D|000 100 102 2|=6
C|000 030 001 0│=4
  

投手リレー
D:伊藤(7)→武藤(1)→○福谷(1)→S又吉(1)
C:前田(8)→ミコライオ(0)→●中崎(2)

野手スタメン
D:8大島、4荒木、3森野、9平田、5高橋周、7藤井、6堂上直、2松井雅、1伊藤
C:6木村、4菊池、8丸、3エルドレッド、9松山、7ロサリオ、5梵、2石原、1前田

本塁打
D:平田(4回1点)
C:ロサリオ(5回2点)

終盤しっかり粘って競り勝ちました。

牽制死の2個とか無死満塁で攻めきれなかったりとか
満点の攻撃ってわけでもないんですけどね。
まぁそこん所をカバーするっていうのが今季ほとんどできなかったわけで
たまにはこういう勝利でもいいんじゃないでしょうか

伊藤は今季一番いいくらいだったかな、と思いますが前田に打たれたのが余計かな。

カープとは今季10勝14敗でした。
菊池にいくつやられたかなぁ…という印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.25

胴上げ回避【公式戦(9.25) D5-4G】

山井が12勝目で最高勝率のタイトルの条件である13勝まであと1。

日刊スコア速報

ナゴヤドーム  
G|200 000 020|=4
D|013 000 10X│=5
  

投手リレー
G:●セドン(2.2)→久保(3.1)→高木京(1)→西村(1)
D:○山井(7)→又吉(1)→S福谷

野手スタメン
G:8長野、4片岡、6坂本、7アンダーソン、5村田、9亀井、3ロペス、2加藤、1セドン
D:8大島、4荒木、7藤井、3ルナ、9平田、5高橋周、6堂上直、2武山、1山井

本塁打
G:なし
D:平田(3回3点)

あいも変わらずの拙攻の連続かと思った
3回裏の無死一三塁からの攻撃でしたが、藤井とルナの凡退を平田が救ってくれました。

山井は12勝目、あと1試合投げて13勝にすれば最高勝率のタイトルに大きく前進ですかね。
菅野が1勝上乗せ(0敗)でタイ、2勝上乗せで菅野単独タイトル、1勝1敗なら山井が単独タイトル。

これで今季のジャイアンツ戦は終了。
8勝16敗の1勝2敗ペースでした。
確かに接戦は多かったですが「勝てるかなぁ」という試合は少なかった気はします。
守備力に雲泥の差があった印象。

次は土曜日のカープ戦です。
10月の2試合は大野と山井(と引退する3人)に預けることになるだろうから
いろいろ試すなら次が最後かな

そして鈴木義広、三瀬幸司、小林正人の3投手の今季限りの引退が発表されました。
鈴木と小林は普通にファームで投げているのでトライアウトを受けるかなーとも思っていたので少々意外ですがお疲れ様でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014.09.24

Bクラスらしい負け方【公式戦(9.24) D1-4G】

ジャイアンツにしてみれば「我慢していればそのうち相手が自滅する」ってところでしょうかね。

日刊スコア速報

ナゴヤドーム  
G|000 200 020|=4
D|001 000 000│=1
  

投手リレー
G:○菅野(6)→山口(1)→西村(1)→Sマシソン(1)
D:●大野(8)→田島(1)

野手スタメン
G:9長野、4片岡、6坂本、3アンダーソン、5村田、7亀井、8大田、2小林、1菅野
D:7工藤、4荒木、8大島、3森野、9平田、5高橋周、2谷繁、6三ツ俣、1大野

本塁打
G:なし
D:なし

いろいろとひどい試合。
それぞれの失点がひどい(苦笑)

1点目→荒木捕れよ、谷繁もっとちゃんと投げろ
2点目→投手にスクイズあっさり決められんな
3点目→大野ももう一皮むけねぇなぁ
4点目→工藤も・・・(あのあたりで一瞬ダイレクトキャッチできるかもって思ったんだろうなぁw)

それに輪をかけて7回の攻撃がひどい。

明日の予告先発は山井とセドン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.23

28年ぶりの2年連続Bクラス【公式戦(9.23) D1-15G】

山本昌は最年長黒星。

日刊スコア速報

ナゴヤドーム
          (*=10)
G|000 030 *20|=15
D|001 000 000│=1
  

投手リレー
G:○杉内(6)→青木(1)→江柄子(1)→高木京(1)
D:●山本昌(5)→祖父江(1.0)→若松(0.2)→岡田(0.1)→鈴木翔(2)

野手スタメン
G:9長野、4片岡、6坂本、2阿部、5村田、3アンダーソン、7亀井、8大田、1杉内
D:8大島、4荒木、7藤井、3森野、9平田、5高橋周、6三ツ俣、2小田、1山本昌

本塁打
G:大田(7回2点)、村田(8回1点)、アンダーソン(8回1点)
D:なし

山本昌の5回は振り逃げがそのまんま余分でしたね。
大田、長野に打たれたとしても1点で済んだかなーというところです。

先発が5回で降りて打線が勝ちパターンに持ち込めないと
中継ぎ投手が厳しくなる典型のような試合。
なんで7回頭も祖父江が投げてんの?って感じですけどね。

打線もノーチャンスではなかったのですが5回裏に迫れなかったのが
いつも通りの光景でいつも通りの負けパターン。

明日の予告先発は大野と菅野。

また球団からエルナンデスと来季も契約することが発表されました【球団公式

<ウエスタン:ドラゴンズ1-7タイガース>

球団公式ファーム試合結果

ドラゴンズ投手リレー
西川(6.1)→小林(0.2)→川崎(1)→阿知羅(1)

ドラゴンズ野手スタメン
6溝脇、4吉川、7野本、9堂上剛、8松井佑、3中田、2桂、5森越、1西川

まぁ・・・なんというか・・・うん

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.09.21

凌ぎ合い【公式戦(9.21) T3-4D】

イニングまたぎは必須。

日刊スコア速報

甲子園
D|000 003 000 01|=4
T|000 021 000 00│=3

投手リレー
D:伊藤(5)→祖父江(1.1)→又吉(1.2)→○福谷(2)→S岡田(1)
T:岩崎(5.2)→安藤(0.1)→松田(1)→福原(1)→オ・スンファン(2)→●蔵内(0.1)→高宮(0.2)

野手スタメン
D:8大島、6三ツ俣、7藤井、3ルナ、9平田、5高橋周、4谷、2松井雅、1伊藤
T:4上本、8大和、6鳥谷、3ゴメス、7マートン、9福留、5新井貴、2鶴岡、1岩崎

本塁打
D:三ツ俣(6回1点)
T:なし

凌ぎに凌いで敵の残弾がなくなるのを待ったような勝利。
2イニング投げた福谷はプロ初勝利

打線は荒木や森野をひっこめましたが、まぁいつも通り。

これでタイガース戦は11勝12敗1分

冗談みたいな守備の試合が何度もあったり、
山井をタイトルのために引っ張ったりした割には競り合ったかなぁという感じ

火曜日からは優勝決定の可能性もあるジャイアンツ戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧