カテゴリー「11年ポストシーズンゲーム」の11件の記事

2011.11.20

NS Game7:H3-0D(11.20)終戦

日本シリーズ第7戦はホークスの投手リレーの前に完封負け。

「完全制覇」というハードルは
落合監督4回目の挑戦でも越えることはできませんでした。

スコア速報

今季とか8年間のまとめはまた機会を作ってやってみたいですね。
とりあえず今日の試合。

いろいろと投手陣が踏ん張りきれませんでした。
あの打線をみると仕方がない面もあるのですが
2点差で最後、7回内川を敬遠しなかったり、
8回に岩瀬を使ったり(同点に追いついたら9回はどうするつもりだったんだ?)、

7回表終了時ですべてが終わったかのようなことやったのが少々気に食わないですね。

打線は指名打者制だと戦力差が大きくなるのは覚悟していましたが
この日のスタメンに今の藤井が名を連ねる程度の選手層だったっていうのが、
明確な課題ですね。
故障した小池もガチガチのレギュラーじゃないけど藤井と比べると雲泥の差があるという感じでした。

7戦を通じて言えば、ドラゴンズの試合をみていれば不思議な話ではないのですが
3戦森野、4戦荒木、7戦大島と序盤の要所で守備のミスが出たのが致命的な差になりましたね。
相手の打力をある程度抑え込める投手陣をもってしてもなかなか厳しいところです。


さて、これでドラゴンズに黄金時代をもたらした落合監督は
8年間の任期を終えてドラゴンズを去ります。

8年のうち7年このブログで追いかけたのですが、
落合監督の発言や選手起用をいろいろ考えるだけでも楽しい作業でした。

本当にお疲れさまでした。

一応、今後もこのブログは続ける予定ですが、
正直、リアルの事情で凹みまくっていたこともあってモチベーションはダダ下がりです(苦笑)
また、更新したら
コメントとかトラックバックとかツイッターの返信とかあると
浮かれて頑張るんでよければよろしくお願いします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2011.11.19

NS Game6:H1-2D(11.19)逆王手

吉見の快投で対戦成績をタイに。

ドラゴンズは球団史上初の日本シリーズ逆王手になりました。

スコア速報

1回にシリーズで唯一3割を打っている荒木のヒットを足がかりに
和田の三塁打で2点先制。
初回に点をとるのも1イニングに2点とるのもこのシリーズ初めてでした。

この「大量援護」を受けて吉見が好投。
4回に本多の三塁打を足掛かりに1点返されますが
これは内川にうまく打たれましたね。
逆に切り替えがやりやすかったかも?

このあとの無死一塁での対中軸をあっさり切って捨てたのはさすがです。

継投が難しくなった8回は先頭を出しますが
長谷川のバント失敗が大きかったですね。
これで継投が楽になりました。

川崎のところから岩瀬を投入。
これは個人的にはあまり意外ではなかったのですが、どうなんでしょうか?

最後は内川のところに浅尾を突っ込んで逃げ切り。
2ボール目までちょっと浮いていましたが抑えりゃこの際なんでもいいです。

打線は40打席ノーヒットの谷繁をはじめ、
おおよそ活発とは言い難い現状ですがどんな形だろうと勝てばいいです。

個人的には最後だけバカスカ打ってもらっても・・・って感じなんで1-0で勝つつもりで(苦笑)。

明日の先発は山井かネルソンのどちらでしょうかねぇ。
山井の方が「最大値が大きい」と感じるのですが・・・。

川崎から始まった落合ドラゴンズの先発投手。最後にサプライズはあるのか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2011.11.17

NS Game5:D0-5H(11.17)落合監督ナゴヤドームラストゲームを飾れず。

落合監督のナゴヤドームラストゲーム(可能性としては第9戦もありうるのですが現実的ではないということで)は完封負け。
ナゴヤドームで3連敗で対戦成績をひっくり返されました。

土曜から福岡に場所を移しての戦いです。

スコア速報

先発は中4日のチェン。
3戦連続で先制されたあとはなんとか粘っていましたが、
7回に2点目を失うと8回に力尽きました。

1点ビハインドの6回裏の打席で代打を送れないところが
代打の層とか、中継ぎ投手の層とか、首脳陣の考え方とか
いろいろと歯がゆいところですね。

打線は6番に小池を持ってきましたが
その小池がフェンスに激突して途中交代するアクシデント。
途中から出た藤井がこれまたひどい感じですねぇ・・・。
2点目のシーン。センターに入っていたのは藤井なのですが
細川のバスター、そして松田の走塁、両方とも準備していたかなぁ??
相手が一枚上手だったといえばそれまでですが、うーん、という感じです。

荒木こそ3安打しましたが、ファルケンボーグをベンチにすら入れてないホークス投手陣にスイスイ完封されました。
シーズンでも7試合に1試合は完封されていたわけで、
それほど不思議な話じゃあないのですが

日本シリーズになれば…というのは今のところありませんねぇ。

さてこれで残り2戦で相手の先発は中6日の和田と杉内。
こちらは吉見とネルソンなんでしょうけど
2勝も3勝もどちらも等しく無価値と考えれば、
6戦目に山井を持ってくるのも方法なのかな?と思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2011.11.16

NS Game4:D1-2H(11.16)無死満塁の大ピンチ

初回から荒木の送球エラーが出るとか、
無死満塁から三人凡退で得点できないとか、

まあ「いつもどおり」ではあります。

(スコア速報)

先発は川井、立ち上がりは緊張からか反対方向に3安打されて先制されます。
1点で納めればまだよかったのですが、痛い送球エラーが出ましたね。

2番手は山井が2イニングピシャリ。
こうなると先発投手のローテは基本がチェン→吉見→ネルソンだと思いますけど
山井をネルソンの替わりにどこかに使うこともできるかなぁ、というところです。

山井はシリーズのカギを握る存在になる運命のようです。

三瀬→浅尾とつなぐところはできれば三瀬に1イニング食ってほしかったですけれども仕方がないでしょう。

打線は5回荒木のタイムリーで1点返したあとの
一死一二塁で三振ゲッツー。
6回は中軸で作った無死満塁を得点することができませんでした。

あそこ6番スタメンが左の野本じゃなくて小池だったら森福きたのかなぁ?とも思えるところなので
いろいろと向こうに流れがあったんでしょうね。
最後は打順を下げた谷繁のところに回ってきますし。

あすはホークスが山田、ウチは中4日でチェンでしょうか?
ソトの可能性もありますが・・・まあないかな。
向こうはきょう森福とファルケンボーグを2イニング使っているのがどう出るのか?ってところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011.11.15

NS Game3:D2-4H(11.15)2点とったんだから1点以内に抑えない投手陣が悪いという風潮

ナゴヤドームに帰ってきてのシリーズ第3戦。
ネルソンが森野のエラーをきっかけに先制を許すと
防戦一方の中からなんとか踏ん張って試合の形にはしますが追いつけずに敗戦。
対戦成績は2勝1敗。

スコア速報

先発は体調不良でCSを回避したネルソン
6回途中で9安打3失点ですから粘ったといえば粘ったのですが
なんというかシーズン14敗している投手の内容でしたね。
たぶんこれでチェン5戦目、吉見6戦目というローテはなくなったのではないか?と思います。

となると山井にかかる期待がさらに大きくなるわけです…。

救援陣は浅尾を岩瀬を休ませることはできて
小林、鈴木、河原が登板。細川に打たれたのは不用意以外の何物でもないです。
ああいう感じの打球がドラゴンズにはないんですよねぇ・・・。

高橋が左肩痛でシリーズは無理そうなので小林がどうなのか?ってところ。
井端のファインプレーがなければやばい感じでしたね。
CSも登板がなかったし調整が難しかったと思います。
これをきっかけに建て直してくれれば・・・。

打線は・・・森野ですかね(苦笑)
初回の三振ゲッツーと6回の二死三塁の凡退が結果的に響きました。

7回は摂津対大島と森福対小池(堂上剛)、摂津対小池を天秤にかけた感じかな。
大島も悪い当たりじゃあなかったんですが・・・。

谷繁がヒットがないところで打順どうしていきますか。
川井が投げるときに小田を先発で使ったら、ちょっとビックリするかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011.11.13

NS Game2:H1-2D(11.13)連勝

連日の延長戦を連日の2-1でしのいで連勝。

一番いい形でナゴヤドームに戻ってくることが出来ます。

スコア速報

先発は吉見。
ヒットを打たれながらも後続を抑える持ち前の投球。
リードをもらった直後に一死満塁でマウンドを降りましたが
あのイニングは多村のバントが下手だったことがかえってこちらの仇になった格好ですね。

長谷川が二犠打で多村が凡退したことでいろいろ言われているようですが
これで多村を外してくれたらそれはそれで助かるような気がします。

落合監督が内川のバットにクレームをつけた場面がありましたが、
内川を揺さぶるというところなんでしょうが、あそこをしのいだ吉見もさすがという感じです。
集中を切らさずやってくれました。

2番手の浅尾は川崎に同点打を打たれましたが
あそこで同点どまりだったのは大きいですね。
あの場面、左が続くところで小林正も選択肢だったんでしょうけど
残りイニングと川崎と本多が四球を選べる感じの打者ということからも
浅尾を使うのは「あり」だと思います。
8回の投球をみる限り、調子そのものは悪くないようですし、
ナゴヤドームでも連投上等でしょうけどもうひと踏ん張りです。

9回三者凡退の平井が勝利投手。
この日もベンチ入り投手は10人とホークスより2人多く入れていましたが、
普通に延長15回までいくくらいのつもりでしょうかね(苦笑)

10回の岩瀬は完ぺきでした。

打線は谷繁の打順を下げてきました。
7回先制打の平田は2回の好機の不細工な三振の借りを返した格好でした。

8回二死一二塁のファルケンボーグ対ブランコはノーチャンス(苦笑)

10回は二死から荒木が出ると「走るぞ詐欺」で井端が四球を選ぶと
森野が勝ち越し打。
ここが機能するとまあ楽になりますね。
落合監督の勝利監督インタビューでチクリといわれていましたが(苦笑)おいしいところを持っていきました。

途中で大島をひっこめて藤井を使ったり、
微妙なところで競争は続いています。
ナゴヤドームではセンター平田でライトに堂上を使うこともあるかもしれません。

最良の形で福岡での2戦を終えましたが、
まだ向こうは18勝投手を残して、
こちらは投げてみないとわからない先発ばかりという感じなので
圧倒的有利というところまではいってないでしょう。

ドラゴンズらしい試合といわれればそうかもしれませんが、
ドラゴンズペース、といわれるとそれはちょっと違うだろうと思いますしね。

勝てば形は拘りませんがもう少し楽な展開でもいいかな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011.11.06

CS2nd Game5:D2-1S(11.6)セ界の終わり

スワローズに競り勝って2年連続日本シリーズ進出決定。

落合ドラゴンズは新しいエースと新しいクローザーを得て
8年間のセントラルリーグの戦いを終えました。

スコア速報

先発は吉見でした。
吉見の間隔のためにソトや久本といった未知数の先発をひとつ挟むよりも
吉見とチェンを2間に中3日で使う方が部がいいと判断したのでしょう。

吉見は期待にこたえるほぼ完ぺきな投球。
「エース様」じゃない「エース」をついに得たのかな?と思います。

9回は岩瀬を使ってここで終わればよかったのですが、
1点差に詰められたところで浅尾にスイッチ。
浅尾の方が心配なくらいでしたが畠山を退けました。

岩瀬自身の調子は今シーズンでも今が一番いいくらいの感じだと思いますが
リーグ優勝決定のときと同じく来年以降少し起用が楽になるかな。

打線は3安打でしたが
6回中2日の館山が荒木に四球を出したあたりで限界でしたね。
荒木の盗塁を匂わせつつバントをせずにつなぎに行った井端がシュートをホームラン。

ここまで四球でランナーをためるものの、
逆に塁が一つしか進まないことで先手先手の継投を許してきましたが、
思いがけず2点をとったことで相手の継投も封じちゃった感じになりました。

TBSのテレビ中継に関しては「案の定」です。
せめてポストシーズンは
民放地上波をやるときは同時中継のCS放送を義務付けて欲しいなぁ・・・。

落合監督5回目の日本シリーズはホークスが相手です。
単純に強敵です。ただこれまでで一番低い下馬評でシリーズに臨むんじゃないですかね?
それがいい方に出てくれれば…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2011.11.05

CS2nd Game4:D5-1S(11.5)王手

初回に4点とって試合の主導権を握ると
継投で逃げ切って日本シリーズ進出へ王手。

(スコア速報)

先発は川井、初回を簡単にかたずけてくれたのが大きいですね。
丁寧に投げて5回1失点で試合を作りました。

継投は高橋が2戦目と違い低めにボールがいっていました。
鈴木は谷繁がうまく勝つを入れてまずまず。
浅尾は立ち上がりパッとしませんでしたが、畠山の不調っぷりにも助けられましたかね。
岩瀬は問題なし。
浅尾を岩瀬は最大4連投ですがもうひと踏ん張りです。

明日は川井と三瀬あたり入れ替えておくかな?

打線は5番と6番を入れ替えました。
初回は荒木のヒットからブランコの先制タイムリー。
そして二死満塁から平田が走者一掃のタイムリーツーベース。
この3点が大きかったですね。
変に試合が重くならなくて済みました。

追加点はブランコのホームランのみですからもう少し点が取れればよかったのですが
そこまでいっても仕方がないか…

平田はヒーローインタビューで未知数がどうとか
よくわからないことを言っていましたが(苦笑)
なんとかヒットが出てこの日は2安打2四球。
打順変更で機能したとは言い難いですが、
明日平田をもう一つ上げるのも方法かも。


明日の先発はスワローズがきょうベンチ入りしていなかった館山。
ドラゴンズは・・・きょう登録されたソトか久本、中3日で吉見の可能性もあるというところ
きょう負けなかったので吉見を6戦に持っていく(チェンを6戦に投げさせない)下準備みたいなのはできたと思いますが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011.11.04

CS2nd Game3:D1-2S(11.3)ZGS

8四球をもらっても2度の満塁機で荒木が凡退するなど12残塁で競り負け。
このステージの対戦成績がアドバンテージ込みでタイとなりました。

スコア速報

テレビ(スカチャン)を観た感想:「現役選手の山崎はなんであんなに別リーグのセントラルのことに詳しいような口ぶりなんだろう」

うーん、打てませんねぇ。
谷繁が打てないもんだから
7回無死一塁でシーズン終盤の形だった森野にバントさせられないんですよね。
(ま、森野が打ってりゃばんじ解決なんですが)

明日、川井が先発でしょうけど思い切って小田にマスクをかぶらせる
(和田を5番にあげる)ようなこと出来ますかね?
まけたら「余裕かまし過ぎ」とかひどく叩かれるんでしょうけど・・・

誰が投げても抑えたような気はしますが
結果として向こうの継投が成功しているというのが少々厄介ですよね。
(バーネットに継いで追いつかれたんだから必ずしも成功じゃないのに)

で、投げる方の山井。
頭にくる点のとられ方しますなぁ・・・
4回裏で代打出しときゃよかったは結果論過ぎると思いますが、
5回先頭の山田に四球とか、ほんともうね(呆

上田のところでスイッチは方法だったかもしれませんが…

ここまでひどい打撃の状況で五分と割り切れりゃあいいんですが
ネルソンが体調不良で抹消とかシーズンの貢献を
いっぺんでチャラにするような失態をしてくれました。

まあネルソンに1試合目を任せないでよかった、とでも思うようにしましょう。

前の記事で書きましたが、吉見とチェンの中3日で投げさせることはあるのか?
おそらく当初予定では「ない」話だと思いますが、ネルソン離脱で状況が変わりましたからね。
ここで山内や久本で勝てるようだとそれはそれですごいのですが…

明日の川井は個人的に「小笠原2世」から一皮むけるチャンスなのかなとは思ってます。
モノにするかどうかはそれこそ本人次第でしょうけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011.11.03

CS2nd Game2:D1-3S(11.3)きょうもまたいつもどおり

うん、負けるときはこんなもの。
2安打でどうやって勝て?という話ですが
ゼロに抑えていれば勝てた試合ということなんでしょう(苦笑)

スコア速報

チェンは8回2死まで無失点でしたが代打飯原に決勝被弾。
チェンジアップでタイミングを外しにかかりましたがはずしきれずにうまく拾われた格好。うーん今一歩ですなぁ

9回はリハビリ明けの聡文はちょっと荷が重いかなぁ。
ちょっとボールが甘いのは前からだとしてもそれを補う球威がない感じ。
もともと計算外の戦力なので出てくればもうけものという感じなのですが

河原は二死二三塁から畠山に2点タイムリー。
河原が打たれて土曜開催が決定とか坂井がガッツポーズするような内容ですな。

打線は…まあ話にならないですね。
8回の攻撃で代打小池をバント用に使って二死二塁にしたのは・・・
まあ今季終盤の戦い方なんですけど、恐ろしく重苦しいですね。

対するスワローズ
1番にプロ初出場の新人・山田、4番青木で畠山を外して3番宮本とか8番田中とかこれでもかと動かしてきました。その打順が機能したわけではないのですがなんだかんだで勝ち試合にさせたのは面倒ですね。バレンティンがダメで畠山が打って明日以降の打順がまたわけがわからなくなりそうですが・・・。

先発は中3日で石川。
そして館山をリリーフ起用、3点差でもイムは使いませんでした。
増渕は登録抹消したので
このあとは村中(赤川)、赤川(村中)、館山(か七條以下5番手以降の先発)、石川(中3日)でしょうけど・・・

まあ、なんにしても打てないことにははじまりません。
手の打ちようもないほどの貧打ですがどうなりますか。

先発は山井か川井かネルソンか。
ネルソンがきょうナゴヤドームのグラウンドに姿を見せていないという情報もあるので気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧